アルゴクラブ | 算数オリンピック数理教室

子どものうちに伸ばしたい、将来につながる「算数脳」

算数オリンピック数理教室「アルゴクラブ」は、京都大学名誉教授:広中平祐氏が提唱・参画している算数オリンピック委員会、「算数脳」の第一人者である高濱正伸氏、東京大学数学科学生、そして数学者でありジャグラーとしても有名なピーター・フランクル氏がアルゴクラブ最高教室長として開発した、小学校低学年向けの数理教育システムです。
近年の中学入試では、暗記だけでは対応できない、思考力を問う問題が数多く出題されています。これらの問題を解くには、「柔軟な発想」「何度も挑戦する力」「論理的な思考力」「数学的思考法」が必要になります。
アルゴクラブでは、平面・立体パズルや数理ゲームに全身を使って取り組んだり、複雑な図形問題や文章題を解いたりすることによって、これらの力を楽しみながら身に付けます。

ピーター・フランクル

アルゴクラブ最高教室長ピーター・フランクルのご紹介。

アルゴクラブの授業

自ら考えて解決することの感動をくり返し、「発想→構想」を習慣化します。


詳細はこちら
詳細はこちら

主要教材

工夫に満ちた教材で数理的な思考法を習慣化します。

実施要項

アルゴクラブ入会手続きや実施校舎などのご案内。


詳細はこちら
詳細はこちら

授業風景

アルゴクラブの授業風景を動画でご紹介します。


動画はこちら

基本コースのご案内

小1・小2の学習ベースとなるのは、早稲田アカデミースーパーキッズコースです。アルゴクラブは、スーパーキッズコースの効果を「増幅」させるものです。『通常授業(スーパーキッズコース)+アルゴクラブ』で、中学入試へ向けて、しっかりとした土台をつくっていきます。

小学1年生対象コース スーパーキッズコース
小学2年生対象コース スーパーキッズコース

  • 無料資料請求 校舎案内