中学3年生対象コース

中高一貫校にお通いの中学生対象コースはこちら

コース概要

1の努力で10の成果を出す 効率の良い受験勉強を展開します。

1学期は中学3年生の新出単元を中心に学び、夏期講習会では中学1・2年生までの総復習を行います。9月以降は、入試を意識した、より実戦的な学習へと移行します。ただやみくもに問題を解くのではなく、「1の努力で10の成果を出す」効率の良い受験勉強を展開します。学習の定着度は「必修テスト」で確認。成績による志望校判定も行います。また、重要ポイントが確認できる定期テスト対策授業や「Keyワーク」「Keyテスト」などを通じて学校のテストへの備えも万全です。

実施要項

対象
中学3年生
実施曜日

【英語・数学・国語】
(特訓コース)火曜・木曜・金曜・土曜
(レギュラーコース)火曜・木曜・土曜

【理科・社会】
水曜

【作文】
木曜(月3回実施)

※校舎により曜日が異なる場合がございます。
※作文は2017年9月からの開講となります。

授業時間

標準校舎 ※校舎により異なる場合がございます。

特訓コース レギュラーコース
英語・数学・国語 19:15〜21:25 19:15〜21:05
理科・社会 19:15〜20:15 / 20:15〜21:15
作文 17:10〜18:40

ExiV校舎

SKコース Sコース
英語・数学・国語 19:15〜21:35 19:15〜21:15
理科・社会 19:15〜20:30 / 20:30〜21:45
作文 17:10〜18:40
受講料

標準校舎 ※表記されている料金はすべて税込みです。

特訓コース レギュラーコース
5科 43,200円/月 34,100円/月
3科 34,200円/月 25,100円/月
作文 10,800円/月

ExiV校舎 ※表記されている料金はすべて税込みです。

SKコース Sコース
5科 45,000円/月 35,400円/月
3科 35,000円/月 25,400円/月
作文 10,800円/月
教科
英語・数学・国語・理科・社会・作文
実施校舎
早稲田アカデミー各校舎
※武蔵浦和校を除きます。
  • 国立シミュレーションテスト
  • 難関チャレンジ公開模試

オプションコース

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

授業内容

英語

入試で求められる力

上位校における入試では、知識・文法の力を直接的に問う内容から読解力を問う内容へとシフトしており、短時間で相当量の英文を読み解く力が要求されています。加えて、国立附属高校や都県立上位高校を中心に「記述力・表現力」も求められています。そのため、いわゆる「速読速解力」「情報処理能力」といったものが必要となるわけですが、これに関しては理屈で太刀打ちできるものではありません。自分に適した学習法の確立と基礎学力に立脚し、多くの演習量を経てようやくたどり着く強靭な英語力が必要となるのです。

指導方針

本格的な長文読解の学習を始める前に、その土台となる語彙と文法の基礎学力を固めることが夏休み前までの重要な課題です。部活動や学校行事で多忙を極める中での学習となる傾向にありますので、個々の状況に応じて家庭学習の指示と管理をしてまいります。そして、夏以降は弱点克服と入試に向けた得点力アップを目指す指導が中心となります。また、中学校の内申点アップのための指導も併せて行ってまいります。

カリキュラム

  • 3月未来の文
    助動詞
    現在完了
    3・4月

    春期講習会

    不定詞・動名詞
    比較
    受動態
    現在完了
    4月不定詞
    動名詞
    5月

    動名詞
    分詞
    既習内容の復習

    ここがポイント!

    夏休みまでは部活動や学校行事で思うように学習が進まないものです。この時期は定期テストに向けた学習にも注力できるよう、カリキュラムに配慮してあります。

    6月

    関係代名詞

    7月動名詞
    付加疑問文
    間接疑問文
    一学期のまとめ
    7・8月

    夏期講習会

    完了形
    使役、知覚動詞
    話法
    it 構文

    ここがポイント!

    夏期講習会の前半には中学英文法のひと通りの学習を終えることになりますが、弱点になっている単元は多かれ少なかれあるものです。総合問題だけではなく単元別問題も数多く扱い、丁寧に弱点を克服していきます。

  • 9月文法演習(単元別)
    長文読解演習
    10月文法演習(単元別)
    長文読解演習
    11月

    文法・読解総合演習

    ここがポイント!

    入試演習を含めた総合問題をより多く扱っていく時期に入ります。志望校も固まりつつある時期ですので、各自の志望校の過去問研究も始めていきます。これまでに蓄えてきた英語の知識を得点へと変換していく仕上げの段階です。英文を読み、英文で発信できる力の養成は、高校・大学その先の未来につながります。

    12月文法・読解総合演習
    12・1月

    冬期講習会

    文法・読解総合演習
    入試総合演習
    1月入試総合演習
    2月入試総合演習

    ※クラスの状況によって、変更になる場合があります。

数学

入試で求められる力

「因数分解」「平方根」「2次方程式」は新しい計算の世界です。これらの計算は入試問題の計算小問集合に必ずと言っていいほど出題されます。また、中学1・2年生で学習した内容を発展させる形で「2次関数」「円と相似」「三平方の定理」を学びます。これらはどれも入試頻出の単元です。中学3年生では各単元を融合し、総合的に学習し、入試問題に対応する学習を進めていきます。
中学で学習する内容を終了したらいよいよ実戦力の養成です。最後の仕上げとして、入試問題を徹底的に演習し入試対策を万全に行います。

指導方針

受験勉強を効率よく進めるためには、学習時間に無理や無駄があってはいけません。数学はノートが命。家庭学習を円滑に進めるためには、ポイントや解法がわかりやすくまとめられたノートが必要です。授業ではポイントや解説の要点を絞って指導していきます。授業内容をまとめたノートが受験生の大きな力となります。11月からは志望校の過去問題を解き始めます。効率よく入試問題の演習ができるように、取り組む時期や学校の順序など的確に指導します。

カリキュラム

  • 3月式の計算
    3・4月

    春期講習会

    式の計算
    中学2年生の復習
    4月平方根
    5月平方根
    6月

    2次方程式

    ここがポイント!

    2次方程式の解き方をいくつ知っていますか?式の形により一番解きやすい方法がすぐに思いつかないと、時間ばかりかかってしまいます。入試では計算力がないと思考時間が削られ、見直す時間も減ってしまいます。

    ☆2次方程式の解き方☆

    •平方根の考え方を利用

    •因数分解の利用

    •解の公式の利用

    7月2次関数
    7・8月

    夏期講習会

    2次関数
    円と相似
    三平方の定理
    中学1・2年生の復習

    ここがポイント!

    2020年大学入試改革。公表されているサンプル問題は「スーパームーン」に関するものです。考え方は、ここで学習する相似・三平方の定理を基礎とするものです。この単元を学習することで数学の世界が一気に広がります。

  • 9月

    三平方の定理

    ここがポイント!

    三平方の定理を利用すれば直角三角形の辺の長さを求めることができます。これを工夫することで、これまで求めることのできなかった三角形の面積を求めることができます。

    10月三平方の定理
    11月三平方の定理
    12月テーマ別・志望校別演習
    入試問題演習
    12・1月

    冬期講習会

    テーマ別・志望校別演習
    入試問題演習
    1月テーマ別・志望校別演習
    入試問題演習
    2月テーマ別・志望校別演習
    入試問題演習

    ※クラスの状況によって、変更になる場合があります。

国語

入試で求められる力

入試で求められる力はまさしく「解答力」です。実際に文章が読めたとしても、結果として解けなければ得点を積み上げることはできません。目の前の問題は何を求めているのか、どう処理をするのが良いのかという観点は「読書」をしているだけでは身に付けることはできません。実際に問題の処理の仕方を教わって初めて身に付くものです。文学的文章・説明的文章・韻文の読み方に加えて、得点に直結する「解答力」が入試で求められている力に他なりません。また、時間配分や問題を処理する順番、どこで得点を取りきるのかという「実戦力」も求められます。

指導方針

中学2年生で学習した設問形式別読解方法を繰り返し指導し、「文章内容理解」と「設問形式別解法」の両方から問題を処理する訓練をしていきます。適宜入試問題を取り入れながら、より実際の入試に即した実戦力を育成します。古文・漢字・知識・文法は既習内容の復習を繰り返し行い、高いレベルでの定着を図ります。読解における解答力、さらに、漢字・知識・文法など点数を取るべき部分で取りきる実戦力をこの1年で完成させます。

カリキュラム

レギュラー最上位クラス

  • 3月説明文・解説文
    随筆文の読解
    3・4月

    春期講習会

    春期講習会までの復習
    4月論説文・評論文
    小説文の読解
    5月詩の鑑賞
    短歌・俳句の鑑賞
    6月古典の読解
    文学史の知識
    7月

    マークシート式問題
    新傾向問題

    ここがポイント!

    マークシートの問題や、手紙文などの新傾向の問題はこの月に学習をします。問題の癖に振り回されず、客観的に問題を解くように指導します。手紙文は形式をきちんと理解することが大切です。いずれも、問題を解いたことがあるという経験が重要です。問題文の根拠を正確におさえて、的確に解答していくという手順は、大学入試のマークシート問題でも要求される能力です。先を見て経験値を上げていきましょう。

    7・8月

    夏期講習会

    説明文・解説文の読解
    論説文・評論文の読解
    短歌・俳句の鑑賞
    総合問題
    小説文の読解
    随筆文の読解
    記述式問題
    入試演習
  • 9月

    説明的文章
    文学的文章
    韻文
    文学史の整理
    入試演習

    ここがポイント!

    9月以降は説明的文章・文学的文章・韻文・古文・文法・知識の学習を満遍なく進めていきます。他の教科よりも早く仕上げに入っていきます。

    10月説明的文章
    文学的文章
    古典
    文法  
    韻文
    入試演習
    11月説明的文章
    文学的文章 
    古典
    文法
    韻文
    入試演習
    12月説明的文章
    文学的文章 
    古典
    語句  
    韻文
    入試演習
    12・1月

    冬期講習会

    総合
    1月説明的文章
    文学的文章
    入試演習
    2月総合

レギュラークラス

  • 3月文脈把握
    理由吟味
    心情吟味
    3・4月

    春期講習会

    春期講習会までの復習
    4月記述問題
    説明文
    短歌・俳句
    5月小説文
    随筆文
    古文
    6月論説文

    説明文
    7月小説文
    随筆文
    論説文
    7・8月

    夏期講習会

    小説文
    論説文
    古文
    文法
  • 9月説明的文章
    文学的文章
    古文
    入試演習
    10月説明的文章
    文学的文章
    古文
    入試演習
    11月説明的文章
    文学的文章
    古文
    入試演習
    12月説明的文章
    文学的文章
    古文
    入試演習
    12・1月

    冬期講習会

    総合
    1月実力強化問題
    入試演習
    2月

    ※クラスの状況によって、変更になる場合があります。

社会

入試で求められる力

統計資料に表れた数値と知識をリンクさせる地理、歴史用語と時代との相関性を問われる歴史、論理で解く経済、日々の生活と関連する政治。都県立最上位校合格のためには、限りなく満点に近い点数を取らなければならないのが社会科です。単純な知識の丸暗記ではなく、本質的な理解を伴う記憶ができているかを問う問題も増えてきています。

指導方針

いよいよ受験学年です。夏期講習会前半までは、中学校の授業と連動して公民分野を扱い、この分野を確実な得点源にさせます。夏期講習会以降は、統計資料の判読を中心とした地理分野・歴史の流れを理解させつつ用語の定着を図る歴史分野の総復習を行います。

カリキュラム

  • 3月現代社会文化・人権思想の発達
    3・4月

    春期講習会

    歴史分野総復習 地理分野総復習
    4月日本国憲法 選挙と政党
    5月

    国会・内閣・裁判所

    ここがポイント!

    この行為を行う主体は誰か?を理解することが政治分野においてはもっとも大切です。なかでも、三権の均衡と抑制はその最たる例です。

    6月

    地方自治・国際社会

    7月環境・資源・エネルギー問題
    7・8月

    夏期講習会

    3分野の総復習・経済

    ここがポイント!

    2020年より導入される大学入試新テストのパイロット問題は、世界主要国の数世紀にわたるGDPの推移をもとに、地歴公民3分野を多角的に考察させるものとなっていました。まずは、この講習で経済分野の基礎をしっかりと理解しましょう。

  • 9月地理の復習 世界地理全般・日本の産業
    10月日本地理の復習
    歴史の復習(原始~中世)
    11月歴史の復習(近世~近現代)
    12月公民の復習 時事問題
    12・1月

    冬期講習会

    形式別問題演習 テーマ史・統計資料の判読など
    1月入試総合演習
    2月入試総合演習

    ※クラスの状況によって、変更になる場合があります。

理科

入試で求められる力

開成高校・国立附属高校などの難関校に限らず、最近は公立高校でも新傾向問題(新学力観を試す問題)がよく出題されます。これは、単に知識を持っているかどうかに留まらず、それを活用する力が求められているのです。
それら新傾向問題の多くは、身近な理科を考えさせるような形式になっています。教科書で学んだ知識をもとにして理由を考えたり、結果を予測したりと、いわゆる「活用力」が問われるのです。
このように知識を活用していくためには、「なぜそのような現象が起こるのか」というような本質の部分を理解し、自分の言葉で表現できるようにしておく必要があります。

指導方針

入試を目標に学習を続けてきたのですから、入試で実力を発揮できるように仕上げていかなければなりません。積み上げた知識を様々な形に加工してアウトプットする訓練を通して、分析力や考察力といった、真の理科の力を育てていきます。
学んだ理科の知識を基にして、身近に起こる現象に興味を持ち、その理由を考察できる生徒を育てるのが、私たちの目標であり、方針なのです。

カリキュラム

  • 3月

    水溶液と電気分解・電池
    原子とイオン

    ここがポイント!

    近年、入試問題でよく出題されている「イオン」。この単元の攻略が、入試問題攻略のカギと言えます。上辺の知識だけでなくしくみを理解することを目指します。

    3・4月

    春期講習会

    中学2年生重要単元の復習

    4月酸・アルカリ・中和反応
    生物の成長と細胞
    5月生物のふえ方
    遺伝
    力のつり合いと合成・分解
    6月運動の表し方
    物体の運動
    仕事
    7月 仕事とエネルギー
    いろいろなエネルギーと資源の利用
    科学技術と人間
    7・8月

    夏期講習会

    天体の動き

    ここがポイント!

    天体は、苦手な人が多い分野の一つです。ゆっくり学習していくことで、より深い理解を目指します。

    四季の変化
    知識事項の総復習

  • 9月太陽系
    自然の中の生物
    自然環境と人間
    10月演習~身近な物理現象
    演習~電流とその利用
    演習~運動とエネルギー
    11月演習~身のまわりの物質
    演習~化学変化と原子・分子
    演習~物質と化学変化の利用
    12月演習~大地の変化
    演習~天気とその変化
    演習~地球と宇宙
    12・1月

    冬期講習会

    演習〜生物分野総合
    入試問題演習と解説
    総合問題演習
    1月入試総合演習
    2月入試総合演習

    ※クラスの状況によって、変更になる場合があります。

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

1週間の学習サイクル

効率的な勉強方法を伝授! 中学3年生からでも難関校合格へ!!

周りのライバルたちも受験勉強をしている中で、相対的にお子様の成績を上げていくためには、限られた時間をより有効に使う必要があります。
そこで、早稲田アカデミーでは生徒一人ひとりにアドバイスをし、学習サイクルを作る指導をしています。そして、たとえば宿題の指示などにしても、標準量を基準にしながら加減をしたり、優先順位をつけて示したりと、個々の学習状況に合わせる工夫をしています。また、科目の得意不得意というバランスの違いについても、担当者同士で連絡を取りながら、「この子は数学の宿題を多めにする代わりに、英語を減らそう」などという調整を加えることがあります。このように、学習をしていく中で無理や無駄が出てきた場合には、学習予定に微調整を加えて完璧なものへと仕上げていきます。
下の表は、そのような調整の元となる、個々の状況を加味する前の極めて標準的な1週間の学習スケジュールです。ただし、部活動を引退する夏休み前の状況をイメージしたものですので、夏休み以降は異なります。

資料請求はこちら