高校受験 勉強方法

高校受験 中学1年生 勉強方法

難関高校合格の鍵は中学1年生からのスタート!!

中学1年生での学習の最大のポイントは、お子様にあった学習方法を見出し、その自信や希望を持たせることにあります。
ここで適切な「学習習慣」と「学習方法」を確立できたお子様とそうでないお子様との差は、初めこそ小さなものですが、確実に広がっていくことになるのです。

高校受験 中学2年生 勉強方法

明確な目標を持たせ、中だるみを防止!

一般的に、中学2年生は中だるみの学年だといわれます。中学生活に慣れる一方、入試はまだ先という安心感から、緊張感が薄れるのが原因です。
しかし、中学2年生での学習は、高校入試にとって非常に重要な意味を持ちます。
特に、人気校の入試で合否を分ける問題は、中学2年生で学習する単元の理解が鍵になっている場合が多いのです。
また、中学2年生の内容の理解が不十分であれば、中学3年生の学習にも影響します。
ここでの学習をおろそかにしては、あこがれの第一志望校合格は望めません。
したがって、中学2年生での学習の最大のポイントは、適切な中間目標をタイムリーに与え、お子様に緊張感を維持させることにあります。

高校受験 中学3年生 勉強方法

2学期からは入試に向けてラストスパート

いよいよ受験学年となりました。しかし、多くのお子様には、まだまだ受験生という自覚がありません。ようやく顔つきが変わってくるのは、早いお子様でも部活動を引退した夏休みくらいからでしょう。
ところが、この時期には他のお子様も同じように努力を始めていますから、自分なりに頑張って力をつけても相対的な位置はあまり変わりません。
その結果、模試の偏差値を見ても一向に実力の伸長が見えず、自信を失ったり、諦めてしまったりすることさえあります。そして、努力をやめた途端、成績は急激に下がり始めます。
そうならないために、中学3年生の学習では、少しでも早く「受験生モード」になることと、時間を有効に使って学習することが大切です。
一方で入試というのは必ずしも学力通りに結果が出る仕組みにはなっていません。
たとえば、とても高い学力を持っている生徒が、誰にも解けない難問をただ1人解いたとしても、そのために他の問題を1問も解いていなかったとしたら、きっと合格はできないのです。
制限時間内で実力を発揮し、より高い得点をとるためには、学力以外にも「得点力」を身につけなければなりません。そのノウハウをもっているからこそ、早稲田アカデミーには逆転合格が多いのです。

  • 無料資料請求 校舎案内