難関大必勝コース(高3)

GMARCH・理科大対策の切り札 高3対象 難関大必勝講座

  • 「難関大必勝コース」 実施要項
  • タイムテーブル例・指導方針

コース概要

難関大必勝コースはGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)や東京理科大等の難関私大を目指す人のための日曜集中特訓コースです。対象をGMARCH理科大に絞り込むことで、学習内容をコンパクトにまとめると共に、短期間で効果を上げることが可能です。

実施要項

対象者 高校3年生
受講資格 選抜試験または模試の成績で判断します。
日程 【前期】

[第1ターム]5/14・21・28
[第2ターム]6/11・18・25
[第3ターム]7/2・9・16

【後期】

[第1ターム]9/10・17・24
[第2ターム]10/8・9・22
[第3ターム]11/5・12・19
[第4ターム]12/3・10・17
[第5ターム]1/8・21・28

時間 9:00~18:15
教科 文系 : 英語・国語・日本史・世界史
理系 : 英語・数学・物理・化学・生物
費用 【入塾金】10,800円(基本コース生は不要です)
【受講料】31,400円/ターム
会場 大学受験部 池袋校 大学受験部 渋谷校 大学受験部 国分寺校
申込方法 詳しくはカスタマーセンター 0120-97-3737、
または最寄りの大学受験部各校舎までお問い合わせください。

文系

【タイムテーブル例】

時間帯第1回第2回第3回
9:00~11:00英語(読解)英語(読解)英語(文法・作文)
11:15~13:15英語(文法・作文)国語(古文)国語(現代文)
14:00~16:00国語(現代文)日本史/世界史国語(古文)
16:15~18:15日本史/世界史日本史/世界史日本史/世界史

※授業設定【1日】2h×4コマ/【月間】3回(英語4コマ、国語4コマ、歴史4コマ)

【指導方針】

科目出題傾向と指導方針
英語 語数が多く、内容的にも理解しにくい難関大学の文章。高得点を取るために求められる力とは何か。様々な出題形式へのアプローチだけでなく、限られた時間の中でいかにして文章を読解するか追及します。
国語 GMARCHでは選択式の問題に加え、短文記述の問題が課されます。国語で安定した高い正答率を維持するためには、根拠の明確化が不可欠です。なんとなく6割では合格できません。確実に7割以上正解できる力をこの講座で身に付けましょう。
日本史 基礎用語の定着がGMARCH合格の最短距離です。そしてその定着が多岐に渡る問題形式に対応するための第一歩です。「流れ」を再度確認し「各用語の繋がり」を意識して学習することで、空所・正誤・史料などの問題攻略法を身に付けます。
世界史 世界史の合否を決めるのは基礎知識の積み重ねですが、ただがむしゃらに用語を覚えていけばいいわけではありません。反復演習と頻出ポイントの絞り込みで、最短ルートでのGMARCH現役合格を目指します。

理系

【タイムテーブル例】

時間帯第1回第2回第3回
9:00~11:00英語(読解)英語(読解)英語(文法・作文)
11:15~13:15英語(文法・作文)数学数学
14:00~16:00数学物理/化学/生物数学
16:15~18:15物理/化学/生物物理/化学/生物物理/化学/生物

※授業設定【1日】2h×4コマ/【月間】3回(英語4コマ、数学4コマ、理科4コマ)

【指導方針】

科目出題傾向と指導方針
英語 数学や理科の学習に相当な時間を割かなければならない理系の場合、どうしても疎かになってしまう英語。処理速度を上げ効率よく解答をする、ケアレスミスを減少させる、得点力にこだわった指導をします。
数学 特別な難問が出題されることはありません。正しく素早い計算力を身に付け、頻出パターン問題をしっかり練習すればよいのですが、方法のみの暗記では不十分です。頻出問題、典型問題を通して、考え方を理解し、再現できるように指導していきます。
物理 標準的、典型的な問題が中心に出題されますが、考え方が理解できていないと、得点できない問題もあります。問題演習を通して、知識の理解を再確認し、得点力を鍛えていきます。
化学 入試問題は標準的な問題が多く、奇をてらったような出題はされません。基礎的な知識・化学現象の理解・計算力が重要です。基本から標準的なレベルの問題をしっかり理解していただき、演習することにより、得点力を鍛えます。
生物 暗記だけで生物受験を乗り切ることはできません。レベルに応じた良問に触れることで、表現力、考察力、得点力を着実に伸ばしていきましょう。この経験が普段の勉強の姿勢も変えてくれます。
  • 無料資料請求 校舎案内