1. 新卒・中途採用HOME
  2. 社員インタビュー
  3. 原田 真緒 社員インタビュー

人材開発部 採用課 所属原田 真緒
社員インタビュー

  • 新卒

2015年4月入社
東洋大学経済学部卒

自分にできること、
自分にしかできないことを大切に

子どもたちと一緒に喜び、悩み、
成長した校舎での日々が、自分の原点

新卒で配属された海浜幕張校で事務として2年間勤務しました。
小学1年生から中学3年生までが在籍する海浜幕張校は、早稲田アカデミーの中でも大きな校舎です。登塾してくる生徒と最初に顔を合わせる”早稲田アカデミーの顔”として、生徒が安心して何でも話せる存在になれるよう努めていました。

また、校舎の事務は保護者の方との関わりも多い仕事です。小学4年生以上の生徒は校舎でお弁当を食べるのですが、お仕事をされている保護者の方は帰宅後すぐにお弁当をつくり、休憩時間に間に合うように受付に届けてくださいます。私自身も働いている立場ですから、それがどれほど大変なことかよくわかります。お弁当をお預かりするときには、保護者の方の愛情も一緒にお預かりするような気持ちになりました。

生徒や保護者の方のために力を尽くした海浜幕張校での日々は、本社へ異動した今でも私の原点です。

子どもたちと一緒に喜び、悩み、成長した校舎での日々が、自分の原点
子どもたちと一緒に喜び、悩み、成長した校舎での日々が、自分の原点

校舎経験がある私だからこそ伝えられることがある

人材開発部に異動して、現在はアルバイト講師の採用や、卒塾生を対象としたイベントの企画・運営に携わっています。
アルバイト講師は、早稲田アカデミーの教務を支える大切な存在です。もちろんアルバイトであっても、講師として生徒の前に立つ以上はプロでなければなりません。講師のやりがいや魅力はもちろん、その責任の大きさもしっかり伝えることが、私の大切な仕事だと思っています。

本社にきて一番驚いたのは、「仕事のスケール感」です。関わる人の数、予算、どれをとっても経験したことのない規模のものです。戸惑いやプレッシャーはもちろんありますが、それ以上に新しいことへの挑戦にワクワクしているところです。

これからも校舎事務としての経験を生かしながら、より広い視野に立って早稲田アカデミーの教育を支えていきたいと思います。

校舎経験がある私だからこそ伝えられることがある
校舎経験がある私だからこそ伝えられることがある

イベント業務を通して気付いた、
「早稲アカへの期待」と「早稲アカからの期待」

他部署が主催する入試報告会の司会などのスタッフ業務も、私の大切な仕事のひとつです。多くの保護者様の前に立って話すのはとても緊張しますが、私はこの仕事が大好きです。それは、保護者様の「早稲田アカデミーに対する期待」を肌で感じられるからです。

また、イベントには、早稲田アカデミーに通われていないお子様の保護者の方も来場されます。つまり、イベントは早稲田アカデミーの第一印象を決める場でもあるのです。そのような大切な場で、会社は私を信じて大役を任せてくれるのですから、絶対に準備は怠りません。司会台本は事前にすべて頭に入れ、何度も練習を重ねるようにしています。

イベント業務を通して気付いた、「早稲アカへの期待」と「早稲アカからの期待」
イベント業務を通して気付いた、「早稲アカへの期待」と「早稲アカからの期待」

大切な人になりたい、大切な人を育みたい

早稲田アカデミーという会社に最も大切なものは「人」だと思っています。私たちは、かたちのある「商品」を売る会社ではありません。だからこそ、教える人、サポートする人の「質」が、わが社の財産です。

まずは、誰よりも私が、早稲田アカデミーの社員としてふさわしい人に成長していきたいです。そして人材開発部の一員として社員の育成に携わることが、私を育ててくれた校舎の生徒や保護者様の役に立つと信じて、これからも仕事に励んでいきたいと思います。

校舎にいたのは2年という短い期間でしたが、いつか当時の生徒が大学生になり、採用面接を受けに来てくれたら嬉しいですね。

その他の社員インタビュー

大学受験部 御茶ノ水校 副校長 福島 光太郎

ワクワクが止まらない未来を創る仕事

大学受験部 御茶ノ水校 副校長
福島 光太郎

戸越公園校 校長 山田 梨絵

判断基準は”子どもの笑顔”

戸越公園校 校長 山田 梨絵

吉祥寺校 事務長 井上 梢

生徒と共に歩み、成長する仕事

吉祥寺校 事務長 井上 梢

エントリー