1. 新卒・中途採用HOME
  2. 社員インタビュー
  3. 山田 梨絵 社員インタビュー

戸越公園校 校長山田 梨絵
社員インタビュー

  • 新卒

2013年4月入社
早稲田大学第一文学部卒

判断基準は”子どもの笑顔”

判断基準は”子どもの笑顔”
判断基準は”子どもの笑顔”

とにかく子どもの笑顔が見たくて

早稲田アカデミーには、はじめアルバイトの時間講師として勤務しました。教育に携わるアルバイトがしたいな…という気持ちがきっかけです。
実際に教壇に立って授業をしてみると、その気持ちはより強くなりました。「できた!」「わかった!」という瞬間、子どもたちの目がキラキラ輝くんです。自分の仕事で人がこんなに喜んでくれるなんて思ってもいなかったので、私はすっかり講師という仕事に夢中になりました。「自分の一生の仕事が見つかった」。大げさなようですが、そのときはっきりそう感じました。

「受験」は、成長するための大きなチャンス
「受験」は、成長するための大きなチャンス

思い×スキル=成果

今だから言えることですが、時間講師になったばかりのころは、心のどこかに「スキルよりも、大切なのは熱意!」という気持ちがありました。こちらの気持ちが伝われば、成績は必ず伸びる…と思い込んでいたのかもしれません。ところが、どんなに熱意を込めて授業しても、空回りするばかり。特に高学年のクラスを担当したときには、自分の力不足を痛感しました。生徒を「わかった!」に導くためには、やはり授業のスキルも重要だったのです。そう気付いてからは、先輩講師の授業を見学させてもらったり、板書案をチェックしてもらったり、とにかく必死に努力しました。出題傾向や問題の特徴を知るために入試問題を片っ端から解き、学校の進学情報も常に最新のものをチェックするようにしました。

思い×スキル=成果
思い×スキル=成果

自分の価値とは

入塾した生徒や保護者様が、早稲田アカデミーに求めているもの。それはもちろん、第一志望校合格です。「楽しく塾に通えればいい」という方は、おそらくほとんどいないでしょう。私が追い求めている笑顔も、一時的な楽しさによるものではありません。「わかった!」という喜びや自分の力で夢をかなえた達成感から生まれる「本物の笑顔」なのです。だから私は、校長として「校舎全体の合格実績」という結果にこだわりたいと思います。そのために、私が講師として得たスキルや経験を他の講師ともどんどん共有していきます。結果を残せる校舎には、間違いなく「本物の笑顔」がたくさんあふれているはずですから。

自分の価値とは
自分の価値とは

迷ったときには初心を思い出す。判断基準は”子どもの笑顔”

校長という立場になると、解決しなければならない課題は増えます。また、それに対する他の講師の意見のなかで、判断に迷うこともたくさんあります。そんなとき、私は必ず思い出すのは、時間講師としてはじめて生徒の前に立ったころの気持ちです。私にとって大切なのは、子どもの笑顔。「どうすれば子どもたちの笑顔を増やすことができるのか」と考えて決断するようにしています。できるようになる喜び、目標を達成する喜びを、これからも多くの子どもたちに伝えていきたいと思います。

その他の社員インタビュー

エントリー