1. 新卒・中途採用HOME
  2. 教育理念

教育理念

創業時から不変の理念

本気でやる子を育てる

早稲田アカデミーの教育理念は『本気でやる子を育てる。』。
1975年、アパートの1室で近所の子どもたちに教え始め、翌年塾を立ち上げたときから一度もぶれたことのない塾としての思い。

やる気のある子だけを相手にする塾?それは早稲田アカデミーではありません。お子様のやる気を引き出すところから手伝わせてください、というのが早稲田アカデミーです。本気でやる子【に】育てるという方が意味が分かりやすいかもしれません。

私たちは一人の大学生が40年以上前に立ち上げた塾です。立ち上げた当初は経験も実績もない塾でした。
そんな塾を選んでくれたのは近所に住んでいる普通の子どもたち。勉強に対してそんなに積極的ではない子どもたちばかりです。

しかし、授業技術や進学知識は不十分でしたが、合格させたいという思いだけは誰にも負けないつもりで指導していました。
生徒たちも時には拙いと感じていたこともあったかもしれません、しかし、合格させたいという思いだけは伝わったようです。
これまで全く勉強しなかった子が机に向かっている、定期テストで満点がとれました、内申があがったよ。
これまで勉強していなかったから普通の学力だった子どもたちが勉強を始めると、面白い位に成績が伸びていきます。
その子どもたちの変化に対して講師や事務が声をかけることでさらに子どもたちのモチベーションアップを図り、子どもたちがさらに勉強を楽しみ成績が上がる。これを繰り返してきた結果が今の早稲田アカデミーです。

普通の学力のお子様をお預かりして、お子様のモチベーションを高めることで成績を向上させ、難関校に合格していただく。これが当社の強みであり、これからも一切変わることのない『本気でやる子を育てる。』から生み出される結果です。

創業時から不変の理念
創業時から不変の理念

関連情報

エントリー