小学5年生対象Sコース(私国立中受験コース)

コース概要

中学受験に向けた基礎力の強化と応用力の養成。

小学4年生と比べると学習範囲が広がり、深度も増すため、それに応じた学習時間を確保する必要があります。中学入試に向けた応用力を養成し、加えて、自ら計画を立てて実行できる学習習慣を身に付けます。

実施要項

対象
小学5年生(私国立中受験予定者)
実施曜日
【算数・国語】月曜・木曜
【理科・社会】火曜
※校舎により曜日が異なる場合がございます。
授業時間
17:10〜18:50
19:15〜20:55
受講料
4科コース:40,600円/月
2科コース(算国):28,600円/月
※表記されている料金はすべて税込みです。
教科
算数・国語・理科・社会
実施校舎
早稲田アカデミー各校舎
※上福岡校・国研を除きます。
  • 春期講習会
  • 2017入試報告会

オプションコース

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

授業内容

算数

概要

  • インプットとアウトプットを
    バランスよく

    小学5年生は算数の授業が週2回になります。小学4年生とくらべて学習内容の難度があがり、またその量も増えます。よって、1回目の授業ではその週に身につけるべき項目をひと通り説明し、解法を学びます。家庭学習を挟んだ2回目の授業では、ご家庭でのトレーニングの定着度を確認し、演習やテストを通して、“わかる”を“できる”にかえていきます。

  • 1人で解き切る力を育てます

    解法の丸暗記では同じ問題は解けても、発展した問題となると思うように解けません。学習した解法を“道具”として使いこなすためには、その使い方を十分に理解しておくことが必要です。たとえば、5年生の算数はニュートン算の線分図や速さのダイヤグラムのように図を利用して解くケースが多くあります。ただし、ニュートン算=線分図、のように問題を解くこと以上に図をかくことを優先してしまうお子様も見られます。なぜ線分図をかくのか、また、その図のかき方、かいた後に注目すべき点を丁寧に説明し、自分1人で解ける力を養成します。

  • 図を正確にかき、変化をとらえる力を育てます

    図形の移動や水槽におもりを沈める問題のように動きや変化を伴う問題を多く学習します。これらの問題を解くためには正確な図がかけるのとそうでないのとでは大きく精度がかわります。ただし、どんなに正確で一目見ればわかる図であったとしても、それを演習時やテスト時に自分で描けないと意味がありません。お子様が自分で再現することができ、且つ変化を正確にとらえることができる図をかく方法を指導し、図形の感性を養成します。

カリキュラム

  • 前期 2月〜7月

    組分けテスト
    第1回倍数と約数
    第2回平均に関する問題
    第3回多角形の性質
    第4回割合(2)
    第5回総合組分けテスト
    第6回円(2)
    第7回食塩水
    第8回売買損益
    第9回差集め算
    第10回総合組分けテスト
    第11回柱体とすい体
    第12回場合の数(3)
    第13回場合の数(4)
    第14回数に関する問題
    全国統一小学生テスト
    第15回総合組分けテスト
    第16回速さ(2)
    第17回容器と水量(1)
    第18回旅人算とグラフ(1)
    第19回旅人算とグラフ(2)
    第20回総合組分けテスト
  • 後期 9月〜1月

    組分けテスト
    第1回比(1)
    第2回比(2)
    第3回平面図形と比(1)
    第1回 志望校判定テスト
    第4回平面図形と比(2)
    第5回総合組分けテスト
    第6回速さと比(1)
    第7回速さと比(2)
    第8回平面図形と比(3)
    全国統一小学生テスト
    第9回規則性に関する問題
    第10回総合組分けテスト
    第11回速さと比(3)
    第12回流水算・通過算
    第13回仕事算
    第14回容器と水量(2)
    第15回総合組分けテスト
    第16回和と差に関する問題
    第2回 志望校判定テスト
    第17回図形の移動(1)
    第18回図形の移動(2)
    第19回総合組分けテスト

主な教材

  • 予習シリーズ
    授業

    メインテキスト

    新出単元の導入に使用するメイン教材です。例題と類題で新出単元の導入を行い、基本問題と練習問題の演習をします。直接書き込みはせず、授業用のノートを用意して演習するようにしましょう。

  • 予習シリーズ演習問題集
    授業・家庭学習

    授業内容の再確認

    SS・S1クラス用の教材です。予習シリーズの問題に対応した類題問題集となります。直接書き込みはせず、ノートに演習するようにしましょう。

  • 予習シリーズ計算
    家庭学習

    日々の基礎演習

    算数の基礎となる計算練習を行うための家庭学習用教材です。1回につき①〜⑧の8ページあり、①〜③の後半2題は前週の内容に基づいた復習問題、④〜⑦はその週に学習している内容の一行問題が載っています。また、各回の⑧は一行問題の演習ページとなっています。

  • 予習シリーズ基本演習問題集
    授業・家庭学習

    テーマ別の基礎演習

    S2クラス用の教材です。その週に身に付けるべき重要問題を4つのテーマに絞り、繰り返し演習して定着させるための教材です。

  • 小5バックアップテキスト ジュニア 算数
    家庭学習

    重要テーマの反復練習

    小学5年生で学習する重要テーマを2段階のレベルに分けて載せています。週ごとの宿題として演習するだけでなく、組分けテスト前に各単元の要点をチェックするためにも有効な教材です。繰り返し演習するためにも、ノートに演習をしましょう。

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

国語

概要

  • 文章読解への取り組み

    中学入試の国語では、中学生が読むレベル以上の文章が出題されることが多くあります。つまり、中学生並の語彙力や精神年齢の高さが求められるのです。早い時期からの学習が最も必要な科目といわれるのはこのためです。小学5年生では、簡単な問題から、難度の高いあるいは長い文章問題まで、また文章の種類も物語文、説明・論説文、随筆文、韻文とバランス良く取り組ませます。こういったことを繰り返していく中で、文章読解の土台となる知識の習得と、解答手法の確認・定着を促します。

  • 漢字・知識テストへの取り組み

    文章問題を正しく読むために、最も必要となるのが語彙力です。知っている言葉、使いこなせる言葉の総量が多ければ多いほど、文章を理解する際に有効であることは明白でしょう。さまざまな文章に触れることで、生きた言葉の意味を理解することも大切ですが、それと共に、毎日の漢字や言語知識の学習も不可欠です。毎回の授業で実施する漢字や言語知識の確認テストに向けて、毎日集中して机に向かう時間を決めて取り組むことで、今の時期に必要な学習習慣と語彙力の土台を作ります。

  • 記述問題への取り組み

    記述の解答で最も目につくのは「自分勝手な答案」です。また、上手に表現できないからついつい空欄にしてしまう、ということも多々起こりがちなことです。それぞれのテキストの問題には、10文字程度の短いものから、100字を超えるものまで、必ず記述式の設問が含まれていますから、小学5年生の1年間での「書く練習」の機会は十分にあると言えるでしょう。記述式の設問を特別視することなく、文章中に必ず見つけられるヒント・根拠に基づいて書くという基本を理解させ、また添削を加えることで、正しい書き方を身に付けさせます。

カリキュラム

  • 前期 2月〜7月

    組分けテスト
    第1回説明文(1)文を読む
    第2回説明文(2)話題・要点
    五十音図・国語辞典の使い方
    第3回物語・小説(1)場面
    かなづかい・送りがな
    第4回物語・小説(2)心情① 
    漢字の部首・画数・筆順・漢和辞典の使い方
    第5回総合組分けテスト
    第6回説明文(3)形式段落から意味段落へ①
    同音異字・同音異義語
    第7回説明文(4)形式段落から意味段落へ②
    同訓異字
    第8回物語・小説(3)心情②
    熟語の組み立て・三字熟語
    第9回物語・小説(4)心情③
    四字熟語
    第10回総合組分けテスト
    第11回論説文(1)意見と根拠
    類義語・対義語
    第12回論説文(2)意味段落への分割
    慣用句
    第13回随筆文(1)経験と感想①
    ことわざ
    第14回随筆文(2)経験と感想②
    故事成語
    全国統一小学生テスト
    第15回総合組分けテスト
    第16回物語・小説(5)性格と人物像
    付表の語
    第17回物語・小説(6)主題
    語句の意味・用法(多義語)
    第18回論説文(3)要旨
    語句の意味・用法(和語・外来語)
    第19回詩 詩の読み方
    四季の言葉
    第20回総合組分けテスト
  • 後期 9月〜1月

    組分けテスト
    第1回説明文・論説文(1)文を読む
    第2回説明文・論説文(2)段落関係①
    名詞・動詞
    第3回物語・小説(1)場面
    形容詞・形容動詞
    第1回 志望校判定テスト
    第4回物語・小説(2)心情①
    副詞・連体詞・接続詞・感動詞
    第5回総合組分けテスト
    第6回随筆文(1)経験と感想①
    助動詞①
    第7回随筆文(2)経験と感想②
    助動詞②
    第8回物語・小説(3)心情③
    助詞①
    全国統一小学生テスト
    第9回詩 詩の読み方
    助詞②
    第10回総合組分けテスト
    第11回短歌
    文語的表現
    第12回俳句
    暦の知識
    第13回物語・小説(4)
    敬語
    第14回説明文・論説文(3)段落関係②
    手紙文
    第15回総合組分けテスト
    第16回随筆文(3)主題
    文学史
    第2回 志望校判定テスト
    第17回説明・論説文(4)要旨
    特別な読みのことば・難しい読みのことば
    第18回物語・小説(5)主題②
    語句の意味・用法
    第19回総合組分けテスト

主な教材

  • 予習シリーズ
    授業

    国語の総合力向上に向けて

    授業で使用する文章読解学習の主教材です。「丁寧」に文脈を追って読む練習をし、また新出言語要素の導入と練習にも用います。

  • 漢字とことば
    家庭学習

    漢字・言語知識を完全定着

    各回、一週間ごとに10語の新出漢字を学習します。音読み・訓読み・成り立ち・筆順・該当漢字を使った熟語等が紹介されています。細部まで丁寧に確認しながら進めることが大切になります。また該当回の知識事項を復習するための問題も含まれます。テストに向けたチェック用としても活用できます。

  • 予習シリーズ演習問題集
    授業・家庭学習

    文章読解力向上のために

    文章読解の補助教材。予習シリーズよりもやや難しい問題がそろっています。演習型・精読型どちらにも使える教材です。

  • Wベーシック
    授業・家庭学習

    入試への基礎固め

    授業および家庭学習の両方で使用します。予習シリーズよりもやや簡単な文章問題と知識問題とで構成されていますから、毎回の学習内容をしっかりと定着させるのに最適です。

  • 応用演習問題集
    授業・家庭学習

    記述力向上のために

    最上位クラスでのみ、授業もしくは家庭学習用として使用する、文章読解と記述を学習する教材です。近年の中学入試における記述重視の傾向を視野に入れ、毎回数十字の記述問題に複数取り組むことによって、早期からの記述力や表現力を養います。

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

理科

概要

  • 同じ原理で起こる現象をまとめる

    冷たい麦茶の入ったコップの周りに水滴がつくのも、ドライアイスの周りに白いもやが見えるのも、どちらも空気中の水蒸気が冷やされたからです。1つのことを教える際に、関連する事項も例に挙げ、つなげていくと、理解が深まります。早稲田アカデミーの授業では、いろいろな具体例をあげたり、発問して考えさせたりして、知識の幅を広げ、理解度を深めています。

  • 実験・観察問題と表・グラフ

    実験結果を分析したり、表やグラフから変化と関係性を読み取ったりするには、基本的な見方をまず覚えることが必要です。ポイントとなる考え方は、ただ覚えるだけでなく実践していくことで定着度が上がります。標準教材以外にも、組分けテスト対策などで演習を積んで、定着を図っていきます。

  • 図表による整理と確認テストによる定着

    知識は特徴や条件を整理した表や、流れやつながりを表した図など、イメージをつかめるツールを利用すると頭に入りやすくなります。『マスターノート』は授業用のノートとして予習シリーズの重要部分についてわかりやすくまとめています。また、定着度を高めるために、確認テストも毎回実施しています。

  • 応用力を伸ばす問題

    『Wベーシック』の練習問題や演習問題集の応用問題などには、思考力を伸ばすための発展内容があります。ただし、発展内容といっても、基本の延長線上にある問題です。まず基本を定着させ、持っている知識から考え、関係性、因果関係を明確にしながら解いていけるよう指導しています。様々なタイプの問題に触れ、視野を広げていきます。

カリキュラム

  • 前期 2月〜7月

    組分けテスト
    第1回気象の観測
    第2回天気の変化
    第3回空気や水の温度による変化
    第4回物のあたたまり方
    第5回総合組分けテスト
    第6回星の動き
    第7回月の満ち欠け
    第8回季節と生物
    第9回てんびんとばね
    第10回総合組分けテスト
    第11回植物のつくりとはたらき(1)
    第12回植物のつくりとはたらき(2)
    第13回植物のつくりとはたらき(3)
    第14回酸素と二酸化炭素
    全国統一小学生テスト
    第15回総合組分けテスト
    第16回動物とヒトのからだ(1)
    第17回動物とヒトのからだ(2)
    第18回
    第19回
    第20回総合組分けテスト
  • 後期 9月〜1月

    組分けテスト
    第1回地球と太陽(1)
    第2回地球と太陽(2)
    第3回水溶液のこさ
    第1回 志望校判定テスト
    第4回動物とヒトの誕生
    第5回総合組分けテスト
    第6回物の運動
    第7回物の燃焼
    第8回電流と抵抗
    全国統一小学生テスト
    第9回電流と磁界
    第10回総合組分けテスト
    第11回水溶液の性質(1)
    第12回水溶液の性質(2)
    第13回大地の変化(1)
    第14回大地の変化(2)
    第15回総合組分けテスト
    第16回生物のつながり
    第2回 志望校判定テスト
    第17回ばね
    第18回てこ
    第19回総合組分けテスト

主な教材

  • 予習シリーズ
    授業

    メインテキスト

    授業で新出単元の導入・解説を行う際に使用する教材です。文章を読んで内容を確認するだけでなく、説明用の図や写真を確認し、新出の知識に対する理解を深めていきます。各回の扉のページには、お子様の興味を引くための導入の話があり、「学習を深めるページ」には、より発展的な内容がわかりやすく解説してあります。通常回の最後には基本知識を確認する要点チェックがあり、総合回練習問題で構成されています。

  • 予習シリーズ演習問題集
    家庭学習

    演習により授業内容の定着を図ります

    各回の学習内容を確認する「まとめてみよう」と、YT週テスト・組分けテストを想定した練習問題と入試を意識した応用問題から構成されています。応用問題はかなり難しい問題も含むため、SS以外のクラスが宿題にする場合は詳しく指示を出します。各回の学習内容の定着と演習量を確保するための家庭学習用教材です。

  • Wベーシック家庭学習

    基礎~応用まで幅広く演習し理解を深めます

    家庭学習用の演習教材です。基本知識を確認するトレーニングと標準的な内容の基本問題、より実戦的な内容の練習問題で構成されています。クラスの状況に応じて、宿題の範囲を指定します。

  • マスターノート
    授業・家庭学習

    授業のポイントを簡単にまとめるノート

    シリーズの要点をまとめていく授業用ノートです。新出用語等を授業の解説を聞きながら、または解説後穴埋めをして仕上げていきます。計算単元では解法の定着を図る問題などもあります。

資料請求はこちら
資料請求はこちら

早稲田アカデミーのすべてがわかる「入学案内」などの詳しい資料をお送りします。各校舎ごとの時間割や料金表なども同封させていただきます。

資料

社会

概要

  • 知識を整理し上手に覚える

    知識事項は、断片的に覚えるよりも重要なことを整理しながらひとまとめにして覚える方が効率よく身に付けることができます。授業ではポイントを板書にまとめ、覚えるべき優先順位を示して重要な知識事項がきちんと身に付くように指導していきます。

  • 地図帳を活用する

    地理の授業では地図帳は必需品です。上手に活用できるかどうかが地理の成績を左右すると言っても過言ではありません。授業では、重要度の高い地名について地図帳で位置を確認し、マーカーで印をつけていきます。地図を見て、目で覚えていくことで日本地図がイメージしやすくなっています。

  • 背景を理解する

    予習シリーズの内容を身に付けることは大切ですが、闇雲に多くのことを丸暗記するだけでは知識は蓄積されません。とくに小学5年生では1週間の学習サイクルの中で小学4年生のときよりも多くのことを覚えることが要求されます。授業では予習シリーズに書いていない背景や理由などについても必要に応じて触れていきます。これにより学習内容の理解や社会科への興味を深めていきます。

  • 学習内容に深みを持たせるために

    家庭学習で使用する『日々の社会』には「今週の話題」というコーナーを設けています。これは予習シリーズには載っていないものの、各単元の内容を理解するうえで効果的なエピソードをイラスト付きの文章で紹介するものです。読んでもらうことで社会科への興味も深まります。

カリキュラム

  • 前期 2月〜7月

    組分けテスト
    第1回魚はどこから?
    第2回くらしに役立つ資源
    第3回いろいろな工場
    第4回うつりゆく工業のすがた
    第5回総合組分けテスト
    第6回これまでの工業・これからの工業
    第7回日本と世界の結びつき
    第8回結びつく人と物と情報
    第9回日本のすがた
    第10回総合組分けテスト
    第11回九州地方
    第12回中国・四国地方
    第13回近畿地方
    第14回中部地方
    全国統一小学生テスト
    第15回総合組分けテスト
    第16回関東地方
    第17回東北地方
    第18回北海道地方・
    日本のおもな都市
    第19回地形図と統計資料の読み方
    第20回総合組分けテスト
  • 後期 9月〜1月

    組分けテスト
    第1回旧石器・縄文・弥生時代
    第2回古墳・飛鳥時代
    第3回奈良時代
    第1回 志望校判定テスト
    第4回平安時代
    第5回総合組分けテスト
    第6回鎌倉時代
    第7回室町時代
    第8回安土・桃山時代
    全国統一小学生テスト
    第9回江戸時代(1)
    第10回総合組分けテスト
    第11回江戸時代(2)
    第12回江戸時代(3)
    第13回明治時代(1)
    第14回明治時代(2)
    第15回総合組分けテスト
    第16回大正時代
    第2回 志望校判定テスト
    第17回昭和時代(1)
    第18回昭和時代(2)
    第19回総合組分けテスト

主な教材

  • 予習シリーズ
    授業

    メインテキスト

    新出単元の導入・解説に使用する教材です。通常回についてはQ&A、本文、学習を深めるページ、要点チェック、練習問題から構成されています。

  • 予習シリーズ演習問題集
    家庭学習

    実戦的な問題演習

    重要語句を記入しながら、各単元のポイントをおさえる「まとめてみよう」とYTの問題を想定した練習問題から構成されています。YTに備えた各回の学習内容の定着と演習量確保のための家庭学習用教材です。

  • Wベーシック
    家庭学習

    基礎から応用まで幅広く扱います

    家庭学習用の演習教材です。基礎から応用まで数段階の問題で構成されています。この中からクラスごとに課題を選んで宿題とします。

  • 今週の話題
    家庭学習

    エピソードで理解を深める

    家庭学習用の読み物教材です。予習シリーズではカバーしていない学習内容の背景の理解を深めます。
    また、文章を読むことで読解力の向上をはかります。

  • 考える社会科地図
    授業・家庭学習

    地理の学習の必需品

    地理の学習の際に必携の地図帳です。地図以外の写真やイラストなどの資料も充実しています。

資料請求はこちら