1. 早稲アカ HOME
  2. 高校生
  3. 2017年度 大学受験 合格者インタビュー・合格体験記

2017年度 大学受験 合格者インタビュー・合格体験記

早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

合格者インタビュー

東京大学 理科Ⅰ類 進学周平くん

東京大学 理科Ⅲ類 進学将人くん

東京大学 文科Ⅲ類 進学楼奈さん

早稲田大学 政治経済学部 進学彩乃さん

慶應義塾大学 文学部 進学万迪くん

早稲田大学 文化構想学部 進学桃花さん

慶應義塾大学 文学部 進学香月さん

上智大学 法学部 進学彩香さん

一橋大学 経済学部 進学大雅くん

東京工業大学 第4類 進学秀寿くん

明治大学 理工学部 進学瑛毅くん

2017年度 東大合格者インタビュー

2017年度 東大合格者インタビュー

東大合格者の喜びの声をまとめました。

合格体験記

東京大学

東京大学[理科I類]
早稲田大学[基幹理工学部]・慶應義塾大学[理工学部]・上智大学[理工学部]
A・K

新たな出発点

私が早稲アカに入ったのは、高校受験で早稲アカにお世話になっていたから、という単純な理由です。しかし高1の時から、素晴らしい先生方の授業を受け、本質的な理解をすることができたので、「わかる楽しさ」を体感し、その楽しさが受験勉強の原動力となりました。そのおかげで、高校最後の文化祭が終わり、周りが受験一色になっても、焦ることなく自分のスタイルを貫いて冷静に取り組むことができたのだと思います。無事合格することができましたが、これからも「わかる楽しさ」を忘れることなく、油断することなく、勉学に励みたいと思っています。最後に、こんな未熟な私をいつも支えてくれた先生方、同級生の皆さん、そして両親に感謝しています。ありがとうございました。

東京大学[理科I類]
早稲田大学[創造理工学部]・慶應義塾大学[理工学部]・慶應義塾大学[経済学部]
S・M

早稲アカは日本一

僕は中学1年の秋頃に中学受験でもお世話になっていた早稲田アカデミーに入塾しました。はじめは部活との兼ね合いもあり、数学のみの受講でしたが、学年が上がるにつれて科目数も増えていき、部活と勉強との両立が非常に難しくなってきました。そんな僕を最後まで支えてくれたのは、早稲アカの面倒見の良さです。授業を欠席、遅刻した後のフォローであったり、模試の日程を自由に動かすことができたのは、とてもありがたかったです。僕が高3の9月まで勉強に打ち込みながらも部活を続けることができたのは間違いなく早稲アカのおかげだと思います。最後になりましたが、最後まで添削や温かい応援をしてくださった池袋校の古居先生、高橋先生本当にありがとうございました!

東京大学[理科Ⅲ類]
早稲田大学[先進理工学部]・慶應義塾大学[医学部]
M・A

優秀な競争相手を手に入れることの利点

僕が早稲田アカデミーに入って良かったと思うことは、通常授業や東大必勝コースの授業、東大必勝合宿で優秀な仲間にたくさん出会えたことです。早稲田アカデミーは開成高校や日比谷高校などの全国トップレベルの高校の生徒が数多く在籍しており、しかも大手の予備校と違って先生と生徒、生徒同士の距離が近い塾なので、受験において自分が競うことになる相手のレベルを身近に感じることができます。また早稲アカでは塾内模試が頻繁にあり、校舎内の成績優秀者は掲示されるので、それを目標にすることでモチベーションを保つことができました。優秀な仲間と切磋琢磨し続けられたことは、受験勉強の上で大いに役立ちました。

東京大学[文科Ⅱ類]
慶應義塾大学[経済学部]・上智大学[経済学部]
K・K

リベンジを果たした!

東大受かって本当に良かった!!というのが今の私の気持ちです。タイトルに「リベンジ」とあるのは、高校受験の失敗を克服できたからです。成績的にはある程度余裕があったはずなのに、本番前に努力を怠り、第一志望に落ちてしまった高校受験。その失敗を引きずり、終始ネガティブなまま大学受験の勉強をする羽目になってしまいました。しかし早稲アカの先生方やアシストスタッフさんたちの手助けのおかげで、最後まで気を抜かずに勉強しきることができ、見事に第一志望校に合格することができました。後輩たちにアドバイスしたいことはたった二つで、一つ目は「早めから準備して万全の体勢を整えること」。二つ目は「結果にこだわること」です。辛いことが多すぎる受験ですが、自分を信じて頑張れば、実る可能性は上がると思います。

東京大学[理科Ⅱ類]
早稲田大学[先進理工学部]・慶應義塾大学[理工学部]・慶應義塾大学[経済学部]・上智大学[理工学部]
Y・A

早稲アカに入って

僕が早稲田アカデミー大学受験部に通い始めたのは、中学3年生の春頃でした。当時高校3年生で早稲アカに通っていた兄の影響で通うことにしました。入って最初に受けたのは、アットホームな印象でした。少人数授業体制だからこそ生徒と先生の距離が近く、先生方が生徒一人ひとりの様子をよく見てくださいます。早稲アカの先生方は些細な事にも親身になって対応してくださり、とても心強かったです。また、生徒同士の距離も近いため友達も多くでき、最後まで同じ大学を目指す友達と時には談笑し、時には切磋琢磨しながら受験を乗り切ることができました。本当に感謝しています。僕自身一人で勉強するのが苦手なタイプだったので、早稲アカのスタイルが合っていたと思います。早稲アカに入ってよかった!

学校選択に戻る

京都大学

京都大学[教育学部]
K・N

走り抜くこと

私は正直本気になって勉強することがなかなかできずにいました。様々な理由がありましたが一番は気持ちの問題。本気になっても結果がついてこなかったらどうしよう。という不安に苛まれて高3の夏期合宿や講習会中に繰り返し先生方に相談したのを覚えています。先生と話をして、自分の中で考えて。私が出した結論は、「走り出してしまった今はもう走り続けるしかない」ということ。途中棄権では何も残らない。私立の入試で上手くいかなくて「もう逃げたい」と思う苦しい日々が続きました。それでも一度決めたことを最後までやり抜く、戦う権利を与えられている以上最後まで戦う、そう思って必死に走り続けたことが私にとって何よりもの経験であり、その日々の果てに掴んだ合格だからこそ何よりもの幸せです。

京都大学[工学部]
慶應義塾大学[経済学部]・東京理科大学[工学部]
Y・N

逆転合格!

周りの誰もが諦めていました。京大模試は全てE判とD判。センター本番も8割に届きませんでした。しかし、合格することができました。何が私を合格に導いてくれたか全く想像できませんでした。そこで高校生活3年間を振り返ると、その理由は早稲アカにあると確信しました。私は、英語、国語、数学、物理、化学を受講していました。特に国語では、私の読解力や記述力が全く大学受験で通用しないことを教わり、根本からやり直すきっかけになりました。また数学、物理、化学といった理系科目は基礎が全くできていなかったので、一から丁寧に教えていただきました。早稲アカの先生方が僕のくだらないプライドと自信を壊し、スタートからやり直させてくれたこと。そのおかげで合格できたこと。本当に本当に感謝しています!

学校選択に戻る

一橋大学

一橋大学[経済学部]
T・K

復習の大事さ

僕は高校受験でお世話になった早稲アカに高1から入りました。初めはモチベーションも低く、ただ授業を淡々と受けるだけで予習も復習もしていませんでした。当然、模試の結果も悪く、両親と喧嘩したりもしました。僕が変わったのは高3になってからです。新しく日本史の授業を受けたところ、その復習が必須で、ちゃんと時間を取らないと、1回の授業で10数回当てられ、それに1度も答えられないということもありました。そのため僕はとにかく復習を続けたところ、日本史の成績が上がり、復習の重要性に気づき、他の科目も授業の復習第一に勉強し、無事合格することができました。早稲アカは他の予備校に比べ、当てられる回数がどの授業よりも多いです。しかしそれに答えられるよう努力すれば必ず実るので先生を信じて勉強しましょう。

学校選択に戻る

東京工業大学

東京工業大学[第7類]
明治大学[農学部]・東京理科大学[理学部]
R・T

アットホームで居心地のいい塾でした

大学受験部の授業は少人数制で、先生方との距離が近く、気軽に質問ができる環境で、疑問に思ったことをすぐに解決することができました。先生方だけでなくアシストや事務の方々との距離も近く、とてもアットホームで居心地の良い塾でした。私は受験期は思うように成績が伸びず、志望校を下げようか迷うときが何度もありました。そんな時でも私が東工大を目指し続けることができたのは周りの人々の支えや自分の東工大に行きたいという気持ちがあったからでした。大学受験部の方々をはじめ、支えてくれた両親、友人たちに心から感謝しています。本当にありがとうございました。

東京工業大学[第3類]
早稲田大学[先進理工学部]・慶應義塾大学[薬学部]・慶應義塾大学[理工学部]・上智大学[理工学部]・星薬科大学[薬学部]・東京理科大学[薬学部]
Y・N

CHANGE

私は中学生のとき、学校でも下位一割に入るほど成績が悪く、自分を変えたいと思い中学受験時にお世話になった早稲アカに入ることに決めました。入塾した後は自分の努力と塾との相乗効果で順位が上がっていき偏差値50前半だった英語は70を超えるほど成長しました。高2になると塾の友達も増え、やはり周囲の友達の学力が高かったのでみんなをライバルと思い先生方に支えられながら頑張りました。高3になり本格的にサクセスダイアリーを使うようになりそのスケジューリングや通常授業、必勝授業の授業レベルの更なる上昇も相まって素晴らしく成長できたと思います。受験に最も大切なのは信頼できる先生と出会うことで早稲アカはそれが叶いやすい場所です。自分を変えられる場所です。信じて飛び込んでいくことをおすすめします。3年間ありがとうございました。

学校選択に戻る

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学[医学部]
Y・W

恵まれた環境

早稲アカに通っていてよかったことは、親切な先生や優秀な仲間と出会えたことです。早稲アカの先生は、質問した時には丁寧に教えてくださり、演習不足の単元があると相談した時には、プリントを作成してくださったり、補講してくださったりと通常授業以外の場面でも手厚く指導してくださいました。また、同じクラスの仲間はみな志が高く、夜遅くまで自習していたり、塾内のテストの成績表で名前が掲載されていたりと刺激を受ける機会が多くあったので、僕も負けたくないと思い、最後まで目標に向かって頑張ることができました。こうした先生や仲間がいる環境で勉強できたことが合格につながったと思います。

学校選択に戻る

筑波大学

筑波大学[理工学部]
上智大学[理工学部]・東京理科大学[経営学部]・中央大学[理工学部]・青山学院大学[理工学部]・法政大学[理工学部]
Y・K

お世話になりました。早稲アカ。

5か月という短い期間だったけれど、早稲アカに入って一番良かったと思うのは、自分のやるべきことを自分で見つけられるようになるところです。塾では一から十まで指示されるというわけではないけれど、毎週の授業や課題をこなしていく中で自分は何ができないのかが見えてきました。そうした今後の勉強方針を立てることができて、成績をうまく上げることができました。途中でわからないことがあれば先生方やアシストの方々が指導してくれたり、解決するまで一緒に悩んでくださったりしたのでそういう面でもとてもお世話になりました。これらを踏まえて、早稲アカというのは生徒が自律的に学習を進めるのに最適な環境がそろっていると思います。

学校選択に戻る

早稲田大学

早稲田大学[政治経済学部]
早稲田大学[社会科学部]・慶應義塾大学[経済学部]・上智大学[経済学部]・明治大学[経営学部]・青山学院大学[経済学部]・中央大学[商学部]
A・Y

勉強と部活の両立

私の高校生活は部活一色でした。体力的にも精神的にも部活だけで精一杯で、早稲アカに通っていなかったら絶対に合格できなかったと思います。「勉強と部活の両立」と言うのは簡単ですが、実際にこなすのは難しいし正直私もできていなかったと思います。学年が上がり、受験が近づくにつれて勉強量を増やさねばならず、特に高3の時は板挟み状態でした。それでも塾に通って授業を受け、短い時間の中で優先順位をつけどのように勉強すべきか先生たちが相談にのってくれました。受験まで具体的に何をどのくらいやるのかという道筋が部活をやっていた頃から把握できていたことは良かったと思います。塾に行けば先生がいつも気にかけてくれる環境が心強かったです。先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

早稲田大学[社会科学部]
上智大学[総合グローバル学部]・上智大学[総合人間科学部]・上智大学[外国語学部]・日本女子大学[文学部]・日本女子大学[人間社会学部]
S・K

早稲アカでよかった!!

私が思う早稲アカの良い所は先生方の一生懸命な姿とライバルのいる環境です。先生方に質問したり、志望校の相談をしたりすると必ず丁寧に聞いてくださったし、的確なアドバイスをくださいました。精神的に不安定になったときも先生は優しく声をかけてくださいました。模試が悪くてもくよくよしないようになったのも先生方に励まされたからです。また、必修テストや必勝でのテストで良い順位をとれるように常にまわりを意識しながら勉強できる環境がありました。校舎の友人が自習室で頑張っている姿を見て刺激を受けて、私も頑張ることができました。早稲アカで成績が上がって志望校に合格できて本当によかったです!!!!!

早稲田大学[先進理工学部]
E・M

高2の夏合宿

私は小学校の時から私立に入っており、一度も受験しないまま大学受験をすることを決めました。そのため、勉強のコツや要領など分からず、成績が伸びない自分が嫌で、だらけてしまっていました。そんな時、自分を変えたいと思って参加したのが高校2年生の夏合宿でした。初日に受けた実力テストで自分のできなさに落ちこみ、この合宿は全力で取り組もうと決めました。5日間は授業についていくのに必死で、早く帰りたいと何度も思いましたが、最終日には達成感とともに自分でもこんなに勉強できるんだ、という自信にもなりました。また、夏休み明けの必修テストでは英数で偏差値60台後半という成績を取ることができました。あの合宿は、精神的にも学力的にも自分を成長させる良い機会だったと思います。

早稲田大学[教育学部]
学習院大学[文学部]
S・K

偏差値を倍にしてくれた先生

僕は早稲アカに高2の秋に入塾しました。その当時はGMARCHのどれかに受かればいいなと思っていましたが、入塾テストで偏差値30台という結果を出してしまい、大学に行けるかどうかわからないような成績でした。しかし僕はその結果を見て本気で勉強するということはせず、相変わらずの成績で高3になりました。ところが国語のクラス分けで偶然入れた現代文SKで出会った古居先生に勉強を強制する生活スタイルを作っていただき、苦手な英語にも真面目に取り組むようになったところ、偏差値が急上昇し5月の模試で55、名物行事の夏期合宿では成績優秀者として名前を呼ばれるほどになりました。こうして当初の目標以上の大学に入ることができ、気付けば偏差値が倍増したのは古居先生のおかげです。その他にも早稲アカの先生には本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。

学校選択に戻る

慶應義塾大学

慶應義塾大学[法学部]
慶應義塾大学[経済学部]・慶應義塾大学[商学部]・上智大学[経済学部]・青山学院大学[国際政治経済学部]・立教大学[経営学部]・中央大学[総合政策学部]・成蹊大学[法学部]
D・I

先生の指示通りにやって合格

他の予備校とは違う早稲アカの良いところは、少人数クラスということです。生徒は先生にしっかりと認識され、意思疎通をしながらの授業の理解度は、大手予備校のそれとは全く異なると思います。伊勢先生の世界史は今までやってきた範囲を授業の流れに合わせて生徒に答えさせるため、念入りに構成されていました。僕は先生の指示通りに、習ったばかりの範囲だけではなく、既習の範囲も忘れないように復習していました。先生の世界史をしっかりとこなせば早慶レベルでも浪人生に負けない力を付けることができます。高校1年生の段階では学校の定期試験で世界史の点数が平均点くらいだった僕が、先生の指示通り勉強していくうちに、最終的には学校でも2位になり、センター試験でも満点を取れました。僕は世界史の安定が、現役合格に繋がったと確信しています。

慶應義塾大学[文学部]
早稲田大学[文学部]・早稲田大学[文化構想学部]・早稲田大学[教育学部]・上智大学[文学部]・上智大学[法学部]・青山学院大学[教育人間科学部]・立教大学[文学部]・日本女子大学[文学部]
K・U

早稲アカの良いところ

早稲アカの良かった点は3つあります。まずはサクセスダイアリーで勉強時間を管理できたことです。私の場合は得意な国語を最低限にして苦手な英語に時間をかけるなど、勉強時間チェックシートを色分けして塗ることで科目の比重を調整できました。2つ目は必勝講座です。たくさんの同じ志望校の人たちと毎週一緒に8時間の授業を受ける中で、リアルな自分の位置も分かり、すごく刺激を受けました。3つ目は先生方の面倒見の良さです。過去問のやり方や頻度もはっきりと指示してもらい、記述は添削をしてもらってすごく力が付いたと思います。志望校を決める時も相談にのってくれて心強かったです。直前期や受験が始まってからは本当に孤独でつらかったけど、早稲アカで頑張ってきた日々を思い出して乗り越えられました!ありがとうございました。

慶應義塾大学[文学部]
明治大学[法学部]・法政大学[法学部]・法政大学[経済学部]
W・R

早稲アカとともに戦った受験という団体戦

「受験は団体戦だ」とよく言われますが、これは本当です。これは、難関大学の合格者のほとんどを上位層に位置する高校の出身者が占めているのを見れば一目瞭然です。上位校出身者の合格率が良いのは単に個々の学力が高いからというよりも、勉強する気にさせる環境が常に整っているからです。合格者はそのような環境の中で切磋琢磨しながら成績を伸ばしていくのです。しかし、上位校に身を置かない人も、彼らに引けを取らないほどの「団体戦」を展開することはできます。私が早稲アカに通ったのは、勉強をやる気にさせ、切磋琢磨しながら成績を伸ばす環境があったからです。また、自分一人だけで勉強する難しさを克服し、入試に関する情報を得るために塾を積極的に活用しました。先生と難関大を目指すライバルが身近にいる環境で勉強するのは成績を伸ばすうえで効果的です。これから大学を目指す皆さんも、この体験記を参考にして早稲アカで頑張ってほしいです。最後に、お世話になった先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

学校選択に戻る

明治大学

明治大学[理工学部]
立教大学[理学部]・青山学院大学[理工学部]・青山学院大学[社会情報学部]・芝浦工業大学[システム理工学部]
I・E

学んだこと。

まず僕は高1のとき入塾した。それから二年、僕は多くのことを学んできた。そして希望していた大学に見事合格した。その学んできたものの中で大切だと思ったことをいくつか紹介していきたいと思う。
一つ目はコツコツやることの大切さだ。なぜコツコツやるのか?個人的な意見だが一日で一気にやろうとするとこなさなければならない課題の量が膨大になり、勉強のやる気を損ねてしまうからだ。ゆえに勉強の習慣をつける意味でもコツコツすることは重要である。
二つ目は一つレベルの高い環境(TWの方は除く)で勉強することの良さだ。自分が第一志望にしている大学に合格する人はそこを第一志望にしている我々よりワンランク上の人々が多くいるので本当のライバルを知るためにも一つレベルの高いところで勉強すべきだ。

学校選択に戻る

青山学院大学

青山学院大学[経済学部]
獨協大学[外国語学部]・獨協大学[国際教養学部]
Y・Y

ありがとう早稲アカ

私は高校3年生の春に早稲アカに入塾しました。入った当初は部活もやっていて両立するのはとても大変でした。それに勉強の方法もわからなく、意欲もありませんでしたが先生方からアドバイスを受け、次第に意欲がわいてくるようになりました。私は特に世界史が好きな教科だったので、自分の興味のあるものから勉強して、あまり興味のわかない教科へと継げていくように勉強しました。合宿や特別講座では苦手なものも得意なものも全部強化してくれたと思います。それにライブ授業なのですぐに質問できたり周りの皆との交流や緊張感があるので、映像授業にはない良さがあります。私は早稲アカに来なかったら、大学受験についての知識が何もないまま挑んでいたと思うと、どこにも受からなかったと思います。早稲アカを選んで良かったと思います。

学校選択に戻る

立教大学

立教大学[社会学部]
日本女子大学[文学部]・東京女子大学[現代教養学部]・立教大学[文学部]・青山学院大学[文学部]
A・S

自分と向き合い進み続けること

私には苦手科目がありました。夏休みが明けてからも苦手意識は拭えず、かなり苦しみ、授業後トイレで泣く事もありました。毎日不安でした。しかし担当の先生が見捨てずに声をかけてくださって、私は何故か救われた気分になり、その日から苦手意識はなくすことができました。受験期間は皆ある程度不安定になるものだと思います。でも誰かが手を差しのべてくれたり、ほんの少し人と話すだけで何かが変わることがあるのだと思いました。時間は私を待たずに過ぎていきます。その時間を無駄にせぬよう、自分と向き合い、時には誰かの手助けを借りて、進むことが必要です。必ず私の周りには味方がいて、それは先生であり友達であり家族でもありました。全てが終わった時、その人達と笑い合えたのは、努力した自分と、支えてくれた皆のおかげでした。ありがとう!

学校選択に戻る

関連コンテンツ

高校生コースTOP

高校生コースTOP

大学受験をサポートする進学塾・学習塾「早稲アカ」で、夢への一歩を踏み出そう

大学受験お悩みQ&A

大学受験お悩みQ&A

大学受験に関する不安や疑問について、早稲田アカデミーがお答えします

早稲アカの魅力

早稲アカの魅力

早稲田アカデミーは生徒の「第一志望校合格」を全力で応援します

SUCCESS ROAD 2017

SUCCESS ROAD 2017

中・高・大学受験合格者インタビュー 。見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

資料のご請求 (無料)

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。