1. 早稲アカ HOME
  2. 高校生
  3. 2019年度 大学受験 現役合格実績
  4. SUCCESS ROAD 2019 大学受験
  5. 2019年度 大学受験 合格者インタビュー

2019年度 大学受験 合格者インタビュー

合格者インタビュー

東京大学[理科一類] 進学
岡﨑 翔さん

受験を意識し始めたのは2年生のころです。早稲アカでレベルの高い仲間に囲まれ、周囲から刺激を受けながら学ぶうちに、大学でもハイレベルな環境で自分を高めていきたいと思い、東大を第一志望校に決めました。苦手な数学と英語の成績が伸び悩む時期もありましたが、先生にもらったプリントに取り組み、わからないところを確実に理解していくよう心掛けました。また、落ち込んだときお互い励まし合える仲間がいてくれたことが支えになりました。学力の向上を実感できたのは、3年生の冬です。「東大必勝冬期合宿」のテストでは、英語で理系1位に。これまで努力を積み重ねてきたことが結果に表れ、自信が付きました。スランプを乗り越え、直前期にしっかり成績を上げられたことが合格につながったと感じています。

東京大学[理科一類] 進学
杉山 敬太さん

東大受験に向けて苦手な英語を克服するため、まずは基礎知識の定着を徹底しました。また、問題集は解説を隅々まで読み込み、「東大必勝模試」も全て受験。すると、2年生から3年生にかけて成績が飛躍的に伸びました。
ところが、二次試験対策に集中し過ぎたせいか、センター試験の結果が自分の目標点に届かないという緊急事態に……。不安のなか「まだ諦めてはいけない」と自分を奮い立たせ、演習を重ねました。「絶対に逆転合格できる!」と何度も励ましてくれた先生方には本当に感謝しています。
はじめから成績が良かったわけではありません。早稲アカには優秀な生徒がたくさんいて、追い掛ける背中が多かったから、闘志に火が付いたんです。早稲アカで競い合う楽しさ、学びの面白さを知ったことが、何よりの収穫です。

東京大学[文科一類:推薦] 進学
武藤 彰宏さん

高校入学後から東大を意識していたものの、部活で役員を務めたり高校のプログラムで短期留学したりと忙しく、なかなか勉強できない日々が続いていました。意識が変わったのは2年生の冬。1年後に受けるセンター試験の問題を解いてみたところ、全く点数がとれなかったのです。先生からの「このままだと東大は厳しいぞ」という厳しい一言で、ぼくのやる気に火が付きました。
3年生の夏には地理オリンピックの世界大会、秋には推薦入試の書類や面接の準備と、その後も忙しい毎日でしたが、予習よりも復習を大切にする早稲アカのカリキュラムときめ細かな添削指導のおかげで、力を高めていくことができました。
総合的な教養を深めていけるのが東大の魅力。さまざまなことを自由に思い切り学ぶのが、今から楽しみです。

東京大学[文科二類] 進学
中村 香里さん

勉強を進めるうえで心掛けていたのは、小さな目標を決めることです。1週間単位の勉強量やスケジュールを細かく設定し、一つずつ達成していくようにしていました。先生方は、私の小さな成長にも気付いて声を掛けてくれたので、それが励みになりました。早稲アカの授業は進度が速いですが、その分、授業を通じて何度も反復学習することができます。そのたびにより深い内容を学習できるので、着実に力を伸ばすことができたと思います。先生や家族の応援に支えられ、直前期は朝から夜遅くまで自習室で問題演習に取り組みました。

受験を通して感じたのは、「挑戦しなければ何も始まらない」ということ。目標達成への道のりがどんなに遠くても決して諦めず、まずは行動を起こし、努力し続けることが大切だと思います。

信州大学 [医学部・医学科] 進学
渡邉 吾利武さん

幼いころから、多くの人に信頼される小児科の先生に憧れていました。医学部を目指そうと決めたのは1年生のころです。目標が明確になったことで、早い段階から受験を意識して勉強に取り組むことができました。早稲アカのハイスピードなカリキュラムにしっかり付いていくことで、苦手な数学の成績も大きく伸びました。わからないことはアシストスタッフに質問し、すぐに解決するようにしました。相談できる人が身近にいる環境が、とても良かったです。
私大が不合格だったときは、後がない状況に焦りました。でも、校長先生に「自分を信じろ」と励まされ、信州大の過去問の解き直しを徹底。結果、センター試験も二次試験も実力を最大限に発揮できました。先生方に良い報告ができて、本当にうれしいです!

  • アシストスタッフ…生徒からの質問対応・進路相談にあたる難関大学の現役学生スタッフ

金沢大学 [医薬保健学域・医学類] 進学
新井 雄大さん

人と触れ合う仕事、困っている人の力になれる仕事がしたいと思い、医師を目指すようになりました。ぼくが在籍していたTopwiNクラスは優秀な生徒ばかり。ハイレベルな友人に囲まれ、負けないように勉強していくうちに自然に学力が高まっていきました。理数系が得意だったわけではなく、特に数Ⅲは難しいと感じることもありました。しかし、早稲アカの授業で先取り学習ができたため、まず学習内容の輪郭をつかみ、その後学校の授業や復習でしっかり定着させることができました。
合格を知ったときは、あまり実感が湧きませんでした。でも、入学手続きを進めているうちに、「いよいよ新しい挑戦が始まるんだ」とうれしさが込み上げてきました。入学後は授業に加えて部活、アルバイトとさまざまなことに挑戦し、両立させていきたいです。

  • TopwiNクラス…東大をはじめとする最難関大学現役合格を目指す生徒を対象とした選抜クラス

一橋大学 [社会学部] 進学
野入 葵さん

一橋大を志望校に決めたのは、2年生の秋です。塾の面談で、校長先生から「一橋大を目指してみないか」と提案されたことがきっかけでした。到底届かないと思っていた大学だったので、はじめは非常に驚きましたが、期待に応えたいという気持ちもあり、受験を決意しました。現状に満足するのではなく、高い目標を掲げたことで勉強に対する意欲が湧き、学力向上につながりました。
合格の決め手は、苦手科目だけでなく、得意科目も怠りなく勉強したことです。得意な日本史は、模試の結果が良くても「まだまだ伸ばせるはず!」と自分に言い聞かせ、粘り強く勉強を続けました。「一橋大必勝コース」で日本史の「400字記述」を繰り返したことで記述力・表現力が身に付き、それが一橋大合格につながったと実感しています。

東京医科歯科大学[医学部・医学科] 進学
堀部 将太さん

中学3年生で理系を選択し、家から通える医科歯科大を志望校に決めました。早稲アカの授業は発問を中心に進められます。先生から指名された他の生徒が良い発言をすると、少し悔しい反面、すごくやる気が出ました。また、授業を通して試験の時間配分などの実戦的なことを学べたのも良かったです。
高校3年生の夏、「東大模試でA判定を取る」という目標を達成することができ、自信が付きました。ところが、9・10月になると文化祭の準備に時間をとられ、成績が大きく下がってしまいました。焦る気持ちもありましたが、「医学部必勝コース」の授業に真剣に取り組むことで、持ち直すことができました。
大学では、知識を学ぶだけでなくコミュニケーションスキルも磨き、患者さんから信頼される医師を目指します。

早稲田大学[社会科学部] 進学
室谷 咲紀さん

早稲アカ大学受験部の印象は、「先生が近くで見守ってくれる塾」です。私は自分から質問するのが少し苦手だったのですが、先生の方から授業後に「わからないことはなかった?」と声を掛けてくれることも。困ったときは、何度も先生方に支えてもらいました。例えば世界史の点数が伸び悩んでいたときには、「きちんと予定を立てて進めよう」と助言をいただき、夏休み中に通史を網羅できるよう計画を立てました。進捗を確認するのに使用していた「サクセスダイアリー」は、学習進度や勉強時間が一目でわかるように工夫されていて、とても使いやすかったです。また、苦手科目の現代文は、「過去問の解説を自分で再現できるように」という英語の先生のアドバイスも参考にし、直前期に演習を繰り返したことで、試験本番では得点源になりました。

  • サクセスダイアリー…早稲田アカデミー大学受験部の塾生手帳
萩原 一樹さん

早稲田大学 [教育学部] 進学
萩原 一樹さん

早稲アカで最も印象的だったのは、英語と世界史の両方を教えてくれた先生です。ハイレベルな内容にも関わらず、生徒一人ひとりの理解度を確かめ、フォローしながら進める授業スタイルに感動しました。ぼくは世界史が苦手だったのですが、みんなで声に出して復唱するなど、先生の工夫された授業のおかげで少しずつ勉強することが楽しくなりました。また、文化史や現代史などはテレビの特集番組を見て流れを押さえるなど、自分でも工夫しながら勉強した結果、得意科目といえるまでに成績が大きく伸びました。
合格の報告をしたとき、普段はなかなか褒めない先生が「よく頑張った!」と一言。本当にうれしかったです。将来の夢は高校の教員です。早稲アカで出会った先生のように、生徒たちに学ぶ楽しさを伝えられる教師を目指します。

慶應義塾大学 [文学部] 進学
栗原 悠さん

早稲アカは少人数制のクラスで先生との距離が近く、わからないことは気軽に質問できるのでとても助かりました。「同じ勉強量でも、高2と高3では伸びが違う」という先生のアドバイスを受け、本格的に受験勉強を始めたのは2年生の夏です。早めにスタートした分、ときには勉強に乗り気になれない時期もありましたが、そんなときも「まず机に向かう」ことを心掛けました。苦手科目だった国語は自分に合った勉強方法がわからず苦労しましたが、先生のアドバイスを受けて、プリントや問題演習に繰り返し挑戦。少しずつ点数が安定するようになりました。
得意科目が英語なので、大学ではコミュニケーションの面でより役立つような語学力を身に付けたいです。将来的には留学も視野に入れ、学びを深めていきたいです。

慶應義塾大学[理工学部] 進学
髙橋 茉莉奈さん

幼稚園のときから一貫校で過ごした私にとって、大学受験が自分の力で挑む初めての「受験」でした。1年生の早いうちから進路や勉強の進め方を相談したかったので、少人数のクラスで先生との距離が近い早稲アカを選びました。先生方は一人ひとりの志望校や成績、さらに苦手な問題も把握したうえでアドバイスしてくださるので、とても話しやすかったです。3年生の11月に過去問演習を始める際にも、はじめに挑戦すべき大学や志望校と出題傾向が似ている大学、重点的に取り組んだ方がいい大学を一緒に考えて、スケジュールを組み立てていただきました。結果を見るまでは正直不安でしたが、先生方からの励ましで諦めずに続けてきたことに自信を持ち、挑戦することができて本当に良かったです。「受験」は私にとって大変貴重な経験になりました。

2019年 東大合格発表風景

2019年 東大合格者インタビュー

2019年の合格発表の様子や合格者のインタビューをご覧いただけます。

関連コンテンツ

高校生コースTOP

高校生コースTOP

大学受験をサポートする進学塾・学習塾「早稲アカ」で、夢への一歩を踏み出そう

大学受験お悩みQ&A

大学受験お悩みQ&A

大学受験に関する不安や疑問について、早稲田アカデミーがお答えします

早稲アカの魅力

早稲アカの魅力

早稲田アカデミーは生徒の「第一志望校合格」を全力で応援します

入塾について

入塾について

入塾までの流れや安全対策についてご覧になれます

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

模試・講座・イベントなどの情報をお届けします。