1. 早稲アカ HOME
  2. 高校生
  3. 2018年度 大学受験 合格実績
  4. SUCCESS ROAD 2018 大学受験
  5. 2018年度 大学受験 合格者インタビュー

2018年度 大学受験 合格者インタビュー

更新情報

2018/5/31
合格体験記合格者インタビューページが新しくなりました。

合格者インタビュー

東京大学[文科Ⅰ類] 進学
後藤 優作さん

高校3年の秋、文化祭の準備に追われて勉強から離れてしまった時期がありました。その結果、成績は下降。焦りましたが、早稲アカの先生方のおかげで回復させることができました。たとえば国語では、何度も答案を添削していただくことで合格レベルまで学力が向上しました。また、最初はE判定だった日本史もマンツーマンで補講していただき、受験本番には得点源に。先生方の熱心さが、早稲アカの大きな魅力だと思います。

大学受験を通して身についたのは、自分を冷静に分析する力です。苦手な部分を把握し、その克服に向け自ら対策を立てるスキルを、今後の大学生活にも大いに役立てていきたいです。

東京大学[文科Ⅰ類] 進学
横山 花さん

私は中学1年のときから早稲アカに通っていました。熱心に教えてくださる先生や、お互いに刺激を受け合えるクラスメイトの雰囲気が私にピッタリだったからです。早稲アカの授業では、先生の解説を聞いているだけではなく自分の頭で考える時間が多いので、思考力が鍛えられます。授業中に突然、先生から質問が投げかけられるたびに、自分なりの答えを生み出すのは想像以上に難しかったです。しかし、上手く答えられたときに先生から「いい答えだね!」とほめていただくと、大きな自信につながりました。たとえ解けなかったとしても、自分で考えてから先生の解説を聞くことで、より理解を深められました。授業以外の時間は、東大と医学部を志望している生徒が利用できる東大・医学部クラブの駒場館で自習していました。そこには現役東大生のアシストスタッフが常駐していて、わからない問題について質問するととても丁寧に教えてくれます。また、直前期になっても私立の併願校が決められず悩んでいたときには、さまざまな学校・学部のパンフレットを一緒に見ながら相談に乗ってくれて、とても頼りになりました。

合格の決め手は、「自分は合格する」と信じ続けたことです。先生からは「緊張したら『自分は受かる、受かる、受かる』と念じるといいよ」とアドバイスをいただきました。試験当日、最寄り駅から会場に着くまで「私は受かる」と念じ続けたことで、落ち着いて自分の実力を発揮できました。東大では、さまざまな科目の授業を選択できるのが楽しみです。今後も多くのことを積極的に学び、自分の視野をどんどん広げていきたいです。

東京大学[理科Ⅲ類] 進学
岩瀬 裕爾さん

ぼくが入塾したのは、中学2年の3月です。開成高校への進学を目指していたので、合格実績の豊富な早稲アカを選びました。高校に進学した後も、先生が一方的に授業する塾には馴染めず、生徒とのやりとりを重視する早稲アカの授業が自分には合っているなと感じました。

宇都宮に住んでおり、片道1時間半かけて新幹線通学をしていて、早稲アカのある日は帰宅時間が23時を過ぎることも。そのため、家で勉強する時間があまり取れず、「新幹線ではどんなに疲れていても必ず勉強する」というマイルールを決めて、車内の机を使って、主に塾や学校の宿題に取り組みました。そうして毎日確保していた勉強時間は、今振り返るととても貴重なものだったように思います。

高校3年生の春から始まる東大必勝コースでは、同じ東大を目指す仲間と出会い、入試問題の対策を立てたり問題を解き合ったりと切磋琢磨できて、とても刺激を受け、また心強く感じていました。入試当日も、休み時間に友人と話をして気持ちをリフレッシュすることで、落ち着いて試験に臨むことができました。

今興味を持っているのは、大学の授業で第二外国語として選択したドイツ語です。TLP(トライリンガル・プログラム)という、英語に加えてもうひとつの外国語の運用能力を鍛える学習プログラムに参加して、ドイツ語を学んでいくつもりです。大学ではさまざまなことに積極的に挑戦し、見識を広めていきたいです。そして将来は、多角的な視点から患者と接することのできる医師になりたいと思っています。

東京大学[理科Ⅰ類] 進学
内山 美紀さん

東京大学を志望したのは、大学2年になってから学部を選択できる制度に魅力を感じたからです。本格的に受験勉強を始めたころは何から手をつけたらよいかわからなかったので、先生に相談しながら取り組むテキストの順番を決めていきました。また、アシストスタッフの方が教えてくださった数学のノート活用法がとても役立ちました。問題と解答を写すだけではなく、なぜそのような考えで解くのか、何について問われているのかまで丁寧に記入することで、理解を深められました。

後輩の皆さんには、なるべく早くから、コツコツ学習に取り組んでほしいと思います。それが結果的に、合格への近道になると思いますから。

東京大学[文科Ⅱ類] 進学
松本 知之さん

早稲アカの授業でもっとも役立ったのは、東大必勝コースの一環として、センター試験後から二次試験までの期間に計4回実施された「東大必勝テストゼミ」です。本番そっくりの問題を解き、直後に丁寧な解説と添削指導を受けることで、自分の学力や課題を正確に把握しながら、入試に向けて最終調整することができました。また、本番さながらの雰囲気でテストを受ける経験を積んだことで、試験当日も「テストゼミの最終回」というイメージを持つことができ、平常心で問題に臨めました。

早稲アカは、知識を詰め込むだけでなく、東大合格のために必要な力を着実に伸ばしていける塾だと思います。早稲アカを信じて本当によかったです!

東京大学[理科Ⅱ類] 進学
八坂 泰河さん

ぼくが早稲田アカデミーに入塾したのは高校3年の春です。スタートが遅かった分、入試までに残された時間を意識しながら学習に取り組むよう心掛けました。文化祭のために勉強時間がとれない時期もあったのですが、コツコツ努力を重ねたことで、目標とする点数に少しずつ近づいていきました。

ところがセンター試験1か月前の模試では、900点中700点足らずという結果に。そこからはセンター試験対策にも力を入れながら、徹底して復習に取り組みました。その結果、本番では予想を上回る823点を取ることができました。最後まで意欲を失わなかったのは、競い合える仲間がいたから。環境に恵まれたことに感謝しています。

資料請求はこちら資料請求はこちら

東京医科歯科大学[医学部] 進学
小野 駿三郎さん

みんなで頑張る雰囲気と、熱意あふれる先生が早稲アカの魅力だと思います。

ぼくの力を大きく伸ばしてくれたのは、数学の添削です。先生にお願いしようか迷っていると、先生の方から「提出しないのか」と聞いてくださるほど、親身に指導していただきました。真っ赤になって返ってくる答案には、解答の誤りの指摘だけでなく、詳しい解説や関連する知識についてもたくさん書き込まれていて、次第に点数も向上。東京医科歯科大学に合格できたのは、先生の添削のおかげだと思っています。将来は、多くの人を分け隔てなく救える医師になりたいです。そのためにも、入学後は海外留学を視野に入れて、精力的に学習に取り組んでいきたいです。

東京医科歯科大学[医学部] 進学
田辺 真菜さん

高校2年の夏から秋にかけて、模試の数学の点数が下がってしまったことがありました。ケアレスミスが原因だと考えて先生に相談したところ、「ミスにはさまざまなタイプがある。もっと細かく分析したほうがいいよ」と言われました。そのアドバイスを聞いて、慌てて自分の答案を再確認。すると、書き間違いと暗算のミスが原因だとわかりました。常に読みやすい字を意識し、慎重に計算することで次第に点数も回復していきました。

入学したら、部活や委員会に所属して人とのつながりを持ちたいです。大学には国籍・出身地の異なる個性豊かな学生が集まっていると思うので、視野を広げることができればと思っています。

千葉大学[医学部] 進学
竹原 天道さん

ぼくが合格できたのは、早稲アカで出会った友人のおかげだと思います。特に印象に残っているのは、直前期、毎日ラウンジに集まって取り組んだ「質問会」です。勉強していて解けなかった問題を持ち寄り、みんなで考えたり教え合ったりすることで、理解がどんどん深まりました。また、「一緒に頑張った友人と喜び合うためにも合格したい」という気持ちが生まれ、モチベーションが高まりました。

将来の夢は、小児科医となって自分の病院を持つことです。早稲アカは先生と生徒の距離が近く、相談しやすい雰囲気がありました。ぼくも患者さんと近い距離で接しながら、安心してもらえるような空間をつくっていきたいです。

一橋大学[商学部] 進学
寺内 杏さん

受験勉強では、できるだけ多くの課題に取り組むように心掛けていました。それでも、高校3年の秋の模試で判定結果が悪かったときは本当に不安で……。しかし、先生にたくさん話を聞いていただくことで、気持ちが楽になりました。試験直前には、日本史の先生に100枚を超える答案を添削していただきました。1枚1枚、解き方だけでなく周辺知識についても丁寧に解説してくださって、とてもわかりやすかったです。

また、「どんなに難しい論述問題も、必要なポイントを押さえていれば部分点がもらえる」という助言をもとに、単語の暗記に集中しました。不安に打ち勝ち、本番で力を発揮できたのも、先生方のサポートのおかげです。

資料請求はこちら資料請求はこちら

早稲田大学[政治経済学部] 進学
市野川 凌汰さん

合格の決め手は、最後まで諦めず、モチベーションを維持して勉強し続けたことだと思います。成績が伸び、当初目指していた大学のレベルに達しても、そこで立ち止まることなく自分の目標をさらに高く設定したことで、最後まで成長し続けることができました。

早稲アカの授業では定期的にテストが実施されたため、それらにしっかり取り組むことで基礎力を身につけられました。その後、演習と復習のサイクルを繰り返したおかげで、確実に力を高めていけたと思います。高校3年の春、過去問に取り組み始めたころは「1年後、ちゃんと解けるようになるのかな?」という不安もありました。しかし、たどり着くべきゴールを早い段階で意識することで、「本番に向けて何をすれば良いか」を逆算して考えながら学習を進めることができました。

入試直前も、過去問を中心に取り組み、自分で解説できるようになるまで復習しました。ただやみくもに勉強するのではなく、「どうして間違えたか」「何故できなかったか」を分析することで、本番に生かせる、意味のある学習となるよう心掛けました。自分の苦手ポイントを徹底して分析すれば取り組むべき問題がわかってくるので、この時間はとても有意義だったと思います。

1年間を通して勉強を続けるには根気が必要です。大切なのは、目標を高く持つこと。後輩の皆さんにも、「これだけやったから受かる!」と自信を持って入試に臨んでほしいです。

早稲田大学[国際教養学部] 進学
水野 理子さん

バレーボール部の活動に高校3年の夏まで励んでいたため、勉強との両立は簡単ではありませんでした。それでも無事に志望校に合格できたのは、早稲アカの先生方のおかげです。「いつまでに何をやるべきか」という勉強の年間計画を細かい部分まで一緒に考えていただいたことで、忙しいなかでもうまく時間を見つけて学習を進められました。また、部活が終わった後は授業がなくても塾に行くことで、学習を習慣づけられました。

ずっと苦手だった国語は、とにかく時間をかけて取り組みました。はじめは語句・知識など、基礎を固めるところからスタートし、自分のレベルに合わせて段階を踏みながら過去問を解き進めていきました。第一志望の学部の入試はマーク形式の問題が多かったのですが、直前期は記述式の問題にも積極的に取り組んだことで、総合的な思考力を伸ばせたと思います。

試験当日は昼食が喉を通らないほど緊張しましたが、直前に取り組んだ頻出分野の対策や、必死で覚えた世界史の知識が役に立ち、落ち着いて解き進められました。

勉強をやめたいと思ったことは何度もありましたが、合格を手にした今、「諦めずに続ければこんなに嬉しい経験ができるんだ」という喜びでいっぱいです。受験を通して、頑張り続けることの大切さを改めて実感できました。

慶應義塾大学[薬学部] 進学
青木 遥さん

高校3年の春、苦手な英語の成績が伸び悩み、どれだけやっても手応えを感じられずに落ち込んでいた時期がありました。そんなとき、悩む私に先生は「1日30分でもいい。苦手科目から逃げずにやってみよう」と言ってくれました。この言葉が励みとなって、くじけずに頑張ろうという気持ちが湧き、単語学習や長文読解にも毎日積極的に取り組めるようになりました。

私が大きく変わったのは、夏期合宿のときです。長時間集中して学習する経験をしたことで、家庭学習のときの集中力も高まりました。また、受験に対する意欲の面でも大きな変化がありました。同じ大学を目指すライバル同士でテストの結果を競い合い、「もっと頑張らなきゃ」と刺激を受けたことがプラスになったのだと思います。入試直前は、先生に添削してもらいながら過去問に集中して取り組みました。はじめはなかなか良い解答が書けず、先生の書き込みで答案が真っ赤になるほどでした。それが、数を重ねるたびに先生の添削が減っていったことで、「弱点を克服できているんだ」と実感することができました。

そして迎えた試験当日。不安な気持ちもありましたが、自分なりにこれまで積み上げてきた努力が自信となり、良い緊張感のなかで問題を解くことができました。“地道な努力”が得意だったわけではありません。そんな私が最後まで頑張り抜くことができたのは、自分の目標に向かって一生懸命努力している人がたくさんいる早稲アカだったから。念願の合格をつかむことができた今、諦めずに勉強を続けられた環境に感謝しています。

慶應義塾大学[総合政策学部] 進学
佐川 華音さん

高校3年の6月まで部活を続けていたこともあり、5月ごろまではあまり勉強に身が入りませんでした。自習室に行っても、集中していなかったり居眠りをしてしまったり……。そんなぼくが受験に対して本気になったきっかけは、先生の言葉でした。面談に呼ばれて、「自分のなかに“諦め”があるんじゃないか?でも、本気になれば絶対にまだ間に合う。周りの誰もが“頑張っているな”と思うくらい努力してみよう」とアドバイスされました。最初はしぶしぶ取り組んでいましたが、次第に隙間時間にも参考書を眺めることが習慣となり、結果的に成績が大幅に向上しました。あのとき、自分の弱い部分をはっきり指摘してくれた先生に、今はとても感謝しています。

合格の決め手は、とにかく“勉強量”にこだわったこと。夏休みは自習室が開くと同時に入室し、22時まで勉強し続けました。長時間取り組むことで、学力だけでなく忍耐力や集中力も身についたと思います。また、自習室を利用している生徒同士が自然と仲良くなって、お互いに苦手な分野を教え合えるようになったこともプラスになりました。

総合政策学部の特長は、文理融合。その利点を生かして、幅広いジャンルを学んでみたいです。ITと環境に興味があるので、将来はその2つを組み合わせてさまざまな問題を解決できる人になりたいと思っています。

慶應義塾大学[法学部] 進学
初見 萌々子さん

高校では附属大学に進学する友人が多かったのですが、早稲アカには難関校を目指す生徒が集まっていたため、ハイレベルな環境で学習に集中することができました。苦手だった日本史は、毎週実施されるテストに合格できるよう、欠かさず復習しました。その成果が出始めたころ、日本史担当の先生が「きちんと復習しているね」と私の努力に気づいてほめてくださり、すごく嬉しかったです。夏期講習会では、計6時間を日本史に費やすことも。集中的に勉強し、成績が大きく伸びたときは、「努力は実を結ぶ」ということを実感しました。

秋になると、周囲には推薦などで進路が決定した人も増え、気持ちが弱くなってしまうこともありました。でも、早稲アカに行けば誰もが目標に向かって一生懸命取り組んでいて、私も「最後まで頑張ろう!」と思えました。

そして迎えた入試本番。「やれるだけのことはやった」という自信があったので、落ち着いて試験に臨めました。また、直前の対策が役に立ち、苦手だった日本史でも手応えを感じることができました。

発表の朝、「合格」の文字を見た瞬間は夢を見ているようでした。憧れの大学へ入学できた今、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。大学受験を通して、たゆまず努力することの大切さを知りました。

後輩の皆さんも志望校合格に向け、後悔のないように頑張ってください。

資料請求はこちら資料請求はこちら

2018年 東大合格発表風景

2018年 東大合格者インタビュー

2018年の合格発表の様子や合格者のインタビューをご覧いただけます。

関連コンテンツ

高校生コースTOP

高校生コースTOP

大学受験をサポートする進学塾・学習塾「早稲アカ」で、夢への一歩を踏み出そう

大学受験お悩みQ&A

大学受験お悩みQ&A

大学受験に関する不安や疑問について、早稲田アカデミーがお答えします

早稲アカの魅力

早稲アカの魅力

早稲田アカデミーは生徒の「第一志望校合格」を全力で応援します

入塾について

入塾について

入塾までの流れや安全対策についてご覧になれます

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。