バイリンガル講師

バイリンガル講師

IBSの講師は全員が優秀なバイリンガル(日本語と英語)です。全員が英検1級、もしくはTOEIC/TOEFL満点クラスのスコアを持っています。
IBSがバイリンガルにこだわる理由は2つあります。
1つは、保護者の皆様、お子様のお気持ちに敏感でありたいからです。「お父さん、お母さんと"おしゃべり"ができる」こと。これはお子様の教育に参加させて頂く上で不可欠です。 もう1つは、バイリンガルこそ、異なる言葉、異なる文化の中で、揉まれ、悩み、学んだ「生きたお手本」だからです。「英語のネイティブ・スピーカーであること」と、「どちらの言葉もネイティブであること」は違います。後者の人たちだけが持つ、「英語で苦しんだ経験」「自分で勉強した事実」を大切にしています。

保護者

IBSの最大の特徴は、保護者の皆様もご一緒に教室に入っていただくことです。 もちろん保護者の方は英語が堪能である必要はありません。 むしろ「お母さんがボクと一緒に勉強している!」「わたしと一緒に英語に挑戦している!」といった喜びをお子様に感じさせてあげてください。

IBSプログレス・コミッティ

英語指導経験、海外経験豊富なスタッフ陣がIBSの自慢の1つです。定期的にコミッティ(委員会)を開き、お子様お一人おひとりの学習進捗状況を確認していきます。 言語教育学的、教育心理学的アプローチを踏まえるのはもちろんですが、ここには早稲田アカデミーならではの「塾の先生」の魂があります。 「さぁ、一緒に夢を叶えよう! 先生がついてるから心配ないよ!」――そんな想いでお子様、お一人おひとりの学習を見つめています。

資料請求はこちらから!まずは早稲田アカデミーに関する詳しい資料をご覧ください。