1. 早稲アカ HOME
  2. お知らせ
  3. 「東京大学名誉教授柳沢開成学園校長夏休み特別講義」の様子

「東京大学名誉教授
開成学園柳沢校長
夏休み特別講義」の様子

平成29年8月27日(日)TKPガーデンシティPREMIUM神保町にて開成学園の柳沢校長先生をお招きし、「夏休み特別講義」を開催いたしました。4回目の開催となる今年のテーマは「人工知能と共に生きる」でした。当日は満席となり、大盛況のうちに無事終了いたしました。

2017/9/11

人工知能(AI)と共に生きる社会とは?

今回の特別講義のテーマは「人工知能と共に生きる」です。まずは柳沢校長先生が、漫画やアニメなどの身近な例を通じて「AIとは何か」をわかりやすく解説。続いて、生徒たちが「AIが発達した30年後の未来はどうなっているのか」を考え、4~5名のグループごとに意見をまとめました。iPadとSkypeを用いて柳沢校長先生に回答を伝えます。

30年後の社会は“豊か”なのか、AIは人間を“幸せ”にできるのか

「各家庭にAIなどのロボットがいて、家事をしてくれる」「農業などの生産活動をAIが行うようになる」など、生徒が想像した「30年後の社会」について、さらに考えを深めていきます。ただし、自由に考えるのではありません。グループごとに「AIと豊かさ」に関する4つの考え方が割り振られ、生徒たちはその立場に従って意見をまとめていきます。「貧富の差が広がると思う」「孤独な人が減ると思う」……。異なる立場から、さまざまな意見が発表されました。

役割に従って考える経験が、考え方の幅を広げる

“豊かさ”とは経済的なものなのか精神的なものなのか、それをもたらすのはAIなのか人間なのか……。自分の考え方から一旦離れ、与えられた「別の考え方」を経験してみることで、生徒たちはそれぞれ新たな気づきを得たようでした。柳沢校長先生からは、「未来がどうなるかは誰にもわからない。だからこそ、人間にとっての“幸せ”や“豊かさ”とは何なのかを考え続けていってほしい」というメッセージが贈られました。深い思考の時間を過ごした生徒たちの顔は、いきいきと輝いていました。

イメージギャラリー

  • 画像をクリックすると拡大表示されます。

資料請求
ご相談・お問い合わせ

資料のご請求 (無料)

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。