資料請求はこちら

中・高・大学受験 合格者インタビューSuccessRoad2015 合格者インタービュー!

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

麻布中合格 智紀くん 普通の学力からはじめて麻布中に合格できました!

早稲田アカデミーの授業で勉強が好きになりました。

智紀くんが早稲田アカデミーに入塾したきっかけは小学3年生の秋に受験した全国統一小学生テストだった。その後体験授業を受けて「授業が分かりやすくて楽しい」と感じ、入塾を決めたそうだ。早稲田アカデミーに実際に入塾しての感想は「学校の勉強も嫌いではなかったけど、早稲田アカデミーの授業を受けて勉強が好きになりました。先生が授業で分かりやすく教えてくれて、そしてその理解したことを使ってテストが解けたときは『面白い』と感じました」。

麻布中を目標にしたのは小学4年生から。

小学4年生の時に麻布中の学園祭と学校説明会に参加した智紀くん。「学園祭に参加した時に麻布生の人たちからすごく楽しそうな雰囲気が伝わってきて自分も麻布に行きたいと思うようになりました」お母様いわく「智紀は本当に普通の成績からのスタートでした」という彼が「麻布中合格」という目標を見つけたことで、勉強へのモチベーションが高まり、コツコツと勉強に打ち込むということを身につけていったそうだ。この後智紀くんはご両親とそして早稲田アカデミーの先生のサポートもあり、順調に成績を伸ばしていった。

負けたくない気持ちで頑張りました。

麻布中を目指す智紀くん。小学6年生からは志望校別対策のNN麻布クラスに入会した。NN麻布クラスでは麻布中を目指す生徒が一つの会場に集まり、麻布中合格に特化した授業が行われる。「難しい問題も先生が分かりやすく、楽しく教えてくれました」学力別に細かくクラス分けされているNNクラスの二番手クラスに在籍していた智紀くん。そんな彼のモチベーションを高めるのはライバルの存在だった。「一番手クラスの人たちに追いついてみせるという気持ちを持って頑張りました」

小学6年の夏休みでさらに一回り成長。

夏は受験生にとって非常に重要な期間となる。質と量が求められる中、智紀くんの夏休みは充実していたそうだ。「夏期講習会では先生方がいつも以上に熱のこもった授業をしてくれたので、自然と自分たちもやる気になって、家に帰ってからも勉強を頑張ることができました」早稲田アカデミーの本気・やる気のエッセンスが凝縮された早稲アカ名物夏期合宿にも参加した。ホテルは学力別に分けられており「夏休み前のテストで良い点数が取れなかったので、二番手ホテルでした。やっぱりそれが悔しかったので、合宿では頑張りました。その結果コンテスト授業で表彰される結果を取ることができました」夏休みの頑張り、悔しさ、そしてコンテスト入賞。こういった経験を積んで一回り成長し、半年後に迫った入試まで駆け抜けていった。

直前期の不調、見直しを繰り返す。

入試直前期になっても麻布の合格可能性は高い結果を得られない状態だった智紀くん。さらに直前の特別授業で実施する麻布中入試本番テストでも捗々しくない成績だったそうだ。「先生からはできなかった部分をしっかり復習するよう言われていました。そしてできるようになっても安心しないで、しっかりその勉強を続けるようにアドバイスをしてもらいました」その言葉を信じ、入試の前は間違えた部分をしっかりと復習し、見直しを繰り返したそうだ。

麻布中入試本番。NNのテストの方が難しかったです。

入試本番当日。「緊張はしました」というものの、実際に入試問題に挑戦してみると、「NNの授業のテストの方が難しく感じました。特に算数と社会は手ごたえがありました」という。しかし合格発表時はさすがに自分の番号があるのかどうか不安になるもので、「やっぱり不安もあったので、自分の番号を見つけた時は本当に嬉しかったです」麻布中に入学してまずは部活に打ち込みたいそうだ。将来の夢は未定。「麻布中でいろんなことを学びたいです。そしてその中で自分のやりたいことを探していきたいと思います」「麻布中合格」という目標を小学4年生から持ち続け、そして見事に達成した智紀くん。努力し続けることで道は開けるということを見事に証明して見せたのだった。

智紀くんのお父様とお母様のお話

智紀は入塾当初本当に普通の学力でしたが、早稲田アカデミーの先生方が智紀の「麻布中合格」という意思を汲んでくれて、非常に熱心にサポートしてくださったので、合格に届くことが出来たのだと思います。NNの授業は麻布に合格するためのすべてが凝縮されていて非常に効果のある講座でした。主人もあらゆる面でサポートしてくれました。塾の送り迎えもそうですが、保護者会にも積極的に参加してくれて、理科や社会の知識は智紀と楽しみながら一緒に憶えさせるというようなことをしてくれて、本当に親子3人で掴み取った合格といえると思います。

その他の中学受験合格者インタビュー