資料請求はこちら

中・高・大学受験 合格者インタビューSuccessRoad2015 合格者インタービュー!

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

女子学院中合格 萌菜さん NNそっくりテストのおかげで本番も緊張せずに取り組めました!

早稲田アカデミーに入って、自分から勉強するようになりました。

萌菜さんが入塾したのは、小学3年生の冬。「通信教育の勉強では物足りなさを感じ、ちゃんと勉強を習いたいので自分から塾に行きたいと言いました」と萌菜さん。いくつか塾を見に行った彼女は、体験授業で受けた「私語のない緊張感のある授業」が自分に合っていると思い、早稲田アカデミーに入塾を決めたそうだ。入塾後は、「通信教育で勉強していたときは、お母さんに言われて課題を提出していたけれど、早稲アカに入ってからは自分から『やらなきゃ』と思って勉強するようになりました」と勉強に対する姿勢も変わったという。

文化祭で女子学院の先輩に憧れました。

入塾したころから中学受験を意識していた萌菜さんだが、女子学院中に志望校を決めたきっかけは小学4年生で参加した文化祭だ。「自由な校風の中でも一人ひとりがしっかりしていて、個性があって明るい生徒の皆さんに憧れて、女子学院中で勉強したいと思いました」こうして彼女の女子学院合格への道がスタートしたのだった。

ライバルたちから刺激を受けました。

小学6年生からはNN女子学院クラスに入会。「NN女子学院クラスは同じくらいの学力の子が努力しているから、テストの順位が下がると自分の勉強が足りなかったということがすぐわかりました。だから、勉強しなきゃいけないという気持ちになりました」と自分の勉強のモチベーションとなったようだ。また「あの子に負けたくないと思うようになった」とライバルの存在が彼女のやる気を引き出すきっかけになったとも語っている。

本番2週間前のスランプ脱出!

小学6年生の夏期講習会では、「1日10時間以上の勉強」を課されるが、それをきちんとやりきったという萌菜さん。早稲アカ名物夏期合宿にも参加し、その時のことを「夏期合宿はつらい時もあったけど、みんなが頑張っているので私も頑張りぬきました。終わった時には、もっと合宿で勉強していたかったくらいです。家でも合宿と同じようにはちまきして勉強したりしてました」と、とても刺激になったようだ。夏の学習が功を奏し順調に力をつけていた彼女だったが、11月頃から苦手な算数が足を引っ張りだしスランプに陥るまでに。このスランプは直前期まで抜け出すことができなかった。しかし先生からの「悔しくないのか」との叱咤激励が、彼女のやる気を引き上げ勉強に好影響を与えたようだ。「本番2週間前の直前特講のテストで初めて合格することができスランプから抜け出せました」と笑顔で振り返ってくれた。

憧れの女子学院合格!嬉し泣きしてしまいました!

入試当日。直前特講で成績が良かった時の答案や帳票を見てイメージトレーニングをしていた萌菜さん。この直前特講で本番同様のそっくりテストを何度も受けたことで心の準備ができたのか、本番も緊張せずに取り組むことができたという。そして2月3日の合格発表。女子学院校内の合格掲示板はお母様と確認したそうだ。「見たときは嬉しくて嬉しくて、嬉し泣きして、でもちょっと信じられなくて何回も見てしまいました」と喜びを分かち合ったそうだ。そんな彼女にこれから難関中学を目指す後輩たちへのメッセージをもらった。「テストの結果は、気持ち次第で変わると思います。落ち込んでいてもあきらめないで、私は絶対にこの学校に合格したいんだという強い気持ちを持って進み続けてください。いつか必ず報われる日が来ると思います。」

萌菜さんのお母様のコメント

勉強の面では先生を信頼していたのでお任せしていました。NNの志望校別対策はとても効果的で良かったと思っています。萌菜に対して厳しいことを言ってしまったこともありますが、最後まで親子で「絶対合格しようね」と同じ気持ちで歩んでこれたと思います。合格発表のときは本当に嬉しかったです。これから受験をされる皆さまも、受験の期間は長いですが、子供のことを信じて、先生を信じて、最後まで「必ず合格するんだ」という強い気持ちをもって応援してあげてください。

その他の中学受験合格者インタビュー