資料請求はこちら

中・高・大学受験 合格者インタビューSuccessRoad2015 合格者インタービュー!

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

東京大学理科Ⅲ類進学 建斗くん(国立 筑波大学附属駒場高校 卒業) 国際科学オリンピックで金メダル獲得!東大理IIIに合格しました!

国際科学オリンピックで金メダル獲得!

 建斗くんは、学ぶこと、知ること、そして試験が大好きだ。「テストは自分の能力が点数という形となってビジュアライズされるので楽しいです。」というのがその理由。アスリートが記録に挑戦し続けるように、建斗くんも自分の限界と戦うことに情熱を傾ける挑戦者だ。そんな彼は難関大学受験という枠を大きく超えて、「知のオリンピック」とも呼ばれる、科学技術に関する国際的なコンテスト「国際科学オリンピック」に出場をしている。出場しているだけでなく、なんと「数学」で銀メダルを「地学」で金メダルを受賞しているのだ。  

サクセス18の授業は、学習の道しるべになりました。

そんな建斗くんがサクセス18に入塾したのは高2の4月。小学生の時に早稲田アカデミーに通っており、難関中学を目指すハイレベルな環境で学んだ刺激を求めて、再び早稲田アカデミーの門を叩いた。「物理の勉強を始めたいけれど、独学では難しいと考えたので塾に行こうと考えました。すぐに思い浮かんだのがサクセス18でした。」サクセス18は科目別に受講可能で、さらにカリキュラムや先生の面倒見の良さもあり途中からの入塾でも安心だと感じたのも一つの理由だ。「授業は楽しく、物理をどう学習していけばいいかがわかりました。また、良い問題を選んで演習させてくれるのでとても役立ちました。」サクセス18の授業で出題される難問が(難しければ難しいほど)彼の学習意欲をかきたて、結果として学力の向上につながっていった。

冷静な分析力と勇気が合格を後押し!

建斗くんが東京大学理科III類を志したのは、将来の選択肢の多さからだという。「大学で様々な経験を経て、好きな道を選ぶためです。医学部にも行けるし他の学部にも行けるので選びました。」東京大学を目指すためにはやはり物理の受験対策だけでは難しい。そこで彼はサクセス18での受講科目を増やしたり、正月特訓など講座にも参加し、東京大学現役合格に必要な力をつけていった。そして日本最難関の東京大学理科三類に見事現役合格を果たしたのだった。 合格を手にした彼に理IIIに合格した要因について聞いてみた。「現状の自己分析をして、この点数をとれば理IIIに受かるという計算ができていました。計算通りの点数がとれるように勉強した結果、合格がついてきました」と淡々と語ってくれた。「他の学部も選べる中で、理III受験を選ぶ勇気を持つことが一番大変だと思います」とも語っており、彼のこの冷静な分析と日本最難関の東大理IIIを受ける勇気が合格を引き寄せたといえる。  

イグノーベル賞がとれるような人になりたいです。

将来は、まだあまり考えていないという彼だが、ノーベル賞よりイグノーベル賞の方に興味があるという。この賞は「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる。「イグノーベル賞を獲れる人に憧れます。研究者になるかわからないけれど、なるならそういう人になりたいです」早稲田アカデミーの「本気でやる子を育てる」という教育理念には、日本を、そして世界を牽引するリーダーを育てたいという想いもこめられている。彼の冷静な分析力と熱い行動力なら、必ず夢を実現させるに違いない。  

その他の大学受験合格者インタビュー