資料請求はこちら

中・高・大学受験 合格者インタビューSuccessRoad2015 合格者インタービュー!

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

早稲田大学社会学部進学 美桜子さん(私立 豊島岡女子学園高校 卒業) サクセス18の先生のアドバイス通りに勉強をし、
憧れの早稲田大学に合格しました!

サクセス18はアットホームな雰囲気が魅力です

美桜子さんがサクセス18に入塾したのは高2の冬。多くの予備校・塾からサクセス18を選んだのは、少人数制でアットホームな雰囲気が理由だ。実際にサクセス18の授業に参加し「私は人と話をするのが好きなので、先生と距離が近く、すぐ質問できることやアットホームな雰囲気はとても魅力」と感じたそうだ。美桜子さんの入塾当時の偏差値は50前後。早稲田大学合格のために1年で学力を伸ばす必要があった。
「これだけは集中してやろうという先生方の指示通りにやったら本当に成績も伸びました。サクセス18がなかったら今の私はいないと思います」

たくさんの刺激を受けた早慶大必勝クラス。

美桜子さんが所属していたのは吹奏楽部。部活との両立は大変だが、必ず毎日勉強するようにしていたそうだ。「勉強は毎日2~3時間はしていました。電車の中では、単語帳など手元で見られるようなものを使って勉強しました」
3年生からは志望校別対策の必勝コースにも入会した美桜子さん。「早慶大必勝クラスは、早慶大を目指す生徒がたくさんの校舎から集まってくるので、いつもの授業と雰囲気が違うし、いつもと違う先生に教わることでたくさん学ぶことがありました。また、同じレベルの学力の生徒と一緒に授業が受けられるのはとても刺激になりました」

サクセスダイアリーで志望校合格までのスケジュールを管理。

サクセス18でめきめき成績を上げていった美桜子さん。その受験生活において役に立ったのは「サクセスダイアリー」だ。サクセスダイアリーはサクセス18の生徒が使用している手帳で、毎日の予定や塾の宿題を書き込むことで時間を管理する習慣を身に付けることができる。さらに、課題や目標、テストの得点を記録することで自分の努力の軌跡が視覚化することが可能だ。
「何時から何時までという時間の枠、1日の流れをメモできるページとか、志望校に受かるためにどういうふうにやればいいのかと戦略をたてるページとか、過去問をまとめるページとかほんとにいろんなページがあって全体的に管理してもらっていました。社会人になってもサクセスダイアリーがあったらいいなって思いました」こうしてサクセスダイアリーを有効的に使い、志望校合格に向けて勉強を加速させていった。

憧れの早稲田大学合格!

受験直前は、起きる、寝る、食事をとるなどなるべく毎日同じ時間にして、リズムを一定に保つことを心掛けて過ごしたそうだ。迎えた入試当日。「すごく緊張しました。でも過去問演習も何度もしてきたので、そこまでガチガチに固まることはなかったです。いつも通りを意識しました」と当日の心境を答えてくれた。そして合格発表当日。「手ごたえがあまりなかったので、合格照会の電話を電車の中で聞いたら、受かっていて、一人で電車の窓を見ながら泣いていました」憧れの早稲田大学合格に向けて毎日コツコツと勉強を続けてきた彼女の努力が結果となって表れた瞬間だった。

その他合格校

早稲田大学教育学部、上智大学外国語学部・総合グローバル学部、法政大学法学部、日本大学法学部

その他の大学受験合格者インタビュー