早稲田アカデミー SuccessRoad2016 中・高・大学受験合格者インタビュー

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

中学受験を意識して、早稲田アカデミーに入塾

翼くんが早稲田アカデミーに入塾したのは、小学3年生の2月頃。知人の勧めもあり、入塾を決めたとのこと。早稲田アカデミーに入塾した頃から中学受験は意識していたが、志望校は決まっていなかったという。「入塾当初はちょっと宿題が多いなと思いましたけど、自分が成長していくにつれてだんだん慣れていきました」と、日々の学習のペースも掴み、学習を重ねていった。

早大学院の雰囲気に惹かれました

小学5年生の頃、中学受験に向けていくつかの候補の中から早大学院の学校説明会に参加した翼くん。その際、「何でも挑戦するような雰囲気があり、自分に合っている」と感じ、実際に学校を見て、早大学院に入りたいと思ったそうだ。
それから早大学院を目指した受験勉強が始まった。

NN早大学院クラスでの勉強

完全志望校別対策講座であるNN志望校別コース。エキスパート講師による専門性の高い授業に加え、同じ志望校を目指すライバルが1教場に集まり切磋琢磨できる環境が魅力だ。小学6年生からはNN早大学院クラスに入会し、目標に向かい日々学習に励んだ。
翼くんの勉強のモチベーションになったのはライバルの存在。「絶対負けないという気持ちを生み出してくれたので、とても良い存在だった。ライバルの存在がなかったら、本気で取り組むことも少なくなっていたかもしれない」と、お互いに切磋琢磨し、勉強に本気で取り組み、成長していった。

その時のベストを尽くしてきました

そんな中で、スランプに陥り、NN早大学院クラスの二番手クラスになってしまったこともあった。
お母様もそんな翼くんを見て心配なこともあったが、「逆に何もしないで普通に振る舞っていました」と、頑張っている彼を温かく見守られたそうだ。
翼くんに成績が落ちたときにどうやって克服したかを質問すると、「その時に出来ることを最大限にやり、NN早大学院クラスの先生の話をひとつも逃さず聞き、それを実行していきました」と答えてくれた。長い受験勉強、常にうまくいくとは限らない。その中でも、翼くんのように基本に忠実に取り組み続けることで道は開けるのかもしれない。
また、「次があるから大丈夫」と校舎の先生からも声を掛けられ、家族も支えてくれたことで乗り越えることができたという。

自信を持って迎えた当日、そして合格発表

いよいよ2月。「NN早大学院でずっと頑張ってきました。これで落ちたら縁がないと思える程、本気で取り組みました」という翼くんは入試当日の朝も、「今まで頑張ってきたことがようやく発揮できると思い嬉しかった」そんな気持ちだったそうだ。
当日の試験の手ごたえについて聞くと、「いつもやっていた教材よりも解きやすい問題もあったし、NN早大学院クラスの予想問題が的中していた問題もあった。直前にそっくり模試を5回やっていたが、6回目のそっくり模試のような気持ちで受けることができました」と、落ち着いて試験問題に向き合えたという。
入試が終わった時には合格を確信。しかし、合格発表時に実際に掲示板で自分の番号を見つけた時は、「合格が信じられなく、とても嬉しかった」と笑顔で語ってくれた。
『早大学院合格』という目標を持ち、見事達成した翼くん。早大学院に入学したら、まずは文化部と運動部の両方に入り部活に打ち込みたいとのこと。「早稲田大学政治経済学部に入ることが目標です」と語る翼くんの表情からは、まだまだ目標を見つめ頑張るという強い気持ちが感じられた。
最後に、中学受験で成功するために大切なものはという質問に、「合格するという強い気持ちを持って、最後まで頑張りきることが一番大切だと思います」と、力強く語ってくれた。

保護者様のお話

合格実績などから、早稲田アカデミーを選ばせていただきました。入塾してから、やるときはやる、休むときは休む、とオンオフのメリハリがつくようになりました。
本人も早大学院に入りたいという気持ちは強くあったものの、何をしていいかわからない状態だったので、早稲田アカデミーの先生方に道筋を切り開いていただきました。その結果、早大学院合格という目標を達成することができ、本人にとって、やればできるという自信になったと思います。
主人も送り迎えのサポートや、受験に関しての相談やアドバイスをする役目をしてくれるなど、家族で合格という目標に向かって頑張ってきました。早大学院という目標に向かって、家族の会話、また、校舎やNN早大学院クラスの先生方の言葉も大切にして受験勉強を乗り越えました。

資料請求はこちら【無料】|早稲田アカデミーのことがすべてわかる入学案内などの詳しい資料をお送りいたします。

その他の中学受験合格者インタビュー