早稲田アカデミー SuccessRoad2016 中・高・大学受験合格者インタビュー

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

先生の指示通り迷うことなく勉強し成績向上。自然と勉強する習慣がつきました。

「早慶の法学部に行きたい」と思っていたものの、彩華さんの入塾当初の偏差値は40台だった。「私は自分で管理して勉強をすることができないため、塾の授業だけでなくきちんと家庭学習の管理までしてくれる塾を探し、早稲アカ大学受験部を選びました。早稲アカは少人数で授業を行うため、一人ひとりを先生がきちんと見てくれました。」と早稲田アカデミー大学受験部への入塾を決めた理由を話してくれた。
勉強管理ツールであるサクセスダイアリーを活用し、時間を気にして各教科勉強していたそうだ。「自分が勉強した時間と科目を色分けし記入するので、自分が何をどれだけ勉強したかもすぐわかりモチベーションアップにもつながり役に立ちました。記入したサクセスダイアリーを毎回授業の時に先生に提出し、課題の進捗状況をチェックしていただきアドバイスをもらうことで受験勉強を進めていきました。」と振り返ってくれた。講師から細かく具体的にやるべきことについて指導を受けたことで、何をすればいいのか迷うことはなかったそうだ。「先生のおっしゃったことを行うだけで成績はどんどん向上していきました。いつしか、自然と勉強する習慣が身についていました。憧れの第一志望校に合格できたのは、早稲アカ大学受験部の先生方があらゆるところでサポートしてくれたおかげです。」と語ってくれた。

日々の塾の小テストを大事に。早稲アカの授業があったから合格できました。

高校1、2年生の頃は、先生から言われたとおり塾の小テストで満点が取れるように頑張っていた彩華さん。当時は、小テストは面倒だと思っていたそうだが、小テストに向けた勉強の積み重ねのおかげで、入試直前期に、単語の暗記などに時間を取らずに済んだそうだ。今となっては小テストの存在に感謝しているとのことだった。
高3になると早慶大必勝コースを受講した。「早稲田・慶應の入試問題の傾向を知るだけでなく、他の校舎から同じレベルの志望校を目指している人がたくさん集まる環境は、とてもいい刺激になりました。また、日曜日に朝から1日授業だったので、受験期の大事な日曜日を効果的に使えたと思います。」と話してくれた。
最後に「ずっと目指してきた大学だったので合格と知ったときはとても嬉しかったです。私は、早稲アカの授業がなかったら合格できなかったと思います。世界史も先生が語呂合わせを作ってくれ強調してくれたところが試験で多く出ました。古典の単語も小テストで何周もしていたので、古典で困ることもありませんでした。早稲アカの先生達を信じて勉強することで合格することができました。本当にありがとうございました。」と笑顔で話してくれた。

資料請求はこちら【無料】|早稲田アカデミーのことがすべてわかる入学案内などの詳しい資料をお送りいたします。

その他の大学受験合格者インタビュー