早稲田アカデミー SuccessRoad2016 中・高・大学受験合格者インタビュー

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

中高一貫校コースから通塾。自分に合った環境で部活との両立。

中学受験の時から早稲アカに通い、その後医学部を目指して、中学2年生の冬から早稲アカ大学受験部中高一貫校コースに通い始めた七海さん。「少人数制の授業で先生と生徒の距離が近いことや、先生に気軽に質問できるアットホームな雰囲気が自分に合っていると感じていたので大学受験も早稲アカを選びました。」と話してくれた。入塾後は、講師のきめ細やかな指導や成績を上げる熱意と切磋琢磨できる仲間の存在に刺激を受け、受験までやる気を継続することができたという。
七海さんが所属していたのはバレーボール部。部活と塾の両立ははじめのうちは大変だったが、どちらも楽しいと感じていたのでそれほど苦ではなかったという。塾の日は4時間の授業に集中し、部活の日は家での勉強を2時間ほどで切り上げ早く寝て体力維持に努めるなど、メリハリをつけて生活することを心掛けて、上手く両立し勉強したそうだ。また塾の授業進度が学校よりも早かったため、塾での勉強は学校の授業の予習になったという。「先生やアシストスタッフの方が学校の授業やテストについての質問にも答えてくださったので、学校と塾の勉強どちらも効率よく進めることができました。」と振り返ってくれた。

医学部に特化した医学部必勝講座。最良の先生、友人に恵まれました。

高校3年生になると医学部必勝講座を受講した七海さん。必勝講座の授業内容は医学部対策に特化している。医学系の内容を扱う英語の文章、医学部特有の計算が多い数学。それに加えて医学部に詳しい講師が多数いるため、大学について、偏差値だけではなく、問題の特徴や医学部の情報まで得られたことが彼女の医学部受験を支えた。また必勝の仲間は共に医学部を目指しているため、お互いに志望校や勉強法について情報交換し、モチベーションの維持に繋げていった。
最後に七海さんは「医学部必勝があったので自信をもって入試に臨むことができました。合格を知った時は親や友人、先生もとても喜んでくださり本当に幸せな一日でした。早稲アカに入っていなかったらまた違う未来になっていたと思うと、早稲アカで得た全てが私の合格につながったと思います。横浜市立大は私が興味を持っている再生医療が進んでいる大学なので、入学してからは貪欲に医学系の専門的な知識を取り入れていけるよう努力していきます。」と受験期を振り返り、これからの決意を語ってくれた。

資料請求はこちら【無料】|早稲田アカデミーのことがすべてわかる入学案内などの詳しい資料をお送りいたします。

その他の大学受験合格者インタビュー