早稲田アカデミー SuccessRoad2016 中・高・大学受験合格者インタビュー

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

早稲田アカデミーが志望校合格の近道です

「早稲田アカデミーが、筑波大学附属高校を受験するのに一番適した塾だと思ったので入塾を決めました」と当時のことを振り返ってくれた哲也くんが入塾したのは中学3年生の時。模試の結果が良くなく、このままでは志望校合格が難しいと感じ、早稲田アカデミー入塾を決意した。実際に入塾してみての感想を聞くと、「先生方がとても優しく教えてくれて、また、わからない問題が解けるようになっていき、とても達成感がありました」と答えてくれた。

空き時間をうまく利用し勉強しました

早稲田アカデミーに入塾する前は、緊張感がなく、家庭学習の時間も少なかったという哲也くん。入塾後は、「中3のときは塾のない日でも6時間くらいは家庭学習をしていました。電車での移動時間など空いている時間をうまく使って勉強していました」と変わっていった。
そんな哲也くんの家での勉強場所はリビングだったそうだ。「自分の部屋でやってしまうと怠けてしまうが、リビングでやると、家族もいますし、自分が集中しているかどうかを確認してくれる人がいるので、自然と集中できる環境でした」

今までやってきたことを信じて勉強を続けました

筑波大学附属高校合格者数No.1の原動力となっている志望校別対策必勝コースにも入会。ハイレベルな集団の中で様々な刺激を受けながら勉強に取り組んでいった。「先生方の教え方が熱心で、その熱意に引き込まれて自分から勉強するようになれたと思います。また、それぞれの科目に対して、どのように取り組んでいけば良いのかが明確にわかって良かったです」
夏の勉強も計画的にでき、順調に進んでいた彼の学習だが、秋に成績が上がらず悩んだこともあったそうだ。自分の勉強方法は合っているのかなど悩み、途中で諦めそうになったことも。しかし、早稲田アカデミーの先生を信じ、「勉強している部分は自分の実になっていると思って、信じて勉強を続けました」。その後模試でも結果が出始め、自信を持って入試に向けて勉強を進めていった。

最後まで自分を信じて筑波大附属高校合格

入試直前期に心掛けていたことは、プラス思考に考えること。「今までずっと勉強してきたから、その分だけ自分はできるはずだと自信に思い、そう思うことで、焦らないように心掛けました」また、ケアレスミスを防ぐために文字を丁寧に書くなど、基本の徹底を心掛けたそうだ。
迎えた入試本番。プラス思考に考えていたとはいえ緊張したそうだ。しかし入試が始まれば落ち着いて問題に取り組むことができたという。「自信を持つことと焦らないことを考え、落ち着いて問題を見てから解くことができました。時間配分に気を配れたので良かったかなと思います」
結果は見事合格。哲也くんがコツコツと努力を重ねて、自分を信じ勉強を続けてきたことが実を結んだ瞬間だった。

資料請求はこちら【無料】|早稲田アカデミーのことがすべてわかる入学案内などの詳しい資料をお送りいたします。

その他の高校受験合格者インタビュー