四つ葉cafe 福田貴一 中学受験をお考えの小学生3・4年生のお子様をお持ちの保護者の方のためのブログ

『新学年への準備② ~古いテキストや教材をどうするか~』

2020.01.17

明日から「大学入試センター試験」が行われます。「高大接続システム改革」の中で、来年からは「大学入学共通テスト」に切り替わりますので、「最後のセンター試験」といわれています。日本全国が「受験シーズン」に突入し、テレビ番組などでも「入試・受験」という話題が取り上げられることが多くなってきました。前回の記事でも触れさせていただきましたが、埼玉県私立中の入試はすでに始まっており、早稲田アカデミーの合格実績もホームページ上で公表されています。よろしければご覧ください。


前回の記事では「新学年への準備」と題して、家庭学習における時間の使い方などについて触れさせていただきました。今回は保護者の皆様からご相談いただくことも多い、旧学年で使用をしていたテキストや教材をどのように整理するかという点についてお話しさせていただきます。


まず、学年の切り替わりの時期には、家庭学習をする環境の整理整頓をするところから始めていただくとよいでしょう。「さぁ、新しい学年のスタートだ!」という気持ちをつくるためにも、学習部屋や学習場所の整理(大掃除)をしていただきたいと思います。そこで筆記用具やノートなども新しくすれば、さらに気持ちが前向きになることでしょう。


早稲田アカデミーの標準日程では、1月末で旧学年の授業が終了し、2月の初旬は東京・神奈川の中学入試が多くの学校で行われるため、また新学年準備として、非受験学年の通常授業(小学部)は数日間お休みとなります。この期間に「大掃除」を進めてはいかがでしょうか。


さて、そのときに悩むのが「旧学年で使用していたテキストや教材」の整理です。「もしかしたら使うかもしれない」と考えると、整理や処分をするのがためらわれてしまうこともあると思います。テキストや教材の整理についてご質問をいただいたときに、私は「テキストやノートはとっておいた方がよいでしょう。プリント類は処分していただいてもかまわないと思います」とお答えしています。


もちろん学年をまたいで使う教材(「考える社会科地図」や「星座早見ばん」など)は新学年になっても使いますが、原則として旧年度(前学年)の教材を授業内で扱うことはありません。ただ、家庭学習において個別に使うアドバイスをさせていただくことはあります。


例えば、国語の予習シリーズは学年が上がると出題されている文章の難度が上がります。「読む対象とされている学齢が上がる」と表現してもよいかもしれません。読解力をつけるためには、「難しい文章を読む」ことも大切ですが、お子様の精神的な発達段階とあまりにもかけ離れているレベルの文章では「読んでも理解できない=字面だけを追いかけて読んだ気になっている」というような悪循環に陥る可能性も出てきてしまいます。こういった場合、そもそもの「文章を読んで理解する」という感覚を身に付けるために、旧学年のテキストに出てくる文章の読解をおすすめすることがあります。半年・一年前には読んでもよくわからなかった文章でも、時間が経ってから読んでみるとすんなり頭に入ってくるはずです。精神的な成長もありますし、その間にいろいろな経験を積んでもいますから、「すっと」理解できるわけです。算数や理科の苦手単元などにおいても、少し経ってからひも解いてみると「なんだ、簡単じゃないか」と思えることが多いはずです。


一番悩むのは「テスト」ではないでしょうか。土曜YT講座をご受講いただいている方は、毎週のテストがたまっているはずです。特に「間違えたところは『直し』をしなければならないから……」というお考えのもとに残している場合も多いとは思いますが、もしそうであればここで処分をしてもかまわないと思います。


中学受験学習における毎週のテストは、「テストを受けること」に大きな意味があるのです。中学生以上のテストでは「抜けている部分を見つけて」「そこを埋める」ということが大切になるのですが、精神的に成長過程にある小学生にとっては、テストという場で真剣に問題に向き合うことが学力向上につながる一番大切なポイントになります。言い換えれば、「テストの直し」は二の次だとお考えください。ましてここからは新学年のカリキュラムがどんどん進んでいくことになりますので、旧学年のテストの直しをしている時間はまずありません。つまり、とっておいたとしても、今後「教材」として活用することはないものということになります。


ただ「テキスト」も「ノート」も「テスト」も、お子様がここまで学習してきた証としては、ある意味大切なものです。以前担当していた生徒のお母様から、入試直前にそれまでしまっておいた「塾通いを始めてからの全てのテキストやノート、プリント」を部屋中に広げて、「これだけやってきたのだから大丈夫!」と親子で会話をしたというお話をうかがったことがあります。


実は、私も小6のときに使っていた「予習シリーズ」が実家の書庫に残っています。

同じテーマの最新記事

2020.01.17 『新学年への準備② ~古いテキストや教材をどうするか~』
資料請求はこちら
早稲田アカデミー