早稲田アカデミー SuccessRoad2016 中・高・大学受験合格者インタビュー

中学受験・高校受験・大学受験者 実録本音インタビュー!
早稲田アカデミーに通い、見事志望校に合格した先輩たちの声をお聞きください。

先生やアシストスタッフの存在は勉強への活力。復習中心の授業で無理なく成績を伸ばせました。

高校受験と大学受験を通して早稲アカに6年間通塾した虎輔くん。早稲アカは彼にとって、少人数制の授業形態やわかりやすく教えてくれる講師、模試で自分の成績を確認できるところが魅力的だった。さらに、東大や早慶上智大などの現役大学生のアシストスタッフの存在も大きかったようだ。「気軽に質問でき親身になって答えてくれました。自分の将来の姿を明確にイメージすることができ、勉強への活力になりました。」と振り返ってくれた。
早稲田アカデミー大学受験部は、少人数制なので、講師が生徒一人ひとりをしっかり見て、弱点を生徒本人以上に理解して的確なアドバイスを送る。その講師からの客観的なアドバイスに何度も助けられていたそうだ。「早稲アカは、復習中心の授業なので予習に時間を取られることもなく、無理なく成績を伸ばせます。定期テスト対策もおすすめです。」と話してくれた。虎輔くんが通っていた筑駒の授業はレベルが高くてついていけないこともあったそうだが、定期テスト対策で、過去問を含めて演習して定着させた。また、学校の近くにある東大医学部クラブ(駒場館)も、学校帰りに利用していたそうだ。

筑駒や開成の友人と東大必勝コースで切磋琢磨。仲間の存在は大きかった。

筑駒に入学した時点でもちろん東大を意識したという虎輔くん。志望校を東大理科一類に決めたのは高校1年生の冬だった。早稲アカの担当講師に、学習面だけでなく進路に関しても相談をしていたそうだ。「ある時、英語の先生が自分の進路について考える授業をしてくれたことがヒントになりました。工学や化学の勉強をしたいとは決めていたのですが、興味が変わることもあると考え、2年間の教養学部のあと専門の学科に進むことのできる東大を第一志望に決めました。」と話してくれた。
高校3年生からは東大志望者が集まる東大必勝コースを受講した。東大必勝コースは東大対策に特化しているため、通常のクラスよりもレベルが高く、東大志望の仲間と切磋琢磨できる環境と振り返ってくれた。「毎回のテストで先生が丁寧に添削指導をしてくれたおかげで、自分では気づかない細かいミスの発見にもつながりました。」また、入試本番の実戦力に非常に役立ったのが東大必勝模試やテストゼミ。自分の実力や立ち位置を知ることができ、問題のレベルや時間配分など入試本番を“肌”で感じることができたようだ。
また、モチベーション維持に欠かせなかったのが仲間やライバルの存在だったと振り返ってくれた虎輔くん。「これまで互いに励まし合ったり、競い合ったりした友人がいて、その友人も頑張っているから自分も頑張って一緒の大学に行きたいと思いましたし、その反面、負けたくないという思いがモチベーションになりました。」と仲間やライバルの存在の大きさを話してくれた。

資料請求はこちら【無料】|早稲田アカデミーのことがすべてわかる入学案内などの詳しい資料をお送りいたします。

その他の大学受験合格者インタビュー