1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. イベント・説明会
  4. 新中学1年生開講までのご案内
  5. 新中学1年生(高校受験)コース開講までのご案内(標準校舎)

新中学1年生開講までのご案内 新中学1年生開講までのご案

明確なゴールがある。
だから高まる意欲、伸びる学力。
3年後の第一志望校合格に向かって。
さあ、始めよう!

普通の学力の生徒が大きく伸びる
だから、早稲田アカデミー

圧倒的合格実績を生む“習熟度別クラス編成”

特訓クラスからもレギュラークラスからも難関高に合格!

早稲田アカデミーの授業は、習熟度別クラス編成で行われます。なかでも各学年の最上位クラスにあたる中1~中3「特訓クラス」は、年に数回実施される全校舎統一のテストで選抜されます。2019年の入試では、「特訓クラス」に在籍した中3生徒の約65%が、早慶附属高・開成高・国立附属高に合格しています。難関高校に合格していくのは、特訓クラスの生徒だけではありません。たとえば、早稲田アカデミーから中大附属高に合格した生徒のうち、約75%が「レギュラークラス」に在籍していた生徒です。

Tクラス(特訓クラス)レギュラークラス1 レギュラークラス2 Tクラス(特訓クラス)レギュラークラス1 レギュラークラス2

ゴールから逆算し、今やるべきことを考える
“ゴール・オリエンテッド”

何が必要?

難関高合格のために必要な学習とは――。それは、ゴールを明確に定め、「そこにたどり着くために何が必要か」を具体的に考え、継続的に取り組んでいく学習です。早稲田アカデミーでは、入試から逆算したカリキュラムに基づき、合格までの道のりを熟知した講師が指導にあたります。生徒の現状に合わせて「できること」「できそうなこと」を教えるのではなく、生徒が目標に到達できるよう「今クリアすべきこと」に取り組んでもらいます。

小さな目標を越えるごとに、“生まれる自信”

スモールステップでGOALへ向かって着実に!

目標に向けての階段を一段上がるたびに小さな自信が生まれ、それが次に進む意欲につながります。同じ目標を目指すのであれば、準備期間が長いほど、無理なく階段を上っていくことができます。また、学力を高めていくためには、授業で正しく理解するだけでなく、それを家庭学習で定着させていくことも重要です。早稲田アカデミーでは、毎回の授業で適切な量の課題を課し、提出されたものを講師がしっかりチェックします。このサイクルを繰り返すことで、自ら学習に取り組む姿勢が自然と身に付くのです。

「普通の学力」の生徒が大きく伸びて難関校へ合格

「普通の学力」の生徒が大きく伸びて難関校へ合格 「普通の学力」の生徒が大きく伸びて難関校へ合格

意欲と学力を高める“早稲アカの環境”

WASEAKA!

緻密な入試分析に基づき、年々進化をしている教材がある。同じ目標に向かって切磋琢磨できるライバルがいる。熱意を持って最後まで一緒に走る講師がいる。
――生徒が本気に変わる環境が、早稲田アカデミーにはあります。

新中学1年生コース
開講までの流れ

総復習&先行学習で始めよう!中学への準備。

【12/26(木)~28(土)、1/5(日)~7(火)】小6対象Kコース 冬期講習会

小6の重要単元を徹底的に攻略し、難関高校受験の基礎を固める

小6Kコースではお子様の興味関心を育みながら、基礎・基本を重視し、総合力の育成を図ります。学習内容は2学期の単元のなかでも特に重要な単元に絞って学習します。小学校の内容をここで固めることが、中学生のスタートダッシュに直結します。ライバルに差をつけるための努力の積み重ねはこの冬をおいて他にありません。早稲田アカデミーは、小6の冬を重視し、高校受験へ向けたステップへの着実な歩みをサポートします。1月からは「小6総まとめ講座」、2月からの「中1準備講座」でスムーズなスタートを切るために、無理・無駄なく学習を進めましょう。英語は1月の英検®受験へ向けて得点力を高める授業を行います。

【1月】小6総まとめ講座

小6の重要単元を集中チェック!

小学校での学習は、過去の学習内容を定期的に振り返ることなく進行しがちです。そのため、小さなつまずきや定着の不十分なところをチェックすることができません。中学校の学習がはじまってから、実は小学校の内容の理解が不十分だと気付くことがあります。特に、算数における計算力は、数学の定着度を左右するといっても過言ではありません。早稲田アカデミーの「小6総まとめ講座」では、小6の1月を活用して、小学校で学んだ重要単元の振り返りを行います。学習効果を高めるために、ポイントを絞って復習することで、2月からの「中1準備講座」の学習につなげます。

【2月・3月】中1準備講座

繰り返し学習で、定期テストも好スタート!

小学校と中学校の学習で大きく違うことの一つに、「定期テスト」の有無があります。特に中1最初の定期テストは、出題範囲が狭く難度の高い問題が少ないため、多くの生徒が高得点を取ります。したがって、ちょっとしたケアレスミスや定着不足で失点してしまうと、その後の学習意欲の低下にもつながりかねません。「中1準備講座」を受講することで、定期テスト前に同じ単元を繰り返し学習することができます。学習内容をしっかりと定着させることで、自信を持って定期テストに臨めます。

繰り返し学習で、定期テストも好スタート! 繰り返し学習で、定期テストも好スタート!

宿題は復習中心!毎回のテストで苦手もフォロー

授業は導入からはじまり、丁寧な解説を行うので、予習の必要はありません。また、授業内での演習を通して内容の定着を図ります。授業で学習した内容から宿題が課され、次回の授業で定着度を測る小テストを実施します。そのため、定着が不十分なところをすぐに把握できるので、効果的な復習が行えます。

宿題は復習中心!毎回のテストで苦手もフォロー 宿題は復習中心!毎回のテストで苦手もフォロー

レベル別クラス設定

無理なくスタートできる、到達度別のクラス設定

アドバンスコース スタンダードコース 英語特殊クラス アドバンスコース スタンダードコース 英語特殊クラス

英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

【3/20(金祝)】新中1学力診断テスト 兼 中1特訓クラス選抜試験(同日開催:公立中進学講演会)【無料】

小学校内容と準備講座の定着度をチェック。

新中1学力診断テストは、4月から中学校へ進学される小学6年生(新中学1年生)を対象とした3科目での早稲田アカデミー主催のテストです。英語・数学については中1準備講座内容を中心に出題し、算数・国語は小学校範囲からの総合学力テストの位置づけです。4月からの中学校進学前に、新中1学力診断テストで課題を発見し、高校入試に向けたスタートダッシュにつなげましょう。

※2月初旬に詳細ページ公開および申し込み受付開始予定

【3月・4月】春期講習会

先取り学習のおさらい。内容の深掘りも。

中1準備講座で学んだ内容の復習、さらに発展的な内容も取り入れ、中学入学の準備をします。

※2月中旬に詳細ページ公開および申し込み受付開始予定

【4月】中1コース開講

理科・社会も深く学ぶ。

授業に、理科と社会が加わります。5科目を深く学習して、高校受験、大学受験など先々の選択肢を広げます。

【5月】定期テスト対策

オリエンテーションから始まるテスト対策。

テストの約2週間前に行うオリエンテーションでは、まずテストに向けた計画の立て方から説明します。

オンライン英語教育 本格始動

2020年度より、小5~中1生を対象に、ネイティブ講師とオンラインで対話をしながら、受験英語(語彙・文法・読解)と英語4技能(読む・聞く・書く・話す)を鍛える「オンライン英語教育」を本格始動します。お子様の将来を見据えて、高校入試での志望校合格と将来必要とされる英語力の獲得の両方を実現します。早稲アカは、子供たちの英語教育にも本気です。

受付中のイベント・模試

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービ

早稲アカ ブランドムービ

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

模試・講座・イベントなどの情報をお届けします。