都立高校合格のためのノウハウ | 合格への近道、都立を目指すなら国研。

都立高校へは、私立高校と同じ方法では合格することができません。国研が1校舎あたり他の何倍もの都立合格者を出しているのには理由があります。

都立に受かる「環境」

入試までに14回もある定期テストに完全対応

テスト期間中は、“中学校別対策授業”に授業を完全に切り替えます。対策授業後実際に定期テストが行われるまでの期間も「定期テスト突破単元・テーマ別授業」とし、内申アップを全面的にバックアップいたします。

「定期テスト対策面談」も是非ご利用ください。

各中学校の先生の出題傾向や内申ボーダーラインを通じて、最も効率的な定期テストの勉強法を指導させていただきます。内申アップのための学校ワークの正しい使い方や、勉強しにくくも非常に重要度の高い学校ノートの活用の仕方はもちろん、テスト前の学習環境の整備も重要です。ご家庭のご協力も不可欠なため、三者面談の形を取らせていただいております。

ご家庭のご要望にも細かく対応いたします。

同じ成績のお子様でも、「絶対都立」、「できるだけ都立」、「都立・私立にこだわらない」、「私立第一志望」、「私立を推薦で」、あるいは「近い高校」、「しつけの良い高校」、「スポーツの盛んな高校」、「大学進学実績の良い高校」、または「入学して成績上位生になれる高校」など様々なご要望がございます。国研の進路指導は、一人一人に合わせた進路指導です。三者面談におきまして、さまざまなリクエストにお応えいたしておりますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

最大22:00まで自習室を開放いたします。

勉強をしたいという生徒にはとことんお付き合いをして気合に応える。これも国研で大きく成績を上げる環境、秘訣なのです。

自己PRカード対策

自己PRカードでも重要な、部活の「3年間継続」。国研では授業時間の繰り下げ、繰り上げで最大限サポートいたしております。通常期の19:45授業スタートはもちろん、春期、夏期、冬期の各講習も、できるだけ部活に参加しやすいように時間割を調整しております。

都立に受かる「情報力・分析力」

情報収集力も自慢です。

独自の分析を加えることにより、元の情報が、受験生に本当に役立つ“生きた情報”に生まれ変わります。刻々と変化して行くこれら“生きた情報”は、保護者会や面談などで随時公開中です。自己PRカードやパーソナルプレゼンテーションなども、どうぞお任せください。

お通いの中学校情報も強力な武器です。

基本情報として中間・期末テストと内申との相関分析をして通知表のボーダーラインを調査し、効率のよい内申点獲得を実現しております。

都立に受かる「授業」

志望校にピッタリ合わせた授業カリキュラム

国研は、志望校に合わせて授業内容を調節し、もの足りなさを感じたり余計な負荷がかからないよう指導します。志望校の変更によるクラス移動にも柔軟に対応しております。

独自作成問題に対応

国立、八王子東、立川、国分寺などの独自作成問題を導入する都立高校対応のためのサブテキストを中学2年生の段階からご用意。これら都立トップ校合格のために必要な素養を、早い時期から身に付けます。
中学3年生では選抜クラスで独自作成問題に対応。普通問題には出ずとも自校作成問題では出るという難問を扱います。クラス替えは毎月の月例テストを基に毎月実施いたします。選抜クラスを目指した日々の学習も必須です。

教科ごとの対策も万全

英語では語彙力、国語では漢字力、数学では計算力と、入試を戦う上で欠くことのできない基本知識を指導。時に厳しい課題も出しますが、それを乗り越えてこそ合格を勝ち取ることができるのです。
各科目とも、定期テスト期間中は定期テストに集中することのできるカリキュラムとなっております。したがって塾と学校が容易に両立し、入試テストと内申点共に最高の効率で成績向上が見込まれます。

都立・私立推薦入試に最大限対応

推薦入試にもノウハウがあります

国研では志望校に合格する最良の方法を選択します。ご本人に受験の意志がある場合には、むしろ積極的にお受けいただいています。都立高校推薦入試枠は縮小の傾向にありますが、募集定員の10~30%に及びます。推薦入試において中心的な役割を演ずる内申点。他にも面接、集団討論、小論文、自己PRカード。国研ではいずれも絶対の自信を持って指導させていただいております。

個別の推薦入試対策

入試直前の12月からは推薦入試へ向けた対策を個別にしていきます。志望校に合わせて面接指導、集団討論対策、作文指導を実施する他、中学校範囲の総復習はもちろん、見事合格を勝ち取った後には、高校から出される課題のフォローなども実施いたします。推薦入試を目指す方は、国研の対策授業でしっかり準備をし、11月の期末テストで内申点を取った後の指導にも是非ご期待ください。

私立の指定校推薦にも対応

早稲田実業指定校推薦、早稲田高等学院自己推薦、慶應日吉推薦、慶應志木推薦にも対応します。いずれも厳しい内申基準を設けております。国研の内申対策で基準突破。合格を勝ち取りましょう。

HotConPass(ホットコンパス)

ICカードをかざして登下校をお知らせ
生徒の皆さんが登下校をすることを保護者の皆様にお知らせするシステムです。ICカードをカードリーダーにかざすとリアルタイムで保護者の皆様へメールをお送りします。

マイページ(生徒情報など確認サービス)

受講予定や成績状況を把握できる
ご登録いただくと、パソコン・スマホ・タブレットから、生徒お一人ずつのマイページをご覧いただけます。「各種お知らせ」「スケジュール」「成績一覧」「申し込み状況」などの情報が閲覧可能です。
※今後もサービスを拡充予定です。