1. 早稲アカ HOME
  2. 海外生・帰国生向けサービス
  3. 帰国生入試基礎知識
  4. 帰国生入試基礎知識(中学受験)

帰国生入試基礎知識(中学受験) 帰国生入試基礎知識(中学受験)

高校受験に比べ、中学受験の帰国枠は、試験日程や選抜方法が多種多様です。そのため、一般入試と帰国生入試の違いや種類をしっかり押さえ、お子様に合った入試形式を選ぶ必要があります。このページでは、帰国生入試の基礎的な内容や入試までの準備についてご説明させていただきます。

帰国生の中学受験

帰国生入試の受験者は年々増加傾向にあります。それに伴い、帰国生を積極的に受け入れる学校も増加しており、近年さまざまな種類の帰国生入試が実施されるようになりました。一般入試において優遇措置(加点)を行う学校から、帰国生に完全に特化した入試を行う学校まで、その入試形式は多種多様です。また中学入学後の教育体制も学校により濃淡があります。事前に各校の教育体制や教育理念を調べ、学校説明会などに参加した上で志望校選びをすることが何より大切です。

帰国生入試の種類

(1)4科(算数・国語・理科・社会)型

国内の一般生と同程度の学力が必要です。同一日程・同一問題で入試を行い、基準点のみ一般入試と異なる設定をしている学校が多くあります。
例)慶應義塾湘南藤沢中等部、早稲田中、豊島岡女子学園中など

(2)2科(算数・国語)型

理科・社会まで学習することが難しい海外での学習事情に配慮した入試形態です。一般入試と別日程の場合、算国のレベルは一般入試より平易に設定されています。一般入試と同一日程の場合、入試問題は一般入試と共通で、基準点のみ異なる場合が多くあります。
例)聖光学院中、海城中、渋谷教育学園渋谷中など

(3)3科(算数・国語・英語)型

算数・国語に英語を含めたバランス型の入試形態です。近年、算数・国語を重視する学校が増加しており、受験生は対策が必要です。また、面接を重視する学校もあります。
例)慶應義塾湘南藤沢中等部、渋谷教育学園渋谷中、海城中、洗足学園中など

(4)英語+α型

英語圏の現地校およびインターナショナルスクールに通学していた生徒に配慮した入試形態です。英語試験の難易度は学校によりさまざまです。面接(英語・国語)や作文が併用されることが多くあります。
例)渋谷教育学園幕張中、洗足学園中、攻玉社中など

(5)独自型

(1)~(4)のいずれにも分類されない、独自の入試形態を設定しています。適性検査や作文・面接のみ課している場合や、英語・算数・国語から2科目選択する場合があります。
例)東京学芸大学附属国際中等教育学校(作文・適性試験+面接+書類審査)、都立立川国際中等教育学校(作文+面接) など

入試までの準備について

小4

学習面では、算数・国語の2科目の基礎定着を優先させましょう。海外に在住していると英語を優先させがちですが、ある程度生活が落ち着いたのであれば、算数と国語の学習にも徐々に慣れさせていくことをおすすめします。理由としては、昨今の帰国生入試では算数と国語の問題が難化傾向にあり、ほとんど一般入試の問題と同じレベルまで上がっている学校もあるからです。対策として、特に国語の音読がカギとなります。一方、すでに帰国されている場合は、国内の一般生同様、4科目の勉強をスタートさせることで志望校の選択肢が広がります。
また、この時期は小5や小6と比較して、時間に余裕がある時期とも言えます。スポーツや文化活動などに積極的に参加して、色々な経験をたくさん積むことが、お子様の将来に大きくプラスとなります。
続いて、学校選びについてです。日本に住んでいる場合は、時間を見つけてすぐに見学に行けますが、海外に住んでいるとそうはいきません。一時帰国の際、現時点で気になる学校や目標としたい学校には見学に行くようにしましょう。その際、校門前で記念撮影などをすると思い出に残りやすく、次年度に他校を見学した場合にも比較しやすいので、おすすめです。

小5

この時期から具体的な志望校選びが始まります。一時帰国のタイミングなどで、できれば親子で学校見学をするなどして志望校を選定しましょう。ポイントとしては、入試難度が少し高めの学校をチョイスすると、お子様のモチベーション向上に役立ちます。英語に関しては、小6に学年が上がるタイミングで、過去問を解いても問題ないレベルにまで到達するお子様もいます。また、帰国生入試の過去問は、書店で販売されていない場合が多く、学校説明会などで配布される過去問もたいていは1年分(最新年度)です。したがって、小5のうちから学校説明会などに参加して、過去問を入手しておくと6年生の際に役に立つでしょう。
また学習面での注意として、算数と国語の難度が上がるという点が挙げられます。逆に考えると、この5年生さえ越えられれば、単元学習は8合目まで到達できたと考えられます。(一般的に単元学習は小6の夏までです。)次に、志望校の入試形態に理科・社会が含まれる場合は、小5からその勉強をスタートしておくことをおすすめします。今年度の受験日程を確認し、理社の負担とそもそもその学校を受験するかどうか(上記の帰国生入試の種類をご覧ください。)をご検討ください。
出願の書類という観点では、例えば、インター校でESL(英語を母国語としない生徒のための英語の補習クラス)から通常授業にクラスが替わる場合、後に原因不明の欠席扱いになることがあります。訂正ができるよう、体調不良で学校を休む場合を含め、ご家庭で記録を付けておくとよいでしょう。

小6 1学期

学習面では、算数・国語(英語・理科・社会)の基礎固めを行うとともに、模試を受験して、現時点での志望校との偏差値の乖離を把握しておくことをおすすめします。ただし、模試については、模試の種類によっても偏差値が違うので注意が必要です。また面接の対策として、家族で海外経験について話し合いましょう。具体的なテーマは、「海外と日本の違い」、「その国の良いところ」、「海外で成長したこと」などです。
また、興味のある学校については、HPなどを通じて学校情報を確認してみましょう。その後、学校説明会や文化祭などの日程をおさえ、参加できる場合は積極的に参加して、学校の雰囲気を直接確認してみましょう。
願書などの出願書類については、まだ心配しなくても大丈夫です。これは2学期以降の作業になります。

小6 2学期

まずは志望校についてです。本人やご家族の意向をもとに、受検する学校を選定していきます。第一志望校の受験本番で最高の力が発揮できるよう、併願校を検討します。
次に学習面では各受験校の入試傾向に合わせて対策を進めます。具体的には、過去問を使用した演習になります。最近では帰国枠の入試問題をHPで公開している中学校や、海外まで郵送してくれる中学校もあります。残念ながら模範解答がないケースが多いですが、解いてみると出題傾向がわかります。単元や難易度を確認して、自分が使用している教科書の類題に取り組みましょう。小4の欄でご説明した通り、一般の入試と同じレベルの問題を使用する学校も増えています。そういった学校については書店で購入できる一般入試用の問題で帰国生入試の対策が可能です。夏休みなどに一時帰国される際に購入するとよいでしょう。
そして、勉強だけではなく出願準備も同時に進める必要があります。願書を取り寄せ、必要な提出書類(海外在留証明書、成績証明書など)の手配を始めましょう。出願準備のポイントは、直前に慌てずにすむよう余裕をもったスケジュールを組むことです。

小6 直前期

いよいよ帰国生入試本番です。帰国生入試の日程は一般入試に比べ、1か月から2か月程度早く始まります。つまり、入試に合わせて、早め早めに準備をする必要があります。
そして、直前期は学力が一番伸びる時期です。最後まであきらめずに集中して取り組みましょう。
入試会場に向かう間、受験校の過去問を持っている生徒を多く見かけます。過去問はどの問題から解き始めるかというシミュレーションに使え、何度も解いた問題だという自信は、精神的な安定にも効果的です。仮に傾向が変わっていたとしても、受験生全員が同じ状況な訳なので、焦らず落ち着いて問題を解きましょう。
また、面接では志望理由をはじめ、自身の海外経験やその成長について、きちんと面接で伝えられるよう練習を重ねましょう。そして、この学校で学びたいという熱意を伝えることが大切です。

早稲田アカデミーでのサポート

帰国生入試は、お子様の置かれた状況によって対策が大きく変わります。
第一志望校合格には、最新の情報をもとに、適切な対策をすることが何より大切です。
早稲田アカデミーでは、お子様の第一志望校合格に向けて、下記の海外生・帰国生向けサービスを通じてお子様をサポートいたします。

海外生向けサービス
【海外受験講演会】海外各都市で実施される早稲田アカデミーの講演会にご参加いただけます。
【オープン模試の自宅受験サービス(小6対象)】早稲田アカデミーが国内で実施している独自作成の「オープン模試」が海外でも受験いただけます。
【志望校別通信添削講座(小6対象)】志望校別教材を海外へお届けし、答案を添削させていただきます。
【英語エッセイ添削講座(小6対象)】国内で実施している英語対策講座教材を海外へお届けし、添削させていただきます。
【海外校・海外提携塾の利用】10か国22都市の海外校・海外提携塾で目的に合わせた学習ができます。
帰国生向けサービス
【通常授業/志望校別コース】開講途中月からの入塾も可能です。※入塾にあたってはテストが必要になります。
【季節講習会/夏期合宿/正月特訓の参加】一時帰国しての参加も可能です。※事前にクラス分けテストが必要です。
【プレ夏期講習会/プレ冬期講習会(小6対象)】帰国生向けの講習会を実施いたします。帰国生入試の難関校を目指す方におすすめです。
【志望校対策英語講座(小6対象)】エッセイを含む志望校の入試に特化した英語の授業を実施させていただきます。
【立教池袋・学習院中等科入試対策授業、海城・聖光学院入試対策講座(小6対象)】志望校対策に特化した学科試験・面接対策を入試の直前に行います。
【入試直前対策講座(小6対象)】難関校合格を目指す入試直前期の受験生を、指導力豊富な講師陣が徹底サポートさせていただきます。

関連コンテンツ

帰国生合格実績

帰国生合格実績

志望校合格を見事に勝ち取った、帰国生のみなさんの合格実績をご紹介します。

海外校・海外提携塾

海外校・海外提携塾

10か国22都市において教育ネットワークを広げています。

一時帰国時の宿泊先

一時帰国時の宿泊先

一時帰国の際、ご利用いただける宿泊施設を紹介いたします。

よくあるご質問

よくあるご質問

帰国したご家庭・海外滞在中のご家庭から多く寄せられるご質問にQ&A方式でお答えいたします。

早稲田アカデミーの
海外生・帰国生・首都圏外生向けサービス

海外生向けサービス

海外生向けサービス

海外に住むお子様の学習や受験対策をバックアップしています。海外での受験講演会の参加や、模試の自宅受験、一時帰国などを利用した講座参加も可能です。

帰国生向けサービス

帰国生向けサービス

海外から帰国したお子様の学習や受験対策をバックアップしています。帰国生を対象とした講座や各種イベントをご用意しています。

首都圏外生向けサービス

首都圏外生向けサービス

首都圏外にお住まいで、首都圏の中学校・高校への進学をご検討されているお子様の学習や受験対策をバックアップしています。模試の自宅受験や、週末に実施する志望校別対策講座、季節講習会への参加も可能です。

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。