1. 早稲アカ HOME
  2. 海外生・帰国生向けサービス
  3. 帰国生入試基礎知識
  4. 帰国生入試基礎知識(高校受験)

帰国生入試基礎知識(高校受験) 帰国生入試基礎知識(高校受験)

帰国生の高校入試は中学入試よりも全体的にシンプルな形態となっています。無理に帰国生入試に特化するというよりも、一般入試に帰国生入試を追加していくというイメージになります。このページでは中学受験と同様に、帰国生入試の基礎や入試までの準備についてご説明させていただきます。

帰国生の高校受験

首都圏の高校入試において、一般入試と別の問題を作成して帰国生入試を実施している学校は、渋谷教育学園幕張高校と慶應義塾湘南藤沢高等部の2校が有名です。この2校は特に英語のレベルが高く、英検®準1級から1級のレベルが要求されるので、現地校やインター校で英語を磨いてきたお子様であったとしてもある程度の対策が必要です。語彙・文法・読解などをバランスよく学習し、苦手分野を作らないことが大切です。一方、上記2校以外の学校は、一般入試と同じ問題か少ない科目となります。慶應義塾湘南藤沢高等部を受験するのであれば、男子は慶應義塾高校や早稲田実業学校高等部、女子であれば慶應義塾女子高校や早稲田大学本庄高等学院などを併願するケースがほとんどです。数学と国語を疎かにするのではなく、一般入試の生徒たちと競い合うことが大切です。

帰国生入試の種類

(1)科目減(英語・数学・国語・理科・社会 → 英語・数学・国語のみ)型

国内の一般生と同程度の学力が必要となりますが、理科と社会が受験科目から減るため多くの帰国生がこのパターンで受験します。形態は、一般生と同一日程・同一問題で入試を行います。
例)東京学芸大学附属高校、一部の東京都立高校・神奈川県立高校や埼玉県立高校など

(2)基礎学力試験+面接型

現地校およびインターナショナルスクールに通学していた生徒に配慮した入試形態です。学力試験が基礎力のみとなるため、面接を重視していると言えるでしょう。
例)青山学院高等部、中央大学杉並高校など

(3)独自型

(1)~(2)のいずれにも分類されない、その学校独自の入試方法を設定しています。英語試験+面接や書類選考+面接という場合もあります。
例)渋谷教育学園幕張高校(英語+面接)、国際基督教大学高校(書類選考+面接)など

入試までの準備について

中1

学習面では学習時間の確保が大切です。英語・数学・国語と比べると、理科・社会は中1で学習した内容がそのまま高校入試に出題されます。中1の段階であれば、教科書の進度もゆっくりなので学習しやすいです。志望校を選ぶ段階で、5科の勉強をしていないから3科にするという消極的な理由で学校選択をしないように、この時期から理科・社会の学習をがんばりましょう。
また、この時期は中3や中2と比較して、時間に余裕がある時期とも言えます。スポーツや文化活動などに積極的に参加をして、色々な経験をたくさん積んでください。これは最終的に面接の自己アピールや、高校に提出する活動報告書などで必ず役に立ちます。
続いて、高校選びについてです。日本に住んでいる場合は、時間を見つけてすぐに見学に行けますが、海外に住んでいるとそうはいきません。一時帰国の際、現時点で気になる学校、もしくは目標としたい学校へ見学に行くようにしましょう。その時に、校門前で記念撮影などをすると思い出に残りやすく、次年度に他校を見学した場合でも比較しやすいです。

中2

中2の時点では、中3に向けて苦手分野をつぶしておくことをおすすめします。国語の文法知識、数学の確率、英語の不定詞など入試で出題されるものが授業で扱われ始めます。まだ特定の学校に合格したいという、具体的な目標が立てづらい時期にはなりますが、穴を少なくして3年生を迎えられるように努力を重ねましょう。
また、2年目以降は可能な限り欠席日数をゼロに近づけたいものです。出願時に高校側から現地の活動を見るためにスコアシートを提出するように求められるケースが多く、特に成績と欠席日数に着目をします。
志望校選びについては中1に引き続き、可能な限り見学に行きましょう。また、先輩からのアドバイスもしっかりと聞くことも重要です。中2の段階では「まだ来年1年ある」という気持ちの余裕から、先の話と考えがちですが、中3が悩んでいることを1年後の自分自身が悩む可能性があります。学校情報の集め方や勉強の方法・量、面接での受け応えなど準備すべきことについてなるべく多くのアドバイスを先輩からもらいましょう。しっかりと意識を高め、万全の体制で中3を迎えてください。

中3

いよいよ受験学年となりました。最も大切なのは高校選びです。中3の4月の段階では進学校にするか附属校にするのかを考える必要があります。これは受験科目数という観点からとても大事なことです。具体的な例として東京学芸大学附属高の帰国生入試は3教科受験ですが、都立日比谷高は一般と同じ5教科受験になります。(上記の帰国生入試の種類をご覧ください。)まずは夏休みを1つの軸ととらえて、受験校、すなわち受験で使う科目数を決めていきましょう。
科目数が決まれば後はそれに集中するだけですが、ここから日本人学校の生徒と、現地校・インター校に通っている生徒によって対策が変わっていきます。まず日本人学校の生徒の強みですが、英語以外は現地校・インター校生と比較して有利です。もちろん英語の成績にもよりますが、3科あるいは5科の偏差値を見つつ、各科目のバランスを大きく崩すことのないように勉強してください。一方で現地校・インター校生は英語に強みがあります。自身の英語のレベルにもよりますが、自分が行きたいと考えている学校の過去問において、英語は4月の時点で9割とれるという生徒も多いはずです。この状態であれば、もし仮に300点満点(数学・国語・英語がそれぞれ100点満点)中、合格点を180点(60点×3科)と設定するならば、英語で90点がとれる計算なので、国語と数学は45点ずつで問題ないわけです。つまり一般の生徒よりも約15点低くても合格する計算になります。もちろんこちらも科目数によりますが、1つの科目である程度高得点が計算できるのは、精神的に大きな支えとなるでしょう。そして、もちろん他科目も平均点以上を目指すわけですが、平均点よりも多少下の点数でも合格すると考えれば、学習する単元も限定することができます。国語であれば古文を全て削る、数学であれば応用問題は手を出さず、基本の問題を外さないように訓練するなどの工夫ができます。
最後に出願書類についてお伝えします。海外から本帰国される方、一時帰国される方共通して、中学校からもらう書類は3部から4部多めにもらってから日本にお越しください。これは受験校が追加されるケースがあるからです。また、書類自体が破損することもあります。念には念を入れて、準備をしてください。

早稲田アカデミーでのサポート

帰国生入試は、お子様の置かれた状況によって対策が大きく変わります。
第一志望校合格には、最新の情報をもとに適切な対策をすることが何より大切です。
早稲田アカデミーでは、お子様の第一志望校合格に向けて、下記の海外生・帰国生向けサービスを通じてお子様をサポートいたします。

海外生向けサービス
【海外受験講演会】海外各都市で実施される早稲田アカデミーの講演会にご参加いただけます。
【オープン模試の自宅受験サービス(小6対象)】早稲田アカデミーが国内で実施している独自作成の「オープン模試」が海外でも受験できます。
【志望校別通信添削講座(中3対象)】志望校別教材を海外へお届けし、答案添削させていただきます。
【海外校・海外提携塾の利用】10か国22都市の海外校・海外提携塾で目的に合わせた学習ができます。
帰国生向けサービス
【通常授業/志望校別コース】開講途中月からの入塾も可能です。※入塾にあたってはテストが必要になります。
【季節講習会/夏期合宿/正月特訓の参加】一時帰国しての参加も可能です。※事前にクラス分けテストが必要です。
【プレ夏期講習会(中3対象)】帰国生向けの講習会を実施いたします。帰国生入試の難関校を目指す方にお勧めです。
【志望校対策英語講座(中3対象)】エッセイを含む志望校の入試に特化した英語の授業を実施させていただきます。
【慶應義塾湘南藤沢高等部対策イベント(中3対象)】慶應湘南藤沢高志望者のための保護者会と特別授業を実施させていただきます。
【入試直前対策講座(中3対象)】難関校合格を目指す入試直前期の受験生を、指導力豊富な講師陣が徹底サポートさせていただきます。

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連コンテンツ

帰国生合格実績

帰国生合格実績

志望校合格を見事に勝ち取った、帰国生のみなさんの合格実績をご紹介します。

海外校・海外提携塾

海外校・海外提携塾

10か国22都市において教育ネットワークを広げています。

一時帰国時の宿泊先

一時帰国時の宿泊先

一時帰国の際、ご利用いただける宿泊施設を紹介いたします。

よくあるご質問

よくあるご質問

帰国したご家庭・海外滞在中のご家庭から多く寄せられるご質問にQ&A方式でお答えいたします。

早稲田アカデミーの
海外生・帰国生・首都圏外生向けサービス

海外生向けサービス

海外生向けサービス

海外に住むお子様の学習や受験対策をバックアップしています。海外での受験講演会の参加や、模試の自宅受験、一時帰国などを利用した講座参加も可能です。

帰国生向けサービス

帰国生向けサービス

海外から帰国したお子様の学習や受験対策をバックアップしています。帰国生を対象とした講座や各種イベントをご用意しています。

首都圏外生向けサービス

首都圏外生向けサービス

首都圏外にお住まいで、首都圏の中学校・高校への進学をご検討されているお子様の学習や受験対策をバックアップしています。模試の自宅受験や、週末に実施する志望校別対策講座、季節講習会への参加も可能です。

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。