1. 早稲アカ HOME
  2. 中学生
  3. コース・講座
  4. 中学2年生対象コース
  5. 授業内容

中学2年生対象コース授業内容

英語

入試で求められる力

中学2年は「英語表現の幅を広げる学年」といえます。「不定詞」「5文型」「比較」「受動態」「現在完了」など、中学2年で学ぶ単元は“受験英語の主役”ともいえる頻出分野ばかりです。中学3年で「長文読解力」「記述力」を伸ばすためにも、中学2年の段階でさまざまな英語表現をしっかり習得しておくことが大切です。

指導方針

上記の通り、入試重要単元を多く扱いますので、導入時の説明や問題演習には充分な時間を確保するようにしています。また、新出単元の学習とともに、適宜既習単元の復習も行うことで、学習内容の定着を図ります。中学校での学習理解がスムーズに進むよう、中学校のカリキュラムに先行して授業を進めていきます。

POINT

未来の文

過去・現在・未来といった基本時制をひと通り学習し終えることになります。入試本番で時制に関する単純ミスをしないよう、この時期から時制に対して常に意識を向けることが大切です。

POINT

英熟語

『英熟語必勝トレーニング』(早稲田アカデミー編集)を使用して、英熟語の力を付けていきます。範囲を指定して毎回の授業で確認テストを行い、受験に必要な力を着実に養成していきます。

POINT

受動態・現在完了

これらの単元は、文法的な理解に加えて、「過去分詞形」の暗記ができていないと得点になりません。中学2年の間に習得しておくことで、中学3年で行う実戦的な学習につなげていきます。

カリキュラム

3月〜8月
3月 過去進行形
未来の文
助動詞
3・4月 [春期講習会]
中学1年生の復習
過去時制のまとめ
助動詞のまとめ
4月 不定詞・動名詞
5月 There is ~.の文
接続詞
6月 文型
いろいろな疑問文
7月 形容詞・副詞
比較
一学期のまとめ
7・8月 [夏期講習会]
既習内容の復習
9月〜2月
9月 受動態
名詞・冠詞
10月 代名詞
前置詞
重要単元の復習
11月 現在完了
不定詞(発展)
12月 不定詞(発展)
二学期のまとめ
12・1月 [冬期講習会]
既習内容の復習
1月 受動態
関係代名詞
分詞
現在完了
2月 関係代名詞
中学2年生重要単元のまとめ
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

数学

入試で求められる力

中学2年で学ぶ「連立方程式」「文章題」「1次関数」「平面図形」「確率」は、入試でも頻出の分野です。比例反比例(中1)⇒1次関数(中2)⇒2次関数(中3)というように、数学は各学年で学ぶ単元が深く関わり合っています。中学2年の間に、入試問題を解くための基礎となる力を身につけていきます。

指導方針

重要単元が多くある中学2年では、学んだ内容をしっかり定着させるため、中学1年のころよりも長い学習時間を確保しなければなりません。生徒の学習状況を踏まえ、家庭学習についてもアドバイスしていきます。この段階で学習習慣を身につけることは、より多くの学習時間を求められる中学3年への準備ともなります。

POINT

式の計算

中学1年で学習した内容を元に、計算の応用を学習します。等式の変形は、多くの単元と関連しています。設問に応じて式の変形ができる力をしっかりと身につけることが大切です。

POINT

1次関数

1次関数は他の分野と融合したかたちで出題されることが多い単元です。特に2次関数や図形とからめた問題が頻出です。

POINT

「判断力」「思考力」「表現力」

図形の問題は、単に公式にあてはめているだけでは力がつきません。公式の導き方を学ぶことで「判断力」「思考力」「表現力」が身につき、難関校の入試問題にも対応できる力が養われるのです。

カリキュラム

3月〜8月
3月 式の計算
3・4月 [春期講習会]
式の計算
中学1年生の復習
4月 連立方程式
5月 連立方程式と文章題
6月 1次関数
7月 1次関数
7・8月 [夏期講習会]
1学期の復習
平行と合同
9月〜2月
9月 三角形と四角形
10月 三角形と四角形
11月 確率
12月 確率
12・1月 [冬期講習会]
関数の復習
1月 図形の復習
2月 文章題の復習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

国語

入試で求められる力

「読解力」がどれほど優れていても、それが入試の得点に結びつくとは限りません。入試では、記号選択問題、空欄補充問題、言い換え問題など多岐にわたる設問に対応していく「解答力」が求められるからです。中学2年では、ポイントを押さえた「読解力」を磨くとともに、多様な形式の問題演習を通して「解答力」を高めます。

指導方針

中学1年で培った文章内容理解を土台にし、設問形式ごとの解法を学んでいきます。また、問題演習を通して、それらの解法をしっかり身につけていきます。また、文法・漢字・言語知識・古文など、入試で必要とされる知識事項の基本的なものに関しては、この学年で学習をしていきます。

POINT

文脈把握

中学1年で学習した「文章読解の基礎」の定着を図ります。たとえば、説明的文章では「話題→詳しい説明→要旨」という文章の全体構造を把握することで、文章内容をスムーズに読み取ることができます。

POINT

文法の習得

中学2年では、助動詞・助詞を中心に学んでいきます。中学で学ぶ文法分野の単元は、これら助動詞・助詞の学習で終了です。中学3年で実戦力を高めるために、中学2年で基礎事項をしっかり押さえます。

カリキュラム

3月〜8月
3月 文脈把握
要旨
説明文
3・4月 [春期講習会]
春期講習会までの復習
4月 随筆文
論説文
5月 心情吟味
表現吟味
小説文
6月
短歌・俳句
7月 古文
言語事項
7・8月 [夏期講習会]
説明文・論説文・随筆文・小説文・韻文・古文・文法
9月〜2月
9月 小説文
文学的文章
10月 説明文
論説文
文法
11月 随筆文
文法
古文
12月 説明的文章
文学的文章
12・1月 [冬期講習会]
説明文・論説文・随筆文・小説文・韻文・古文・文法
1月 文学的文章
説明的文章
実力強化問題
2月 説明的文章
実力強化問題
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

理科

入試で求められる力

公立高校の入試では、幅広い知識に加え、その活用力が求められる傾向にあります。また国立附属高校や、開成などの一部の私立高校では、より深い思考力や考察力が必要になります。まずは基礎となる知識をしっかりと身につけ、問題演習などを通して「考える力」を養っていきます。

指導方針

知識というのは、互いに関連して「ネットワーク」を形成することで強固になっていきます。授業では、そのネットワークづくりを意識し、関連性を押さえながら知識を整理していきます。ただやみくもに覚えた知識と、整理して覚えた知識では、問題を解く際の活用度が大きく異なってきます。

POINT

生物のなかま・分類

生物のなかま・分類の単元は、入試では頻出です。これらの単元は覚えるべきことが多くあるため、関連性を意識した学習が大切になります。表などを活用しながら、分類・整理をしていきます。

POINT

電圧と電流

計算が絡む「電流」の単元は、苦手意識を持ちやすい単元です。「電圧と電流の関係」「回路とオームの法則」など、基本となる考え方をしっかりと身につけることで、高校入試にとどまらない応用力を養います。

カリキュラム

3月〜8月
3月 物質が分かれる変化
物質のつくり
物質が結びつく変化
3・4月 [春期講習会]
中学1年生の重要単元復習・演習
4月 化学変化のしくみと化学反応式
酸化と還元、化学変化と熱
5月 化学変化と物質の質量
6月 生物と細胞
消化と吸収
呼吸・血液の成分とはたらき
血液の循環と排出
7月 感覚器官と運動のしくみ
刺激と反応
7・8月 [夏期講習会]
中学1年生の重要単元復習・演習
化学変化の復習・演習
動物の復習・演習
9月〜2月
9月 動物のなかま
動物の変遷と進化
回路と電流・電圧
10月 電圧と電流の関係
回路とオームの法則
電気とそのエネルギー
11月 電流と磁界
静電気と電流
電磁誘導
12月 空気中の水蒸気
雲・霧の発生と水の循環
大気の動き
12・1月 [冬期講習会]
中学1年生重要単元の復習・演習
電流の復習・演習
天気の変化の復習・演習
1月 前線と天気の変化
日本の天気
2月 中学1年生重要単元の復習・演習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

社会

入試で求められる力

都県立トップ校の入試では、理社の得点は高得点が求められます。地理分野では、地形や気候だけではなく、貿易や産業など、多くの要素を含んだ問題が出題されます。また歴史分野では、全体の流れを理解していないと対応できない問題も出題されます。全体像をつかんだうえで、知識を整理していくことが大切です。

指導方針

中学2年では、「日本地理」「近現代史」を学習します。「日本地理」に関しては、「世界地理」と同様に、知識の整理とともに統計資料の見方の理解が深まるように授業を展開します。また「近現代史」は、中学3年で学ぶ公民分野とも深く関わるため、そのつながりを意識しながら重要事項の整理を行います。

POINT

統計資料の見方

社会の入試問題は、複数の資料を見ながら多面的に考察する問題が増えてきています。そのため各種統計資料の数値を分析したり、知識と結び付けて考えたりすることが、地理の学習ではとても大切になります。

POINT

分野横断的な学習

地理・歴史・公民の3分野を横断的に学ぶことで、社会に対する理解は深まります。中学2年で学習する歴史においても、知識の定着に加えて、出来事の背景なども押さえることで、中学3年での公民の学習につなげます。

カリキュラム

3月〜8月
3月 日本の姿・自然環境
3・4月 [春期講習会]
世界地理&歴史 古代〜近世前期復習
4月 地域間の結びつき・九州地方
5月 中国・四国地方、中部地方
6月 近畿地方、関東地方
東北地方、北海道地方
7月 江戸幕府の成立・鎖国
7・8月 [夏期講習会]
日本地理総復習
日本の地形、産業など
9月〜2月
9月 江戸時代の産業と文化、幕政の推移
10月 列強のアジア進出、開国から倒幕へ
明治時代①
11月 明治時代②(立憲政府の樹立・日本の大陸進出)
12月 大正時代①(第一次世界大戦)
大正時代②(政党内閣の成立)
12・1月 [冬期講習会]
歴史分野総合
1月 昭和時代①(戦前)
2月 昭和時代②(戦後)
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

お申し込み受付中のイベント・模試・講習会情報

講習会など

  • 小1~高3

冬期講習会

春に向かって歩き出す、冬。理解が深まる。自信が持てる。だから、やる気になる。

12/26(火)〜 1/7(日)

イベント・
説明会

無料

  • 年長~中2

English ENGINE 入塾説明会・体験授業

「多読英語教室・English ENGINE」入塾説明会と体験授業を実施します。

1/7(日)1/28(日)

模試・
テスト

無料

  • 中1・中2

特訓クラス選抜試験

首都圏最上位の高校を目指す、最上位クラスの選抜試験

1/13(土)

基本コースに加え、学習目的に合わせたさまざまなコース・講座をご用意しています。

オプションコース・講座

中2からはじめる難関高対策

必勝ジュニア

中2

必勝ジュニア

型にはまらない良質な問題に挑戦することで、思考力と記述力を養成

本物のライバルと競い合おう

筑駒・開成必勝ジュニア

中2

筑駒・開成必勝ジュニア

筑駒・開成を目指す中学2年生のための選抜講座

次元が違う英語指導

早稲田アカデミー IBS国立ラボ

小1〜小2、小4~中3

早稲田アカデミー IBS国立ラボ

日本人講師のライブ授業とネイティブ講師の映像授業で引き上げる、英語力

「英書多読」を通じて育む「英語脳」

English ENGINE

小1~中2

English ENGINE

世界につながるアカデミックな英語運用能力の基礎を確立

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

資料のご請求 (無料)

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。