1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. 2019年度 中学受験 合格実績
  4. SUCCESS ROAD 2019 中学受験
  5. 2019年度 中学受験 合格者インタビュー

2019年度 中学受験 合格者インタビュー

合格者インタビュー

筑波大学附属駒場中学校 進学 長谷川 幸裕くん
4年生から一緒だった先生を信じ抜くことでつかんだ合格

入塾したのは年長の2月。早稲アカに決めたのは、いくつかの塾の体験授業を受けたなかで、早稲アカの先生が一番印象に残ったからです。先生は冗談も交えながら話してくれて、まだ幼かったぼくでも緊張せずに接することができました。低学年のころはパズルのような問題を解いたり短歌をつくったり、といった自分の頭で考える授業が多く、夢中になって取り組んでいました。
受験を意識し始めたのは、3年生のときです。先生から難関校である筑駒中の話を聞き、漠然と憧れを抱きました。その後、文化祭や学校見学に参加し、筑駒中の自由度の高さに魅力を感じて、志望校に決めました。
受験期間中に意識していたのは、目の前にある塾の宿題にしっかりと取り組むことです。早稲アカでは先生が生徒一人ひとりを丁寧に見て、それぞれに合わせた適切な量の宿題を出してくれます。だから、宿題に毎日コツコツ取り組めば自然と合格に近付けるはずだ、と考えていました。それに宿題を出しているのは、4年生のころからずっと指導してくれた先生。ぼくのことをきちんと理解してくれている先生の指導だからこそ、信じて努力しようと思えたんです。もしも自分一人で勉強していたら、今の結果はなかったかもしれません。
自分が興味のあることにどんどん挑戦できるところが、筑駒中の魅力だと思っています。具体的にはまだ決めていませんが、運動部に入りつつ科学系のクラブにも挑戦し、自らテーマを見つけて研究してみたいです。仲間とともに学校生活を送るのが、今からとても楽しみです。

桜蔭中学校 進学 竹田 葵さん
確かな手応えをつかめるまで地道に重ねた努力

私にとって一番大きな刺激となったのは、「NN桜蔭クラス」の雰囲気です。教室内は静かなのに、他の人の熱意が伝わってくるほど、全員が本気で勉強に励んでいました。また、4年生から参加した夏期合宿も印象に残っています。勉強時間が長くて大変でしたが、コンテスト授業での表彰を目指して自習にも一生懸命取り組みました。
苦手だった国語は、入試直前まで地道に対策を続けました。「直前特講」や「土曜特訓」の授業で記述問題の解き直しを繰り返したことで少しずつコツをつかむことができ、授業内の確認テストでも解答するスピードが速くなりました。先生が解説してくれるときも、「当たっているはず」と思える問題が増え、最終的には他の科目よりも自信を持てるようになりました。
試験当日の手応えは科目ごとにバラバラでした。最初の国語では、普段ならできるはずの漢字や書き抜き問題でつまずいてしまい、さらに記述問題の残り何文字かを書き終わらないうちにチャイムが鳴ってしまって、とても不安になりました。でも、次の算数で得意な食塩水の問題が出たことで、落ち着きを取り戻すことができました。また、もともと得意だった社会は余裕を持って臨むことができ、最後の理科も全ての問題を解き切ることができました。社会・理科で手応えを感じられたことで、冷静に試験を終えられたと思います。
中学では数学と英語の勉強を頑張りたいです。また、同じく桜蔭に進学したNNの仲間と充実した学校生活を送り、6年後の大学受験でまた一緒に頑張るのも楽しそうだな、と思っています。

麻布中学校 進学 国井 充人くん
中学受験を通して知った「勉強することの面白さ」

早稲アカに入塾したきっかけは、3年生のときに参加した体験授業です。学校では習っていないことや最初は「難しいな」と感じたことが、解説を聞くとどんどん理解できて、「勉強って面白いんだ!」と感じました。入塾してからの授業も楽しかったです。たくさん授業を受けられる講習会や夏期合宿が終わると、残念に感じるほどでした。
でも慣れが出てしまったのか、5年生の終わりごろに成績が下がってしまったんです。そのときに先生が言ってくれた「君なら大丈夫。先生はまったく心配してないよ」という言葉が、本当にうれしかったです。「信頼に応えたい!」という気持ちで勉強の進め方を工夫した結果、成績を持ち直すことができました。
志望校を麻布に決めたのは、6年生の4月。「NN志望校別コース」を受講するため、男子御三家全ての模試に挑戦したときに、麻布の問題が解いていて一番楽しくて、自分に合っていると思ったからです。入試当日、テストは難しかったのですが、社会は「NN麻布クラス」の「直前特講」とそっくりな問題があったので、手応えを感じることができました。
以前校内見学に参加したとき、たくさんの本やCDが所蔵されている麻布の図書館に憧れを持ちました。だから、入学したら図書館を思う存分活用したいです。また、文化祭実行委員にも挑戦したいと思っています。
大変なことももちろんありましたが、ぼくは中学受験を通して勉強の楽しさ、面白さを知ることができました。中学でもさまざまなことを学び、自分の将来を見つけていきたいです。

女子学院中学校 進学 吉岡 美緒さん
わかるまで諦めない粘り強さでつかんだ志望校合格

私が女子学院を志望校に決めたのは、5年生の秋に訪れた文化祭での出来事がきっかけです。道がわからず困っていた私に、生徒さんが「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれたんです。その優しさに憧れて、「入学したい」と思うようになりました。
勉強で意識していたことは、理解できるまで繰り返し問題を解くこと。つまずいた部分は「なぜ間違えたか」を自分で考え、それでもわからないところは先生に質問に行きました。先生は何度質問をしても丁寧に解説してくれて、その内容をまとめたノートはテスト前の復習にとても役立ちました。
6年生の秋ごろ、「NN志望校別コース」のテストで思うような点数が取れず、クラスが下がってしまったことがありました。とても悔しかったのですが、先生は「原因を自分で考え直してみよう。頑張って」と励ましてくれました。その言葉で気持ちを切り替え、間違えた問題をわかるまで解き直しました。最後の組分けテストでもう一度最上位クラスに戻れたときは、本当にうれしかったです。
入試本番では、最初の国語で力を発揮できたことで、最後まで自信を持って臨めました。苦手な算数が難しかったのですが、毎週受けていた「土曜特訓」のテストを思い出すことで落ち着いて取り組むことができました。合格掲示板に自分の番号を見つけた瞬間は、「今まで勉強してきて良かった!」と思いました。
中学に入学したら友達をたくさんつくって楽しい学校生活を送りながら、将来の夢である小児科医に向けて努力していきたいです。

武蔵中学校 進学 東 直拓くん
動画や実験もある授業が楽しい! 興味が学習の原動力に

早稲アカに入ったきっかけは、3年生の時に受けた「全国統一小学生テスト」です。母に「力だめしのつもりで」と受験をすすめられたんです。そのときに早稲アカの算数の体験授業にも参加しました。新しい知識を学べることがうれしくて、その日のうちに「入りたい!」とお願いしました。
特に印象に残っているのは、理科の授業です。「NN武蔵クラス」の理科では、先生が毎回、授業の最後に短い動画を見せてくれました。物質を酸化させたり、燃やしたりする実験の動画です。動画で見ることで興味が湧き、知識も自然と身に付きました。また、校舎の通常授業では、先生が実際に簡単な実験をやってくれました。目の前で起きる現象が本当に面白くて、いつの間にか理科が大好きになっていました。
受験直前に得意科目の算数で点数が取れなくなったときは、本当に不安になりました。でも、NNの算数の先生が「できないって思わなくていい。今までみてきて、君ができるのはわかっているから」と言ってくれて、自信を取り戻すことができました。
武蔵の文化祭に行ったとき、在校生の方が学校について説明してくれる「武蔵の窓口」で話を聞き、自由な校風に魅力を感じました。合格を知った瞬間、ホッとして、うれしさで胸がいっぱいになりました。
楽しみにしている授業は英語と理科です。これまでは英語が苦手だったのですが、新入生説明会で校長先生が「ABCから教えるので大丈夫です」とお話しされていたので、安心しています。また、将来は自然科学の研究者を目指しているので、自分でテーマを設定して研究に取り組んでみたいです。

雙葉中学校 進学 瀬之口 夢さん
徹底的な解き直しで苦手克服 支えになった先生の言葉

私は3年生の6月から早稲アカに入塾しました。雙葉を知ったきっかけは、校舎の先生が「NN雙葉クラス」の担当だったこと。実際に文化祭に行ってみて、生徒の皆さんの活発な様子に魅力を感じ、志望校に決めました。
5年生の秋ごろまでは順調に成績を伸ばすことができたのですが、冬ごろから問題が急に難しくなり、成績が急降下……。そこで、苦手な算数は基本に立ち返るため、新しい問題を解くよりも、できなかった問題の解き直しを徹底しました。
6年生になり「NN雙葉クラス」がスタートすると、テストで最上位の1組に。同じ学校を目指すライバルと励まし合える環境はとても刺激になり、「もっと頑張ろう!」と思えました。授業がない日も友達と一緒に自習していたので、毎日のように塾に通っていました。さらに夏期合宿で集中して勉強した成果が出て、秋から冬にかけては偏差値を大きく伸ばすことができました。
ところが、入試直前のテストで、初めて2組に下がってしまったんです。とても不安になりましたが、勉強方法を変えることはしませんでした。「これまで頑張ってきたんだから大丈夫!」と自分に言い聞かせ、NNのテキストやテストを徹底的に解き直しました。また、先生も一緒にミスしやすい単元の見直しをしてくれました。そのとき、「4年生のときから見てきたけど、すごく伸びたね」とほめてもらえたことが、大きな自信になりました。入試本番で力を出し切れたのは、この言葉が支えになったからだと思います。
中学では、勉強や部活、そして大好きな音楽などいろいろなことに取り組みながら、将来の夢を見つけていきたいと思います。

早稲田中学校 進学 久禮 禅之介くん
小6の夏まで続けたサッカー 先生たちの励ましが力に

入塾したのは3年生のときです。ぼくはスポーツが大好きで、水泳、テニス、サッカーなどのさまざまなスポーツに取り組んでいたため、4年生までは算数1科目だけしか受講していませんでした。受験を意識し始めた5年生からは4科目の授業を受けるようになりましたが、それでもサッカーだけは6年生の夏まで続けました。その分、オンとオフをしっかり切り換えて、勉強には集中して取り組むように心掛けていました。
早稲田の入試で重要なのは、配点の高い国語と算数です。そこで国語は言葉の知識を増やすため5年生から「語句ノート」をつくり、授業中に知らない言葉が登場したときには必ず質問しました。また、6年生の夏休みには特に力を入れて勉強しました。すると、40台だった偏差値が夏休み後には64になり、さらに11月には67まで伸びました。算数は、6年生の9月から始まった「土曜特訓」で集中して学ぶことで、力を付けていきました。
理科と社会は、とにかく基礎をしっかり学習することを心掛けました。特に一番の苦手科目だった理科は、単元によって成績にばらつきがあったので、どの単元もまんべんなく取り組むように注意しました。丁寧に勉強した成果が出て、社会は偏差値が60台に上昇し、得意科目にすることができました。
入試直前、校舎とNNクラスで実施された激励会では、先生たちが「ここまで伸びてきたんだから、必ず合格できる!」と背中を押してくれました。先生たちに最後まで応援してもらったことが、ぼくにとって大きな力になったと思います。
2月からサッカーのクラブチームに復帰しました。中学でもサッカー部に入り、もっと上手くなれるよう全力で取り組みたいです。

早稲田大学高等学院中学部 進学 青山 祥太くん
最後に手にしたNNでの表彰が入試本番の大きな自信に

早大学院の学校見学に行ったのは、4年生のときです。自由な雰囲気と、興味のあることを自分で探求していける環境がいいな、と思って第一志望校に決めました。「2年後の入試で、絶対に合格したい!」。そう思って、苦手科目だった算数と理科を中心に一生懸命勉強に取り組みました。わからないことがあれば、授業が終わってから先生に何度も質問しました。さらに、先生がつくってくれたプリントにも繰り返し取り組むことで、少しずつ成績が伸びていきました。
6年生から始まった「NN早大学院クラス」では、同じ早大学院を目指すライバルの存在と先生たちの熱意が、大きな励みになりました。成績が一気に上がったのは、夏期合宿の後です。合宿で集中して勉強したことに加えて、夏休みを利用してそれまでの復習を取り組んだことが成果につながりました。
印象に残っているのは、入試前の「直前特講」のテストで表彰されたことです。NNではいつも表彰を目指して頑張っていたのですが、理科と算数が足を引っ張ってしまい、なかなか届きませんでした。何度も悔しい思いをした分、本当にうれしかったし、入試に向けた大きな自信になりました。
入試本番、得意な国語と社会はしっかり解けたのですが、算数と理科はやっぱり難しかったです。でも、日ごろやってきたことを思い出し、できる問題を丁寧に解くよう心掛けました。
中学に入学したら、英語に力を入れて勉強しようと思っています。部活に参加するのも楽しみです。これからさまざまなことを学び、将来は弁護士として、困っている人を助けられる存在になりたいです。

慶應義塾普通部 進学 浅野 陽也くん
合格の決め手は“丁寧な見直し”と“前向きな気持ち”

中学受験をしようと思ったきっかけは、先に早稲アカに通っていた兄の存在でした。毎日勉強に励む姿を近くで見ているうちに、「自分も挑戦してみたい」と思ったんです。また、兄が「NN慶應義塾普通部クラス」に楽しそうに通っていたことから、ぼくも慶應普通部に興味を持ちました。実際に労作展に行ってみると、展示がすごく充実していて、自分もこの学校に通いたいと思うようになりました。
早稲アカのクラスには同じ志望校を目指すライバルがいたので、切磋琢磨しながら勉強できたのが良かったです。他の人がテストで優秀な成績を取ると「絶対負けたくない」という気持ちが湧き、自然と机に向かう時間も増えました。
ところが、一生懸命勉強していたはずなのに、6年生の夏ごろに成績が伸び悩んでしまいました。特に算数は計算ミスが増え、焦りと不安でいっぱいに。先生に相談すると、「基本問題を繰り返し解いて、必ず見直しするようにしよう」と、挽回のための具体的なアドバイスをくれました。それを実行したところ、成績を持ち直すことができました。
入試が始まる前は、何度も自分に「大丈夫」と言い聞かせました。算数の展開図の問題で手応えを感じられたことで、他の科目も落ち着いて取り組めたと思います。
勉強しているときは苦しいことも多く、志望校を諦めようと思ったこともありました。そんなときに先生から「諦めなければ絶対合格できる!」と声を掛けてもらったことが、最後までやり抜く力になりました。
今は英語の勉強を始めたところです。英語を学ぶのは初めてで少し難しいですが、入学後も力を入れて頑張りたいです。

慶應義塾湘南藤沢中等部 進学 竹内 結菜さん
準備期間1年での帰国生受験 支えになったライバルの存在

私は5年制のインターナショナルスクールを卒業するまで、韓国のソウルで生活していました。中学受験に挑戦したのは、海外で身に付けた英語力をさらに伸ばせる学校に通いたいと思ったからです。慶應義塾湘南藤沢には、語学はもちろん、私がやりたいことに挑戦できる環境があったので、帰国生入試の受験を決めました。(早稲田アカデミーの帰国生向けサービスはこちら
受験勉強で一番苦労したのは国語です。最初は時間内に問題文を読み切れないことが多かったので、まずは漢字や知識問題などの基礎を固めることから始めました。次に読解や記述問題の苦手意識を克服するため、母のアドバイスを参考に、問題文に出てきた随筆や小説を図書館で借りてきて読むようにしました。読み続けていると日本語の面白さがわかってきて、長い文章も速く読めるようになりました。今では読書が大好きです。
また、同じ校舎に支え合える友達がいたことも、私にとって大きな励みになりました。彼女は親友であると同時に、目標に向かって競い合えるライバル。お互い苦手な科目を教え合ったり、一緒に勉強したりしながら切磋琢磨しました。最後の組分けテストで2人とも上のクラスに上がることができたときの喜びは忘れられません。
本番の試験は難しかったですが、直前まで過去問10年分を2回ずつ解いていたので、時間配分を意識しながら落ち着いて解くことができました。合格できた今、うれしさとホッとした気持ちでいっぱいです。
中学では、大好きなバイオリンに加えて、フランス語、模擬国連、海外留学に挑戦してみたいです。そして、「医師になる」という夢に向かって、勉強を頑張り続けます。

小石川中等教育学校 進学 中澤 寧々さん
直前のスランプにも打ち克った「絶対負けない!」という信念

私の将来の夢は研究者です。5年生の秋、SSHの一つである小石川の説明会に参加し、「こここそ夢に近づける場所だ」と考えて志望校に決めました。当時は別の塾に通っていたのですが、小石川を目指す生徒が少なく、競い合える環境ではありませんでした。そこで、6年生の6月に早稲アカの体験授業に参加。「ここなら合格できる!」と思って、入塾を決めました。
私が特に苦手だったのは、国語の要約問題と算数の立体図形です。そこで、授業のプリントを繰り返し解き、先生に添削してもらって苦手意識を克服していきました。また、夏休みには基礎学力の定着を目標に、通常授業のテキストを徹底的に学習しました。遅れを取り戻すために一所懸命に頑張った結果が表れ、11月の模試では成績が大きく伸びて最上位のクラスに上がることができました。
しかし、1月のテストでは突然スランプに。3回のうち合格判定が出たのは1回だけでした。特に、受検の1週間前のテストは、散々な成績でした。しかし、国語の先生からもらった「諦めない限り、絶対に負けることはない」という言葉を思い出して、自習室に毎日通い、過去問を解き直してひたすら勉強を続けました。そして、「もし結果がどうなっても、この勉強は将来きっと役立つ!」と覚悟を決めて、入試当日を迎えました。
本番の試験では、問題傾向がこれまでと違っていて戸惑いましたが、力を出し切ることができたと思います。
合格発表の日。掲示板に自分の受検番号を見つけたときは、うれしくて両親とその場で泣き崩れてしまいました。中学では、課題研究に積極的に取り組んでみたいです。

  • SSH…スーパーサイエンスハイスクール。将来の国際的な科学技術関係の人材を育成するために、先進的な理数教育を実施する高等学校などのこと。文部科学省によって指定される。

2019年 中学入試風景

2019年 中学入試映像

2019年の入試直前期や当日、合格発表の様子をご覧いただけます。

関連コンテンツ

小学生コースTOP

小学生コースTOP

中学受験をサポートする進学塾・学習塾「早稲アカ」で、夢への一歩を踏み出そう

中学受験お悩みQ&A

中学受験お悩みQ&A

中学受験に関する不安や疑問について、早稲田アカデミーがお答えします

早稲アカの魅力

早稲アカの魅力

早稲田アカデミーは生徒の「第一志望校合格」を全力で応援します

新中1コース開講のご案内

新中1コース開講のご案内

「できる」という自信があるから、越えられる

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

みやじいラボ

みやじいラボ

見れば見るほどよくわかる! 楽しく学べる学習ムービー!

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。