1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. 2020年度 中学受験 合格実績
  4. SUCCESS ROAD 2020 中学受験
  5. 2020年度 中学受験 合格者インタビュー
  6. 木戸凛太郎くん インタビュー

早稲田中学校 進学 木戸凛太郎くん インタビュー 早稲田中学校 進学 木戸凛太郎くん インタビュー

習い事も受験勉強も全力で挑む
父のサポートでつかんだ合格

Q. 習い事はしていましたか?
A. ぼくが取り組んでいたのは、水泳と空手です。受験生のときは、週1回は空手、週2回は水泳、そのほかの日は早稲アカに通うというスケジュールで継続。父が状況に合わせて柔軟にスケジュールを調整してくれていました。空手は受験直前の12月まで通い、水泳は休むことなく最後まで続けて、早稲田中合格だけでなく、「泳力検定1級」と「黒帯」という目標も達成することができました。
木戸凛太郎くん
Q. 早稲田中の対策はどのように行いましたか?
A. ぼくは社会が苦手だったのですが、早稲田中の社会は世界地理に関する問題が多く出題されるため、父が用意してくれた中学生向けの社会科の資料集を読んでいました。また、早稲アカの授業では、世界の国についてクイズ形式で出題してくれたのが楽しかったです。「NN早稲田クラス」で定期的に取り組んだ年号の暗記テストも、歴史の流れをつかめて、とても役に立ちました。
木戸凛太郎くん
Q. 受験勉強で意識していたことはなんですか?
A. ぼくは模試などを受けたときに、算数の1問目でもったいないミスをしてしまうことが多かったので、そのたびに原因をしっかりと分析するようにしていました。例えば、学校へ行く前の時間を利用して、計算問題を毎日解いて正確に解く練習をしたり、転記ミスを防ぐために式もきれいに書くようにしたりして対策しました。
Q. 合格がわかって、今どんな気持ちですか?
A. 合格は他の学校の入試が終わったあと、両親から報告されました。そのときはどちらかというと安心感が強かったのですが、今はうれしさでいっぱいです。中学生になっても、これまで取り組んできた水泳と空手は継続したいと思います。水泳はスタミナに自信があるため、オープンウォーターの大会に出場することが目標。空手は型の大会に挑戦したいと思っています。
※海や川など、自然のなかで行われる水泳競技

保護者体験記

慌てずにスクラムを一歩ずつ前へ

早稲アカは、クラス分けが細か過ぎないため、点数や偏差値などの「結果」に一喜一憂せずに、質的な目標を定めて取り組めました。また、コミュニケーションの良さも支えになりました。最初のころは、「また面談?」と感じることもありましたが、保護者会や面談を通じて、出されている課題の意図が理解できましたし、こちらが感じている問題意識も共有できたと思います。一緒に伴走してもらえていることを感じられて、心強かったです。

関連コンテンツ

小学生コースTOP

小学生コースTOP

中学受験をサポートする進学塾・学習塾「早稲アカ」で、夢への一歩を踏み出そう

中学受験お悩みQ&A

中学受験お悩みQ&A

中学受験に関する不安や疑問について、早稲田アカデミーがお答えします

早稲アカの魅力

早稲アカの魅力

早稲田アカデミーは生徒の「第一志望校合格」を全力で応援します

新中1コース開講のご案内

新中1コース開講のご案内

「できる」という自信があるから、越えられる

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

みやじいラボ

みやじいラボ

見れば見るほどよくわかる! 楽しく学べる学習ムービー!

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

模試・講座・イベントなどの情報をお届けします。