1. 早稲アカ HOME
  2. 中学生
  3. コース・講座
  4. 中学3年生対象コース
  5. 授業内容

中学3年生対象コース授業内容

英語

入試で求められる力

上位校の入試では、短時間で多くの文章を正確に読み解く力が求められます。加えて、国立附属高校や難関都県立高校などでは、記述力も必要になります。これらの力は、一朝一夕に身につくものではありません。基礎学力を充実させたうえで、多くの問題に取り組むことではじめて身につくものです。

指導方針

本格的な長文読解の学習が始まる夏休み前に、その土台となる語彙と文法の基礎を固めていきます。また夏休み前は、学校行事や部活動など、中学校での生活も忙しいため、家庭学習に関しては状況に応じて調整をします。夏休み以降は、弱点克服と入試に向けた得点力強化を図るとともに、内申点対策も行います。

POINT

定期テスト対策

中学3年生とはいえ、夏休みまでは学校行事や部活動に時間をとられ、思うように学習が進まないものです。定期テストに向けた学習も同様です。ですから、この時期のカリキュラムは学校生活との両立に配慮したものとなっています。

POINT

夏期講習会までの学習

中学校で学ぶ英文法の学習は、夏期講習会の前半で全て終了します。後半からは、単元別問題や総合問題演習を通じて、これまで学習してきたなかで弱点となっている単元を洗い出し、克服していきます。

POINT

高校入試の先を見据えた総合演習

11月以降、入試問題を含めた実戦的な問題演習を数多く行っていきます。それまでに身につけた知識・考え方を得点に変換する練習を通じて、高校入試の先につながる英語の理解力・表現力の習得を目指します。

カリキュラム

3月〜8月
3月 未来の文
助動詞
現在完了
3・4月 [春期講習会]
不定詞・動名詞
比較
受動態
現在完了
4月 不定詞
動名詞
5月 動名詞
分詞
既習内容の復習
6月 関係代名詞
7月 動名詞
付加疑問文
間接疑問文
一学期のまとめ
7・8月 [夏期講習会]
完了形
使役、知覚動詞
話法
it 構文
9月〜2月
9月 文法演習(単元別)
長文読解演習
10月 文法演習(単元別)
長文読解演習
11月 文法・読解総合演習
12月 文法・読解総合演習
12・1月 [冬期講習会]
文法・読解総合演習
入試総合演習
1月 入試総合演習
2月 入試総合演習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

数学

入試で求められる力

「因数分解」「平方根」など、新しい概念の学習を行います。加えて、「2次方程式」「2次関数」「円と相似」など、これまで学習してきた内容を発展させた単元も学びます。入試では、複数の単元が融合した形で出題されることが多いため、数学に対する総合力を高めることが大切です。多くの良問にあたり実戦力を強化します。

指導方針

家庭学習をスムーズに進めるためには、学習内容の要点や解法がわかりやすくまとめられたノートが必要です。授業では各単元のポイントを丁寧に解説したうえで、問題演習を行います。11月ごろから取り組む志望校の過去問演習に関しては、効果的に進められるように、取り組む時期や年度の順番に関してもアドバイスします。

POINT

2次方程式

「2次方程式」の計算は、多くの高校で入試問題の前半にある小問集合で出題されます。後半の思考力を要する大問を解く時間を確保するために、速く正確に解く計算力を養成します。

POINT

三平方の定理

平面・立体を問わず、応用範囲が広い「三平方の定理」。この定理を活用することで、図形の世界は一気に広がります。使いこなせるようになるために、式の成り立ちをしっかりと理解することが大切です。

カリキュラム

3月〜8月
3月 式の計算
3・4月 [春期講習会]
式の計算
中学2年生の復習
4月 平方根
5月 平方根
6月 2次方程式
7月 2次関数
7・8月 [夏期講習会]
2次関数
円と相似
三平方の定理
中学1・2年生の復習
9月〜2月
9月 三平方の定理
10月 三平方の定理
11月 三平方の定理
12月 テーマ別・志望校別演習
入試問題演習
12・1月 [冬期講習会]
テーマ別・志望校別演習
入試問題演習
1月 テーマ別・志望校別演習
入試問題演習
2月 テーマ別・志望校別演習
入試問題演習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

国語

入試で求められる力

入試で求められる力は「解答力」です。たとえ文章が読めたとしても、結果として問題を解くことができなければ得点を積み上げることはできないからです。「解答力」は「読書」だけでは身につけることはできません。時間配分や問題を解く順番、どの問題で得点を取るのか、といった「実戦力」を磨くことではじめて身につけることができます。

指導方針

「文章内容理解」と「設問形式別解法」の両面から問題を解く練習を重ねます。加えて、入試問題演習を通して、実戦力の強化も行います。また、古文・漢字・文法などの知識事項は、高いレベルでの定着を図ります。1年を通して、合格点をとるための「問題の取捨選択力」を高めていきます。

POINT

マークシート・新傾向問題に慣れる

生徒にとってなじみの薄いマークシート問題や、手紙文などの新傾向問題への対応力を高めます。それぞれの特徴をきちんと理解したうえで、形式に振り回されることなく、客観的に解答していくことが大切です。

POINT

網羅的な受験対策

9月以降は、入試問題演習も取り入れながら他の科目よりも早く仕上げに入っていきます。説明的文章・文学的文章・韻文・古文・文法などの学習をまんべんなく進めていきます。

カリキュラム

レギュラー最上位クラス 3月〜8月
3月 説明文・解説文
随筆文の読解
3・4月 [春期講習会]
春期講習会までの復習
4月 論説文・評論文
小説文の読解
5月 詩の鑑賞
短歌・俳句の鑑賞
6月 古典の読解
文学史の知識
7月 マークシート式問題
新傾向問題
7・8月 [夏期講習会]
説明文・解説文の読解
論説文・評論文の読解
短歌・俳句の鑑賞
総合問題
小説文の読解
随筆文の読解
記述式問題
入試演習
レギュラー最上位クラス 9月〜2月
9月 説明的文章
文学的文章
韻文
文学史の整理
入試演習
10月 説明的文章
文学的文章
古典
文法  
韻文
入試演習
11月 説明的文章
文学的文章 
古典
文法
韻文
入試演習
12月 説明的文章
文学的文章 
古典
語句  
韻文
入試演習
12・1月 [冬期講習会]
総合
1月 説明的文章
文学的文章
入試演習
2月 総合
レギュラークラス 3月〜8月
3月 文脈把握
理由吟味
心情吟味
3・4月 [春期講習会]
春期講習会までの復習
4月 記述問題
説明文
短歌・俳句
5月 小説文
随筆文
古文
6月 論説文

説明文
7月 小説文
随筆文
論説文
7・8月 [夏期講習会]
小説文
論説文
古文
文法
レギュラークラス 9月〜2月
9月 説明的文章
文学的文章
古文
入試演習
10月 説明的文章
文学的文章
古文
入試演習
11月 説明的文章
文学的文章
古文
入試演習
12月 説明的文章
文学的文章
古文
入試演習
12・1月 [冬期講習会]
総合
1月 実力強化問題
入試演習
2月
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

理科

入試で求められる力

近年、新傾向問題(新学力観を試す問題)がよく出題されています。これは、単なる知識ではなく、それを活用する力が求められている、ということです。新傾向問題の多くは、身近な理科を題材にその場で考えさせる内容です。教科書で学んだ知識をもとに理由を考えたり、結果を予測したりできる知識の「活用力」が問われています。

指導方針

理科の総合力を左右する「分析力」「考察力」を高めることを主眼において授業を進めます。これまで積み上げてきた知識や考え方を、さまざまな問題を解くことでアウトプットできるようにしてきます。さらに、身の回りで起こる現象に対して興味を持ち、その原因を解明する力を養成します。

POINT

原子・イオン

近年、入試でよく出題されている「イオン」。そのため、合否に大きく影響を与えることもあります。この単元の攻略の鍵は、仕組みをしっかりと理解したうえで、知識を覚えていくことです。

POINT

天体

天体は、多くの受験生が苦手とする分野の一つです。天体の日周運動や年周運動、地軸の傾きと四季など、それぞれの関係性を図に示しながら一つひとつ丁寧に解説し、理解を深めます。

カリキュラム

3月〜8月
3月 水溶液と電気分解・電池
原子とイオン
3・4月 [春期講習会]
中学2年生の重要単元復習
4月 酸・アルカリ・中和反応
生物の成長と細胞
5月 生物のふえ方
遺伝
力のつり合いと合成・分解
6月 運動の表し方
物体の運動
仕事
7月 仕事とエネルギー
いろいろなエネルギーと資源の利用
科学技術と人間
7・8月 [夏期講習会]
天体の動き
四季の変化
知識事項の総復習
9月〜2月
9月 太陽系
自然の中の生物
自然環境と人間
10月 演習~身近な物理現象
演習~電流とその利用
演習~運動とエネルギー
11月 演習~身のまわりの物質
演習~化学変化と原子・分子
演習~物質と化学変化の利用
12月 演習~大地の変化
演習~天気とその変化
演習~地球と宇宙
12・1月 [冬期講習会]
演習〜生物分野総合
入試問題演習と解説
総合問題演習
1月 入試総合演習
2月 入試総合演習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

社会

入試で求められる力

統計資料の数値と知識を関連付ける地理、用語と時代との相関性が問われる歴史、日々の生活と関わり合いが深い政治、論理で解く経済。難関都県立高校合格のためには、社会では高得点が求められます。入試問題も、単純な知識の暗記だけでは対応できない、本質的な理解を問う問題が増えてきています。

指導方針

夏期講習会前半までは、中学校のカリキュラムと連動するかたちで公民分野を学びます。身近な例を交えながら事柄を整理し、この分野で確実に得点できるようにします。夏期講習会後半以降では、統計資料の判読を中心とした地理分野の復習、全体の流れを踏まえながら歴史分野の用語の定着など、総復習を行います。

POINT

三権

立法(国会)・行政(内閣)・司法(裁判所)の三権について、それぞれの役割を学びます。「この行為を行う主体は誰か」をしっかりつかむことが、政治分野の学習においてはとても大切です。

POINT

経済・3分野の総復習

世界経済は、それぞれの国・地域の政治や産業の状況、歴史的背景と密接に関わっています。経済の学習を通じて、地理・歴史・公民の3分野を多角的に考察する力を養っていきます。

カリキュラム

3月〜8月
3月 現代社会文化・人権思想の発達
3・4月 [春期講習会]
歴史分野総復習 地理分野総復習
4月 日本国憲法 選挙と政党
5月 国会・内閣・裁判所
6月 地方自治・国際社会
7月 環境・資源・エネルギー問題
7・8月 [夏期講習会]
3分野の総復習・経済
9月〜2月
9月 地理の復習 世界地理全般・日本の産業
10月 日本地理の復習
歴史の復習(原始~中世)
11月 歴史の復習(近世~近現代)
12月 公民の復習 時事問題
12・1月 [冬期講習会]
形式別問題演習 テーマ史・統計資料の判読など
1月 入試総合演習
2月 入試総合演習
  • クラスの状況によって、変更になる場合があります。

お申し込み受付中のイベント・模試・講習会情報

講習会など

  • 小1~高3

冬期講習会

春に向かって歩き出す、冬。理解が深まる。自信が持てる。だから、やる気になる。

12/26(火)〜 1/7(日)

イベント・
説明会

  • 中3

慶應女子推薦対策講座

オリジナルの適性検査予想問題と面接練習で、万全の対策を

11月~1月

模試・
テスト

無料

  • 中3

埼玉県立オープン模試

埼玉県立トップ校を目指す入試本番そっくり模試

12/24(日)

イベント・
説明会

  • 首都圏外在住 中3

中3対象正月特訓 + 1月必勝直前パック

短期集中で、志望校合格を狙う! 首都圏外生のための特別パック(選抜試験あり)

12月・1月

模試・
テスト

無料

  • 中3

開成・慶女・早慶シミュレーションテスト

形式・時間・科目順など入試本番にそっくり!

  • 解説授業

1月・2月

基本コースに加え、学習目的に合わせたさまざまなコース・講座をご用意しています。

オプションコース・講座

難関高を目指すための最高峰の環境とシステム

必勝コース

中3

必勝コース

開成・国立・早慶・難関高志望者が集う、ハイレベルな学習環境

日曜日に行う都県立難関高対策

都県立難関対策コース

中3

都県立難関対策コース

入試傾向を踏まえた授業とテストで実戦力を養成します

日曜日の5時間集中特訓

日曜特訓

中3

日曜特訓

力をつけたいと思う分野・単元に合わせて、1講座単位で受講できます

都県立難関高が求める力を養成

都県立難関専門コース

中3

都県立難関専門コース

東京都西部地区の難関都立と神奈川県の難関県立に特化した専門クラスです

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

資料のご請求 (無料)

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。