1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. コース・講座
  4. 小学5年生対象コース
  5. 小学5年生対象 Kコース (公立中進学)
  6. 授業内容

2020年度 小学5年生対象 Kコース授業内容

英語

英語の4技能+大人の英語

英語教育改革や大学入試改革が話題になる中で、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能強化や、コミュニケーションツールとしての英語力習得を目指すとされています。
これらが今後のお子様に必要となる英語力ですが、今まで重視してきた文法や語彙、読解力を軽視してもいいのでしょうか。答えはもちろん「No」です。確かに、重箱の隅をつつくような文法・語彙の知識は必要ないかもしれません。しかしながら、「質の高い4技能・コミュニケーション」のためには、「知識」「読解力」が必要なのです。読んだり聞いたりする「情報収集力」には、これらの能力が欠かせませんし、書いたり話したりする「情報発信力」においても、稚拙な表現では、世界に通用することはできません。「NHKのニュースを英語で聞ける」「ニューヨークタイムズで政治の記事を読める」「世界情勢について英語で討論できる」「海外企業とやり取りができる」そんな「大人の英語」の下支えになるのが受験英語なのです。

POINT

「Listening」「Speaking」
オンラインレッスンで積極的にやり取り

ライブ授業ではネイティブスピーカーの音声を聞き、ペアワーク等を通じて発話してもらいます。それに加えて、オンライン授業ではマンツーマンで外国人講師とやり取りをしながら、リスニングとスピーキングの能力を育てます。また、英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発された指導法であるフォニックス(Phonics)を家庭学習で導入することにより、発音する力を高めます。

POINT

「Writing」「Reading」
読解力・英作文力を高める

従来の小学校英語では、「聞く」「話す」が優先され、「書く」「読む」は軽視されてきました。児童英検®や英検®5級までは対応可能ですが、英検®4級以上や高校入試にはまったく対応できません。早稲田アカデミーは進学塾であり、お子様たちの志望校合格、そしてその先の可能性を広げることが使命です。ライティングとリーディングの力をしっかりと身に付けられるよう指導します。

POINT

「Vocabulary」「Grammar」
語彙と文法の着実な積み上げ

英検®5級では「筆記」と「リスニング」のどちらかの領域が得意であれば合格できるのに対し、英検®3級以上では「筆記」「リスニング」「ライティング」「面接」「語彙」「文法」の力がバランスよく求められ、いずれかが欠けてしまうと合格しづらくなります。早稲田アカデミーでは、5級や4級を目指すときにも、「語彙」「文法」の学習に真剣に取り組ませます。だからこそ、英検®上位級のみならず、受験英語にも強いのです。

カリキュラム
第1回 I am~./I am not~./You are~./Are you~?
第2回 This[That] is~./This is not~./Is this~?/What is this? These[Those] are~./Are these~?/What are these?
第3回 He[She] is~./Is he~?/Who is~?/We are~./You are~./They are~./I am happy.
第4回 Review① Unit 1~5
第5回 I like~./I don't like~./Do you like~?/What ~ do you like?
第6回 What[When/How] do you~?
第7回 Look at~./Don't~./Let's~.
第8回 Review② Unit 6~9
第9回 Whose pen is~?/Which is~?/Which do you~, A or B?
第10回 I know him[her]./I like it[them].
第11回 I have three balls./How many~?/How old~?/How much~?/How long~?
第12回 He plays~./He doesn't play~./Does he play~?/What[When/Where] does he ~?
第13回 Review③ Unit 10~13
第14回 am/are/is
第15回 I like~./He likes~.
第16回 I can~./I am watching~.
第17回 I visited~./Did you visit~?/What did you~?
第18回 Review① Unit 1~4
第19回 I was~./We were~./Were you~?/I was washing~./What were you doing?
第20回 I'm going to~./Are you going to~?/What are you going to~?/It will~./Will it~?/I'll~.
第21回 Review② Unit 5~8
第22回 if/when/Why~?ーBecause~.
第23回 You must clean your room./There is a big park in our city.
第24回 A look~./A feel~./A smell~./A taste~./I'll give you~./Please show me~./I bought him~.
第25回 I like ~ing./be good at ~ing
第26回 I want to~./I want to be~./I went to the zoo to~./I'm glad to~./I want something to~.
第27回 Would you like~?/I'd like to~./Could you~?
第28回 the highest in…/the most expensive of…/like~the best
第29回 Review④ Unit 14~17
第30回 Review⑤ Unit 18~20
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
  • 講習会は、別カリキュラムです。
  • 英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
    このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

算数

積み上げる計算×解法×思考のチカラ

スポーツの専門的なトレーニングを2年間継続した人に、初心者はかないません。スマホのゲームを毎日10分間やり続けた子どもに、初心者の大人はかないません。それは、算数も同じです。最適な時期に最高の学習を継続した成果は、未来への大きなアドバンテージになります。
「ハッ」とする気付きの導入、「なるほどそうか!」と深い理解を促す展開、そして確認テストなどの問題演習で得られる「自分にもできる!」という小さな達成感。全員が1週間後の授業をワクワク楽しみにする授業をコンセプトに、授業を組み立てます。家庭学習は、その他の習い事や自由時間、ご家族との時間にしっかり配慮しながら、1週間1時間程度を目安に小5のうちに習慣付けしていただきます。
早稲田アカデミーには、目標から逆算されたカリキュラムと教材、切磋琢磨する仲間たち、そして優秀な講師が揃う素晴らしい環境があります。「算数の基礎学力を積み上げて、将来を変える。」そのための大きな一歩を、早稲田アカデミーで踏み出しましょう。

POINT

「計算処理力」
ミスをしない解き方を学ぶ

計算力があるメリットは単に計算問題が解けるだけではありません。難関高の入試問題は理解しているだけでは解けず、方針を立てたあと、答えにたどりつくためには高い計算力が要求されます。早稲田アカデミーの授業では「計算の工夫」や「ミスの少ない解き方」を伝えていきます。また、授業内で扱うだけではなく、チェックテストや宿題などで繰り返し演習を行い、確固たる計算力を小学生のうちに身に付けるよう指導します。

POINT

「解法知識」
頻出の解法を身に付けよう

算数・数学の問題パターンはたくさんあります。これらを体系的かつ必要な分だけ与えていきます。中3になってからすべてを身に付けるのでは、入試に間に合いません。早稲田アカデミーの授業では、その学年で扱うことのできる範囲で、低学年のうちから難関高入試につながる問題の解法を扱います。高校入試を知り尽くしている早稲田アカデミーだからこそ「必要な知識」を「適切なタイミング」で学習できます。

POINT

「思考力」
初見の問題を自力で突破する

難関高入試では「解法を知っている」だけでは問題は解けません。その場で提示された条件をもとに、自分で組み立てる思考力が必要です。思考力は急に身に付くものではありません。普段から、物事に対して「いろいろな角度から考え、自分で作業し、ずれを修正して答えにたどりつく」ことが必要です。早稲田アカデミーの授業では、気付きを与える導入や、お子様の自主性と理解を促す発問により、様々な問題にも対応できる思考力を身に付けます。

カリキュラム【2月開講】
第1回 小4のまとめ①
第2回 小4のまとめ②
第3回 整数と小数
第4回 直方体と立方体
第5回 いろいろな立体
第6回 単位とメートル法
第7回 小数のかけ算①
第8回 小数のかけ算②
第9回 小数のわり算①
第10回 小数のわり算②
第11回 小数のまとめ
第12回 合同な図形
第13回 図形と角
第14回 平均
第15回 単位量あたりの大きさ
第16回 倍数と公倍数
第17回 約数と公約数
第18回 偶数と奇数
第19回 約分と通分
第20回 分数のたし算とひき算
第21回 分数と小数
第22回 速さ①
第23回 速さ②
第24回 速さのまとめ
第25回 三角形と四角形の面積
第26回 いろいろな図形の面積
第27回 比例
第28回 等差数列
第29回 割合①
第30回 割合②
第31回 割合とグラフ
第32回 円と正多角形
第33回 角柱と円柱
第34回 総まとめ
第35回 総まとめ
第36回 総まとめ
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
  • 講習会は、別カリキュラムです。
カリキュラム【4月開講】
第1回 整数と小数
第2回 いろいろな立体
第3回 小数のかけ算①
第4回 小数のかけ算②
第5回 小数のわり算①
第6回 小数のわり算②
第7回 合同な図形
第8回 図形と角
第9回 平均
第10回 単位量あたりの大きさ
第11回 倍数と公倍数
第12回 約数と公約数
第13回 約分と通分
第14回 分数のたし算とひき算
第15回 分数と小数
第16回 速さ①
第17回 速さ②
第18回 速さのまとめ
第19回 三角形と四角形の面積
第20回 いろいろな図形の面積
第21回 比例
第22回 等差数列
第23回 割合①
第24回 割合②
第25回 割合とグラフ
第26回 円と正多角形
第27回 角柱と円柱
第28回 総まとめ
第29回 総まとめ
第30回 総まとめ
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
  • 講習会は、別カリキュラムです。

国語

国語の基礎「読み・書き」を学ぶ

早稲田アカデミーの国語の授業では、「知識・読み・書き」の学びを重視します。漢字や知識の学習を丁寧に行うこと、与えられた初見の文章を読んで理解すること、それをもとにして問題を解くことは、国語の勉強としての根幹をなす部分です。
中学校の国語の授業では教科書を使って読解を進めます。定期テストでは、それまでに読んだ文章の問題やそれまでに学習した漢字・知識等が出題されます。問題を解くことに向けて文章を読み進める、漢字・知識の学習を普段から進めていくという学習習慣が身に付いていれば、中学校の学習で「国語の勉強をどうすればいいのか」と困ることはありません。小5・小6で国語の学習の仕方を身に付けておきましょう。

POINT

「 知る!」
基礎知識を学び取る姿勢を大切に

これから「知識」は調べる時代、と言われますが、漢字の読み方・書き方や文化に根付いた慣用表現を、大人になってから何かの文章を読むたびに調べ続けるのでしょうか。思考を支える基礎領域の知識は今のうちから時間をかけて涵養することが大切です。授業や宿題を通じて、漢字や知識といった思考の根幹を支える部分を無理なく育てていきます。

POINT

「 読む! 」
読み解く力を身に付ける

時間をかけて本を読む、あるいは、文章を読むということは、訓練をしなければできるようになりません。インターネットにあふれる細切れの文章、自分が読みたいだけの文章を読んでいても、読む力は身に付きません。文学的文章・説明的文章・韻文を、時間をかけて丁寧に読むこと、読んだ内容が正しくとらえられているかどうかを確認する意味で問題を解くことは、当たり前のようですが、非常に大切なことです。時には音読を交えて、文章を読み解く力を身に付けていきます。

POINT

「書く!」
文章を書く力を身に付ける

知識を深め、文章や素材を読み取ったうえで、論理的に思考した内容を表現するということは、一朝一夕に身に付くものではありません。早稲田アカデミーの5Kコースでは、自分の考えを他者に伝わるように書き上げる訓練を継続して行います。授業内では、素材の捉え方や分析の仕方から、自分の考えた内容をいかに正確に表現するかを学び、文章を正しく書く力を身に付けていきます。さらに、添削課題では専門の添削が受けられます。

カリキュラム【2月開講】
第1回 指示語の指す内容をとらえよう
第2回 ザ★作文 ステップ1
第3回 接続語に気を付けて読もう
第4回 言い換え表現を押さえて要点をとらえよう
第5回 ザ★作文 ステップ2
第6回 原因と結果の関係をとらえよう
第7回 文章構成に気を付けて要旨をとらえよう
第8回 ザ★作文 ステップ1
第9回 場面や情景をとらえよう
第10回 様子や行動から心情をとらえよう
第11回 ザ★作文 ステップ2
第12回 体験を通して生じた思いをとらえよう
第13回 表現に気を付けて読もう
第14回 主題・話題を読み取ろう
第15回 ザ★作文 ステップ1
第16回 詩の鑑賞(1)
第17回 説明的文章の読み方
第18回 ザ★作文 ステップ2
第19回 説明的文章(1)
第20回 説明的文章(2)
第21回 文学的文章の読み方
第22回 ザ★作文 ステップ1
第23回 文学的文章(1)
第24回 文学的文章(2)
第25回 説明的文章(3)
第26回 ザ★作文 ステップ2
第27回 説明的文章(4)
第28回 文学的文章(3)
第29回 ザ★作文 ステップ1
第30回 文学的文章(4)
第31回 詩の鑑賞(2)
第32回 総合問題
第33回 ザ★作文 ステップ2
第34回 総まとめ
第35回 総まとめ
第36回 総まとめ
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
  • 講習会は、別カリキュラムです。
カリキュラム【4月開講】
第1回 指示語の指す内容をとらえよう
第2回 ザ★作文 ステップ1
第3回 接続語に気を付けて読もう
第4回 言い換え表現を押さえて要点をとらえよう
第5回 ザ★作文 ステップ2
第6回 原因と結果の関係をとらえよう
第7回 文章構成に気を付けて要旨をとらえよう
第8回 場面や情景をとらえよう
第9回 ザ★作文 ステップ1
第10回 詩の鑑賞(1)
第11回 様子や行動から心情をとらえよう
第12回 ザ★作文 ステップ2
第13回 表現に気を付けて読もう
第14回 説明的文章の読み方
第15回 文学的文章の読み方
第16回 ザ★作文 ステップ1
第17回 文学的文章(1)
第18回 文学的文章(2)
第19回 説明的文章(3)
第20回 ザ★作文 ステップ2
第21回 説明的文章(4)
第22回 文学的文章(3)
第23回 ザ★作文 ステップ1
第24回 文学的文章(4)
第25回 詩の鑑賞(2)
第26回 総合問題
第27回 ザ★作文 ステップ2
第28回 総まとめ
第29回 総まとめ
第30回 総まとめ
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
  • 講習会は、別カリキュラムです。

関連イベント・模試のご案内

関連コンテンツ

入塾について

入塾について

入塾までの流れや安全対策についてご覧になれます

よくあるご質問

よくあるご質問

皆さまから多く寄せられるご質問をご覧になれます

合格者の声(高校受験)

合格者の声(高校受験)

合格者インタビューと合格体験記、入試風景映像がご覧になれます

イベント・模試・講習会情報

講習会など

  • 小1~高3

冬期講習会

この冬、君は変わる。

12月・1月

模試・
テスト

無料

  • 小4~小6

実力診断 早稲アカ夢テスト

中学受験はしないけど、やるぞ!つかむぞ!輝く未来!

  • 保護者会

12/5(土)

イベント・
説明会

無料

  • 年長~中3 保護者様

入塾説明会

12/12(土)

イベント・
説明会

無料

  • 年長~中2

IBS国立ラボ English ENGINE月島 3月学期 Web入塾説明会

英語をちゃんと“読める子”は、“聞ける”し、“書ける”し、“話せます”。

12月~2月
※Zoomを用いたオンライン上での合同説明会となります。

基本コースに加え、学習目的に合わせたさまざまなコース・講座をご用意しています。

オプションコース・講座

「英書多読」を通じて育む「英語脳」

English ENGINE

小1~小3、小4~中3

English ENGINE

英書の多読でエンジン点火、キミの英語力は世界に向けて加速する

早稲アカのオンライン英語学習

WASEDA ACADEMY Online English Education

小5~中1

WASEDA ACADEMY
Online English Education

聞ける・話せる・合格できる。だから広がる自分の未来と可能性。

身に付く本物の英語力

早稲田アカデミーIBS

年長~小6

早稲田アカデミーIBS

東大・医学部・ハーバードに一番近い小学生たちの英語塾

次元が違う英語指導

早稲田アカデミー IBS国立ラボ

小1~小3、小4~中3

早稲田アカデミーIBS国立ラボ

早稲田アカデミーの新しい英語教育の提案

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

校舎案内

校舎案内

通塾しやすい立地と環境

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

模試・講座・イベントなどの情報をお届けします。