1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. オプションコース・講座
  4. NN志望校別対策コース
  5. 雙葉クラス 小6

NN志望校別コース雙葉クラス

  • 小6

早稲田アカデミー2018年度合格実績

雙葉中 40

受付中のイベント・模試

POINT

充実の教材ラインナップ

雙葉中学校に合格するためには、NN雙葉クラスの授業に参加しているだけでは不十分です。ご家庭でいかにしっかりとした学習をすることができたかが、雙葉中合格を決める大きな要素になるといっても過言ではありません。NN雙葉クラスでは、家庭学習の指示と管理は当然のこと、他にもその時期その時期に応じて必要なことをフォローするオリジナル問題集を配付しています。また、お子様向けの面接資料や、保護者の皆様に向けた直前期のアドバイス集なども準備して、皆様をお待ちしております。

POINT

記述形式のオリジナル模範解答

一般的な問題集は、たとえ記述校の解答であっても記述形式になっているわけではありません。「解説」は記述の模範ではなく、単に解き方を説明しているだけなのです。特に算数の記述はなかなかイメージがわかないのではないでしょうか。NN雙葉クラスでは、単なる解説にとどまることのない、記述の書き方や、部分点の基準までを含めたオリジナル模範解答を使用しています。部分点で差のつく雙葉中の受験生には必須のアイテムです。

POINT

合格者復元答案と入試アンケート

2月2日の雙葉中学校合格発表後に、NN雙葉クラスでは最後の宿題を出します。それは、前日の入試において自分が作り上げた答案を復元すること、そして、入試当日の流れや、試験中、面接での様子などを質問したアンケートに回答することです。ただでさえ緊張しやすい中学入試。予め入試当日の様子がわかっていれば、落ち着きの度合いも大きく違ってきます。NN雙葉クラスでは答案の復元とアンケートを毎年繰り返し、「翌年入試に臨むNN雙葉クラス生」のために役立てています。

POINT

中間・期末考査問題からのフィードバック

雙葉中入試本番では、模範解答や配点、採点の基準等は公表されませんし、採点された解答用紙が返却されるわけでもありません。ではNN雙葉クラスでは、何を根拠にお子様を指導しているのでしょうか。答えは「雙葉中の中間・期末考査の問題」です。学内試験ですから、当然模範解答も配付されますし、雙葉中の先生が採点した解答用紙も返却されます。これを研究すれば、自ずと2月1日に高得点を取るための手法が見えてきます。OGとつながりの深いNN雙葉クラスだからできることです。

実施要項

日曜コース

普段の授業のない日曜日に、じっくり2時間半×3コマを雙葉中入試対策に使い、合格を目指します。4月から7月で、各科目全6回のカリキュラムを実施し、雙葉中学校合格のために必要な基礎力を盤石なものにします。雙葉中学校の入試問題は記述形式となっており、ただ単に暗記型・反復型の学習では太刀打ちできません。また、「書く」練習は早期の取り組みが不可欠。1学期からの雙葉中入試対策授業で、1歩も2歩もリードを広げましょう。

対象者 小学6年生
雙葉中オープン模試での合格基準達成者
授業日程
  • 4月分:4/15(日)、4/22(日)
  • 5月分:5/13(日)、5/20(日)
  • 6月分:6/17(日)、6/24(日)
  • 7月分:7/1(日)、7/15(日)
時間

9:30~12:00/12:45~15:15/15:30~18:00

  • 各日3科目、月2回実施
受講料
  • 入塾金:10,800円(早稲田アカデミー塾生は不要です。)
  • 授業料:19,800円/月
実施校舎
教科 国語・算数・社会・理科

受付中のイベント・模試

スケジュール

受付中のイベント・模試

合格者インタビュー

雙葉中 合格夏美さん

保護者の声

あきらめない6年生からの中学受験

娘は6年生になる春に受験を希望し、三月から早稲田アカデミーへ通塾を決め、受験生としての生活がスタートしました。娘は、それまで全く通塾の経験がなく、一年間で中学入試レベルの勉強をこなせるのか、間に合うのか、と私の心の中は不安な気持ちしかなかった様に思います。そんな私の気持ちを知ってか、知らぬか、娘は好奇心いっぱい、塾の授業が楽しくて仕方ないといった感じでした。しかし6年生の新学期から夏休みまでは、もっと勉強したいが、それが叶わず、時間と心に余裕がなく焦っている様に私には映りました。そんな中、9月にNN雙葉に入会しわかりやすい授業内容がどんどん頭の中に吸収されていくと話していました。10月からは土曜特訓も選択して、校舎では基礎固め、NN・土特で応用力、実戦力を身につけていった様です。娘の一つの質問に二倍三倍の対応をしてくださった先生方に感謝の気持ちで一杯です。激励会の帰り、高揚した娘の顔を見て、「どういう結果になっても、受験勉強をがんばって、NNに通えて、先生方に恵まれてこんな思いが出来た事がよかったね」と話すと、娘が満足気に大きくうなずきました。受験日、雙葉の校門の一番近くで応援に並んでおられた先生方に、「早稲アカが一番にきたんだね」と誇らしげに笑う娘の顔を見て、胸が熱くなりました。ありがとうございます。


雙葉への愛

NNを始めたのが10月からという遅いスタートだったので、初めての保護者会は本番そっくり模試の時でした。先生方の雙葉に対するマニアックさ、オタクぶりが印象的でした。各教科の出題傾向を研究されるのはどの塾でも同じでしょうが、NNの先生方からは、雙葉への「愛」どころか、「偏愛」「溺愛」とも表現されるべき、こだわりを感じました。授業を通して娘にもそれが伝わったようで、NNに通う度に「雙葉っていいかも」と、良い感じに変わっていったようです。また先生方が和気あいあいとされているのも娘には心地良かったらしく、その様子を家でもよく話してくれました。娘は理科が苦手で、特に物理・化学系の問題が出ると目も当てられない状態でしたが、そのあたりもよく把握していただき、最後の追い込みの時も支えになりました。

OGをたくさん呼んでいただいたり、感動ものの激励会を演出してくださったり、併願校の受験の時も応援に来ていただいたり、本当にこれでもかこれでもかと応援いただきました。でも本当に驚かされたのは、合格発表の日に先生方がお揃いで待ち構えていたこと。最後の最後まで一緒に戦っていただきました。

NN雙葉クラスQ&A

NN雙葉クラスを受講するにあたり、保護者の方々からよくご質問される内容をまとめました。

雙葉中対策に特化することで、併願校の対策がおろそかになることはないでしょうか?

雙葉中と併願校を、同等に考えるのは間違いです。

例えば国語で考えてみましょう。雙葉中対策の授業では、物語文、随筆文、説明・論説文、詩と、あらゆる文種を扱います。また、解答形式にしても、雙葉中は記述のイメージが強いのですが、決してそれだけではなく、記号選択、書き抜き、脱語補充、漢字・言語知識、とほとんどの解法を学習します。もちろん、記述にしても、1行程度のものから100字を超えるものまで、さまざまな形式の書き方を指導します。つまり、併願とされる学校の出題・解答パターンは、雙葉中対策講座の中でたいていは済ませてしまうのです。もちろん御三家のレベルでの対策授業ですから、難度も十分にカバーしたものです。あとは、併願校の入試過去問題を演習して慣れることと、そして明らかに出題のされ方が違う部分だけ押さえさえすれば十分。他科目も同様ですから、安心して雙葉中対策に集中して臨んでください。

さまざまな講座がありますが、どのように選択するのがベストでしょうか?

まず、日曜日に4科目の対策講座を履修することが必須です。

これは、漠然とした難関校対策や、ハイレベル講座といった、学習時間確保を目的としたものではなく、雙葉中に特化したものである必要があります。難問をただ解くだけでは、記述や分析問題など多岐にわたる雙葉中の形式、雙葉中の求める解法が身につかないからです。ただし、4科目講座では、文字通り4科目均等の学習になりますから、苦手科目や、重視される科目、記述の練習が苦手なまま終わってしまうことが心配です。土曜特訓の授業は、配点比率が高く、また記述要素の大きい「算数」「国語」に絞って単科目から、また午前・午後の都合の良い時間帯で選択できます。この講座、あるいは個別ゼミ等を併用して、得意な科目をさらに磨いて武器にする、あるいは苦手な科目や記述の演習量を増やし不安をつぶしていく、というプラスアルファの学習を、お子様一人ひとりの状況に応じて追加するのがお勧めです。

面接に不安があります。また、過去問題の採点ができません。

合格に責任を持つということは、家庭学習の指示・管理も徹底するということです。

雙葉中に合格するための個々の学習や過去問題については、NN雙葉クラス担当講師が、その最も効果的な学習方法を指示し責任を持って管理します。例えば過去問題であれば、年度を指定して、演習したものを期日までに提出してもらい、採点添削のうえWEBで閲覧できるようにしています。また、面接対策についても、模擬面接つきそっくりテストの実施(入試本番体験講座)はもちろんのこと、授業内でも「入試・面接講座」を実施していますし、1月の「直前特講」では、雙葉中と同形式での面接練習を毎週実施します。

保護者の声やQ&Aが詳しく見れる志望校別パンフレットプレゼント!(無料)

お電話でのお問い合わせはカスタマーセンター 0120-97-3737 までご連絡ください。

受付中のイベント・模試

NN雙葉クラス受講の流れ

選抜試験

  • 前期:4月・5月

合否連絡
(受講意思確認)

お手続き

塾生の方
所属校舎より『受講申込書』を
お渡しします。
塾生以外の方
教務本部より『受講申込書』を
郵送します。

詳しくはお問い合わせください

早稲田アカデミーカスタマーセンター

0120-97-3737

■受付時間
平日10:00~20:00 土曜日10:00~18:30
日曜日・祝日 休み

保護者の声やQ&Aが詳しく見れる志望校別パンフレットプレゼント!(無料)

私国立中学校(女子)クラス一覧

関連コースのご案内

Sコース(私国立中受験)

小6

Sコース(私国立中受験)

志望校合格に向けた、本物の学力を身につける

おすすめピックアップ

コース一覧

コース一覧

豊富なコースから最適なコースをお探しいただけます

合格実績

合格実績

中学・高校・大学入試の合格実績がご覧になれます

みやじいラボ

みやじいラボ

見れば算数がきっと大好きになる! 学習ムービーです

早稲アカ ブランドムービー

早稲アカ ブランドムービー

早稲田アカデミーの教育に対する想いを乗せたムービーです

資料請求
ご相談・お問い合わせ

資料のご請求 (無料)

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

イベント・模試、基本コースや講習会などの情報をお届けします。