1. 早稲アカ HOME
  2. 小学生
  3. 早稲田アカデミー 低学年向けコンテンツ

「なぜ?」で始まり、「わかった、できた!」が夢中に変わる 低学年向けコンテンツ 「なぜ?」で始まり、「わかった、できた!」が夢中に変わる 低学年向けコンテンツ

新しい時代の、新しい学び。早稲田アカデミーは、進化を続けます。

トップレベルの能力/学力が育まれる、そんな礎を小学校低学年のうちに築きたい……。
けれど、世の中にあふれるさまざまなコンテンツの中で、
我が子には何が合っているのか?そう悩まれている保護者様も多くいらっしゃると思います。
早稲田アカデミーは、言語能力、論理的思考力、表現力などが大きく伸びる小学校低学年の時期に
最高のコンテンツをタイムリーにご提供し、お子様のミライを生き抜く力を育みます。
その成果は、「現実」のものとして塾生の皆様が体現してくれています。

早稲田アカデミーの低学年基本コース

「わからない」をワクワクするへ

小学1・2年生対象:スーパーキッズコース

小学1・2年生対象:スーパーキッズコース

スーパーキッズコースでは、「考える力」「やり抜く力」を伸ばすことによって、中学受験に向けて必要となる知力と学力をバランスよく養います。「考える」「作業する」「工夫する」「表現する」「創造する」などさまざまな体験を実際に行うことで、学習意欲を高めるとともに、できた時の喜び・達成感を実感してもらい、将来にわたり必要な「自分で考える力」を育てていきます。

自ら「学び」「考え」「解決する」子を育てる

小学3年生対象:ジュニアコース

小学3年生対象:ジュニアコース

2年生までの「感性」「発想」などを大切にした学習から、4年生から始まる中学入試に向けた本格的なカリキュラム学習への橋渡しの時期が3年生です。学習する内容も少しずつ抽象的なものや論理的な思考力を要求されるものに変化していきます。初めて目にする問題に対して試行錯誤し、答えを導いたときの楽しさ、自分の考えを表現し相手に認めてもらった喜び、同じ問題も視点を変えて工夫することによって見え方が一気に変わる経験・感動を大切にしています。

オプションコース・講座

東大・医学部・ハーバードに一番近い
小学生たちの英語塾

バイリンガル講師によるAll Englishの授業で、2年間で英検®2級合格へ。目指すのは「読めて、聴けて、表現できる」英語力。英語で発想し、英語でイメージできる「英語脳」、「バイリンガル脳」の開発です。

「いい本」、「いい友」、「いい先生」
― その全てがここにあります

早稲田アカデミーIBS 国立ラボ
  • 小1~小3、小4~中3

早稲田アカデミーIBS 国立ラボ

進学塾のプロ日本人講師のライブ授業とネイティブ講師の映像授業の双方向から英語力を引き上げます。対象は小1~3、小4~中3まで。2年間の通塾で英検®3級または準2級レベルの英語力獲得を目指します。

英書の多読でエンジン点火、キミの英語力は世界に向けて加速する

多読英語教室 早稲田アカデミー English ENGINE
  • 小1~中3

English ENGINE

テストで良い点数を取りたい。英検®を取得したい。受験で合格したい。英語で外国人と話してみたい。お子様によって英語を学ぼうとする理由はさまざまです。
私たちは、そのような思いを“全部”かなえてあげたいと思います。そして、異なる文化や価値観を持つ人と、コミュニケーションを取れるようになってほしいのです。そのために必要なのは、日本語を介することなく、英語を英語で表現することができる「英語脳」の育成です。
「英語脳」を育むうえで重要でありながら、これまでの日本の英語教育に足りなかったもの。それは「英語の本を思いっきり読める環境」です。ページをめくるたびに、知らない世界が広がるワクワク感。次のページにはどんな世界が待っているのだろう、というドキドキ感。「もっと知りたい」という欲求に、心と頭が自然とフル回転――。この心の震えが、「英語脳」を育み、本物の英語力を身に付ける原動力となるのです。
加えて、ここには、英書多読において適切なアドバイスができるスタッフがいます。 英語を英語で理解し表現する方法を指導する授業とそれを支える教材・カリキュラムがあります。そして、お子様の「英語脳」育成をサポートする指導経験豊富な先生がいます。
私たちは「多読」と「授業」を通じて、ごまかしや付け焼刃ではない本物の英語力を育みます。

ミライを生き抜く力を育む

CREATIVE GARDEN

既存のプログラミング教室の枠を超えたプログラミング教室――それがCREATIVE GARDENです。
この講座の目的は、課題を発見し、解決に必要なことを分析し、試行錯誤しながらも行動し、解決するといった「学力を伸ばすための素地とミライを生き抜くための力」を育てることにあります。
授業では「ぐるぐる」「ふわふわ」などの抽象度が高いテーマが提示され、それに対して子供たち自身が作るもの(課題)を自ら設定します。
テーマを具現化するために、自ら考え、試行錯誤を繰り返す。そして最後には自らプレゼンテーションを行い、成果を表現する。
このような授業を通した具体的な経験が、お子様の学力の素地とミライを生き抜くための力を育てます。

「問題発見能力」「問題解決能力」を高める

早稲アカ理科実験教室

理科実験を繰り返していくうちに「なぜ?」「どうしてなの?」という疑問が自然に湧いてくるようになります。目の前で起こるさまざまな科学現象は、大人が想像する以上に子どもたちの知的好奇心を刺激し、「問題発見能力」「問題解決能力」を高めていくことになります。実験データを題材にした、考察力を求める問題が多い難関中学の入試問題ですが、理科実験教室はそんな難関中学合格への道を切り拓くともに、「物事の本質をしっかりと見極め、問題解決のための確かな一歩を踏み出すことができる人材」を育成します。

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

資料請求
ご相談・お問い合わせ

無料 資料請求はこちら 無料 資料請求はこちら

学習や受験に関するご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

お近くの校舎を探す

模試・講座・イベントなどの情報をお届けします。